小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

スマホVRの本命「Gear VR」製品版を試す

小寺信良&西田宗千佳メールマガジン「金曜ランチビュッフェ」2015年4月24日 Vol.032 <技術は負けない号>より

本メルマガが発行される4月24日の前日、23日から、サムスンの「Galaxy S6」シリーズの販売が始まった。これはこれでいいスマホなのだが、筆者が注目しているのは、ちょっと別の部分である。

実は筆者の手元に、Galaxy S6を使ったVRヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」の実機が、レビュー用に数日間貸し出されていた。今回は、その感想をお伝えしたい。時間が限られていたこともあり、実に間抜けなことに、実機写真を一切撮っていない。また、HMDという性質上、画面写真も用意できない。画像はGear VRの公式サイトで公開されているものと同じになるが、ご容赦いただきたい。

手軽だが「本物」、コンテンツストアの出来も良好

Gear VRは、スマホを使ったVR HMDである。VR MHDというとOculus Rift(Oculus VR)やProject Morpheus(SCE)のように、ハイパワーな機器に接続して使うものと、スマホをディスプレイとして使うものの2種類があるが、Gear VRは後者。本体前面にGalaxy S6もしくはS6 Edgeを取り付けて使う。

・Gear VR。写真では黒い蓋になっているところをはずし、Galaxy S6シリーズを取り付けて使う。

スマホVRは気軽ではあるものの、シンプルさゆえに「簡易型」と言われることもある。だが、Gear VRをつけてみると、そういう言葉は不適切に感じられる。問題は画質ではない。「VR」の体験そのものが、他のスマホVRとはまったく異なるのだ。

Gear VRにはバッテリーも電源ケーブルも電源スイッチもない。Galaxy S6をセットする(この時、内蔵のmicroUSBコネクターに本体を差し込む感じになる)と、電源と各種コントロール系がスマホ側と接続され、自動的に使えるようになる。画面表示は、内部のセンサーが「かぶった」ことを認識すると、自動的に始まる。とにかく簡単だ。レンズのピント調整をのぞけば、画角調整のたぐいも一切ない。「とにかくかぶればいい」というシンプルさが徹底されている。

一方、そこから得られる「VR感」は上々だ。頭部の向きに対する追尾は、Galaxy S6内のモーションセンサーを使っているはずなのだが、精度が高く、ずれがない。「全天球の中に自分がはいってしまった」感じだ。

なにより面白いのは、いきなり専用アプリの中に自分が放り込まれる感覚だ。サムスンは、Oculusと共同でGear VR用の「VRで操作するメニュー」と、コンテンツストアである「Oculus store」を用意している。この中から観たいものを視界の中央にいれ、右側にあるタッチパッドを「タップ」すればいい。誰でも簡単に、大量のVRコンテンツの世界に飛び込める。

・Gear VRのメニュー。操作は基本的に「VR」で行なう。

従来、VRコンテンツは自らスマホやPCを操作し、体験前に「自分で探す」「自分で仕込む」ことが必要だった。だがGear VRはそれが不要となっていて、製品としてのまとまりの良さを感じる。

ゲーム系も面白いが、筆者がぜひ体験していただきたいのは「シアター」だ。VR空間に映画館が表示され、その中程の良い位置から、実際に「映画」を観る感じになる。もちろん画質は、これまでの映画用HMDより悪いのだが、迫力や自然さでは、こちらに軍配が上がる。文字通り「映画館で観る」感覚を再現しているからだ。

手軽さ・自然さを作り込みで実現。実は「開拓者」向けの製品

もちろん、画質などにつっこみを入れようと思えば、いくらでもできる。元々のディスプレイサイズが5インチであることから、Oculus Riftなどの本格的VRや、GALAXY Note 4を使っていた過去のGear VRに比べると、画角が狭くて没入感では一歩劣る。色ずれもちょっと多い感じだ。若干の遅延を感じるためか、左右に首を傾ける(いわゆるロール動作)をすると酔いを感じやすかった。

