藤沢数希
@kazu_fujisawa

藤沢数希メールマガジン

週刊金融日記 第314号【簡単な身体動作で驚くほどマインドが改善する、日米首脳会談は福田財務事務次官「おっぱい触らせて」発言でかき消される他】

藤沢数希のメルマガ『週刊金融日記』第314号(2018年4月22日発行)より、冒頭部分をお届けします。

〘第314号 目次紹介〙

// 週刊金融日記
// 2018年4月22日 第314号
// 簡単な身体動作で驚くほどマインドが改善する
// 日米首脳会談は福田財務事務次官「おっぱい触らせて」発言でかき消される
// 日比谷駅がめちゃオシャレになっていた
// 中国語を学ぶならせめて2000単語は覚えてください
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。

 最近は天気もよく、とても春らしくていいですね。花粉もようやくおさまってきたようです。

 コミック版の『ぼく愛』ですが、とうとう最終巻が出ました。計3巻です。やはりコミックは読みやすくていいです。高校生や大学生なんかが書店でぐうぜん手に取り、僕たちの秘密のコミュニティの存在に気づいてくれるかもしれない、と思うとワクワクしますね。

『ぼくは愛を証明しようと思う。3巻』 https://amzn.to/2HTCjVI

 さて、先週は米山新潟県知事が出会い系サイトで知り合った某有名私大の女子大生に3万円払ってセックスしていたら、その彼氏に恐喝めいたことをされ、さらに週刊誌に売られてしまったことや、テレ朝美人記者が隠し撮りした福田財務事務次官の「キスしたいんですけど。すごく好きになっちゃったんだけど…おっぱい触らせて。綺麗だ、綺麗だ、綺麗だ」などのセクハラ発言が週刊新潮に持ち込まれてしまったことなど、なかなかゲスい話題で日本中が騒然となりました。

★米山さん可哀想…。

★みんなゲスすぎる…。

★物事はいろんな確度から見てみよう。

 そこでこの問題について今週は書こうと思っていたのですが、米山さんも福田さんもあっさりと辞めてしまったので、あっという間に話題が消化されてしまいました。本当に、大衆は飽きっぽいですね……。

 僕としては、米山さんも福田さんも、なかなかに面白い人たちだし、いろんな才能があると思うんで、ネットの世界にいらっしゃい、という気持ちですけどね。

★そういえばゲスい彼女もネットデビューするかも…。

 今週も面白い投稿がいくつもありました。見どころは以下のとおりです。

-旅行に行った際に出会った女性を本気で好きになってしまいました
-多くの人に知られる仕事をしていますがナンパしているのがバレるのが心配です
-藤沢所長の読書環境について
-カジュアルシャツのオーダーを気軽にできる店がほしいです
-エレベーターで「抱きたい」と言ったら「怖すぎ」と言われ撃沈
-クラナンに初めて成功しお持ち帰りしましたがSフェーズで失敗
-恋愛工学初級者ですが射精テストに失敗しました
-合コンでうまくいくのはいつも「先輩を立てようとしたとき」でした
-中国語を学ぶならせめて2000単語は覚えてください
-中国語の発音の練習はどうされてますか

 それでは今週もよろしくお願いします!

 

1.簡単な身体動作で驚くほどマインドが改善する

 先週号では、単語カードを自作する、という単純な作業をすることで、僕の脳が僕の意志で覚えようとしていることを「重要な情報ではない」と勝手に判断してしまう事態がかなり避けられるようになったことを報告した。

『週刊金融日記 第313号 カード自作とSpaced Repetitionによるパワフルな暗記メソッド』

 僕たちは驚くほど多くの自分のことを自分の意志でコントロールできない。もし、意志で簡単にコントロールできたら、受験勉強であんなに苦労しないし、ダイエットをはじめればたちまち成功することだろう。このメルマガで何度も言ってきたように、ナンパは恋愛市場のフリーランチ、といくら頭で理解したところで、僕たちは知らない女の人に話しかけるときは、いつも恐怖を感じて足がすくんでしまう。

『週刊金融日記 第95号 ナンパの地蔵現象の科学』

『週刊金融日記 第97号 勇気の科学』

 どうやら進化の過程で、僕たちの遺伝子は、多くの重要な意思決定を僕たちの勝手な意志に委ねてはくれなかったようだ。そんな気まぐれな人間の意志に、生存や生殖に関わる重要なことを任せるわけにはいかなかったのだろう。

 しかし、恋愛工学では、こうした意志ではふつうは操れない領域までコントロールするメソッドをいくつも開発してきたのだ。今週も、この点で素晴らしい投稿があったので、最初に紹介したいと思う。

===============================
-祝『週刊金融日記』6周年!〜1分間でできる“気”の解放〜

 
(続きは藤沢数希のメールマガジン『週刊金融日記』第314号にてお読みください)


藤沢数希のメルマガはこちら

藤沢数希のメールマガジン『週刊金融日記』


【料金】 864円(税込)/月 <初回購読時、1ヶ月間無料!>
【発行周期】 月4回以上配信(毎週日曜日配信予定)

藤沢数希が政治、経済、ビジネス、そして恋愛工学について毎週メルマガをお届けします。不特定多数が閲覧するブログ『金融日記』では書けないディープで具体的なお話が満載。マネーと恋愛に関する経済分析、法律論、リスクマネジメントを中心に情報をお届けします。



藤沢数希・著『損する結婚 儲かる離婚』

男女双方とも、簡単に全財産以上の金額が吹っ飛ぶのが結婚という金銭契約です。 「結婚はデリバティブ取引と同じでゼロサムゲーム。こと金に関しては夫婦は食うか食われるかの関係にある」。金融工学と恋愛工学について研究を重ねてきた藤沢数希が、適切な結婚相手の選び方を具体的なケースを元に解き明かす!

藤沢数希
理論物理学、コンピューター・シミュレーションの分野で博士号取得。欧米の研究機関で教鞭を取った後、外資系投資銀行に転身。以後、マーケットの定量分析、経済予測、トレーディング業務などに従事。また、高度なリスクマネジメントの技法を恋愛に応用した『恋愛工学』の第一人者でもある。月間100万PVの人気ブログ『金融日記』の管理人。

その他の記事

格闘ゲームなどについて最近思うこと(やまもといちろう)
「科学」と「宗教」、あるいは信仰における「公」と「私」(甲野善紀)
なぜ『フィナンシャル・タイムズ』は売られたのか(ふるまいよしこ)
一寸先は、光。自分しかない未来を恐れなければ道は開けるものです(高城剛)
Amazon(アマゾン)が踏み込む「協力金という名の取引税」という独禁領域の蹉跌(やまもといちろう)
都民ファースト大勝利予測と自民党の自滅について深く考える(やまもといちろう)
テレビのCASがまたおかしな事に。これで消費者の理解は得られるか?(小寺信良)
中国バブルと山口組分裂の類似性(本田雅一)
「#どうして解散するんですか?」が人々を苛立たせた本当の理由(岩崎夏海)
フェイクニュースか業界の病理か、ネットニュースの収益構造に変化(やまもといちろう)
ママのLINE、大丈夫?(小寺信良)
中国からの観光客をひきつける那覇の「ユルさ」(高城剛)
お悩み相談室 スナックりさちゃんへようこそ!(若林理砂)
今年は「動画ゼロレーティング」に動きアリ(西田宗千佳)
緊張して実力を発揮できない人は瞬間的に意識を飛ばそう(名越康文)
藤沢数希のメールマガジン
「週刊金融日記」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回以上配信(毎週日曜日配信予定)

ページのトップへ