また、空間の中で自分がどう移動したかを検知する方法がないこと、手足の位置を操作に反映する方法がないことなどから、「天球の真ん中に自分がいる」タイプを越えるVR体験は得られない。ゲーム的なものをするには、Bluetooth接続のゲームコントローラーなどを併用するのが現実的である。また、輝度を最大まで高めて使うこと、演算量が多いことなどから、Galaxy S6自体のバッテリーが急速に減っていくことにも注意が必要だ。

しかし、それはそれでいいのだ。「誰でもかぶれば本物のVR体験が得られる」という意味で、Gear VRは空前絶後の存在だ。スマホVRは、手軽だがどうしても「パノラマ写真ビュワー」的な存在を脱するのが難しい。しかしGear VRは、限定的ながら「本物のVR」を、ごくごく手軽に提供することに成功している。過去にも何度がGear VRはテストしていたのだが、Oculusが協力して作り込むことで、ここまでのものが仕上がって来るとは、なかなか興味深い。

実際問題、これをみなさんに無条件に勧めるか、というと、それはまた別の問題だ。コンテンツを楽しむだけならば、数時間程度で飽きてしまう。Gear VRが約2万7000円、このためにスマホをGalaxy S6に機種交換するとさらに4万円程度が必要になる。ちょっと高い出費だ。

だが、VRの開発をしたり、VRを人に勧めて「驚いてもらう」なら、これほどいいものはない。現在最高の「ネタ消費アイテム」とも言える。Gear VRの正式名称は「Gear VR Innovator Edition for Galaxy S6」。開拓者向けの特別な製品、という位置付けだ。

そういった面白さをどうやって持続的な産業にするのか。そこが、「Innovator Edition」を手に入れた人々のテーマであることも思い知らされる製品である。

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2015年4月24日 Vol.032 <技術は負けない号>目次

01 論壇(小寺)
ドローンの世界を体系的に理解する
02 余談(西田)
スマホVRの本命「Gear VR」製品版を試す
03 対談(小寺)
電子書籍を端末の歴史から眺めてみる(1)
04 過去記事アーカイブズ(小寺)
視聴率偏重主義が破壊する番組制作の常識
05 ニュースクリップ(小寺・西田)
06 今週のおたより(小寺・西田)

12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。

 

ご購読・詳細はこちらから!

 

筆者:西田宗千佳

フリージャーナリスト。1971年福井県出身。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、そしてネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。取材・解説記事を中心に、主要新聞・ウェブ媒体などに寄稿する他、年数冊のペースで書籍も執筆。テレビ番組の監修なども手がける。

 

その他の記事

どうすれば「親友」ができるのか–赤の他人に興味を持つということ(名越康文)
仮想通貨はトーチライトか?(やまもといちろう)
彼女を部屋に連れ込んでどうにかしたい時に聴きたいジャズアルバム(福島剛)
週に一度ぐらいはスマートフォンを持たず街に出かけてみよう(名越康文)
なぜ若者に奴隷根性が植えつけられたか?(後編)(岩崎夏海)
企業のトップストーリーについて思うこと(やまもといちろう)
「反日デモ」はメディアでどう報じられ、伝わったか(津田大介)
部屋を活かせば人生が変わる! 部屋が片付けられない人の5つの罠(岩崎夏海)
ママのLINE、大丈夫?(小寺信良)
トランスフォーマー:ロストエイジを生き延びた、日本ものづくりを継ぐ者 ――デザイナー・大西裕弥インタビュー(宇野常寛)
競争社会が生み出した「ガキとジジイしかいない国」(平川克美×小田嶋隆)
LINE傍受疑惑、韓国「国家情報院」の素顔(スプラウト)
正しい苦しみ方(岩崎夏海)
夕陽的とは何か?(後編)(岩崎夏海)
人は生の瀬戸際までコミュニケーション能力が問われるのだということを心に刻む(やまもといちろう)

ページのトップへ