家入一真
@hbkr

家入一真メールマガジン「家入学級」より

居場所を作れる人の空気術

“いじめ”ではなく“いじり”が、その場の空気を変える

 

メルマガ今号の対談(3時間目)で、キャイ~ンの天野さんと話して見えてきたのが、居場所を作れる人の人物像です。

 

僕は、誰かをいじったりつっこんだりすることって、台風の眼のようなイメージがある。一瞬空気が壊れて、そこにポッカリと居場所ができる。

 

だから、天野さんが言っていた「自分がしたいのは、いじめじゃなくて、いじり」っていうのは、すごくわかる。「いじり」ということをすることで、相対化されるわけなんだよね、そこにある同調圧力みたいな空気が。一瞬ぽっかり穴があいて、一気に空気の流れが変わる。そういうことができる人は、確かにいる。天野さんのようなお笑い芸人には、多いのかもしれない。

 

たとえば、ズボンのチャックが開いている人がいたとして、みんなが指摘できないところを、「ちょっと社会の窓が空いてるよ」って言える人。しかも本人に恥をかかせることなく面白くつっこめれば、みんなも「俺たちの言いたかったことをこいつが代弁してくれた」と思うし、言ってもらった方も「言ってくれてありがとう」と思う。そういう瞬間って、確かにあるよね。

 

居場所を作るうえで、空気を変えられる人の存在は不可欠。

 

自分で言うのもあれだけど、僕自身もそういう部分はある。例えば、ロフトプラスワンのイベントとかで、クレーマーみたいな人がいることがある。僕のイベントには大抵変な人が1~2人いるんだけど(笑)、そういう人が難癖つけてきて空気が悪くなったときに、僕が檀上でマイクを持って「え、怖い」なんて言ってあわてる様子を見せると、みんながホッとするんです。はりつめた空気が一気に笑いになるというか。

 

そういう、みんなが求めていることができる技術って、お笑い芸人には特に必要だよね。僕が好きな芸人、キングコングの西野さんとか、ロンブーの敦さんとかも、そういうことができる人。

 

以前、西野さんと一緒に桧原村という東京の端っこの村に行ったとき、夜地元の若い子たち5~6人と飲みながらずっと「桧原村は今後こうしたらよくなる」といった話をしてた。そしたら、1人の若い男の子がいちいち反論してくる。というか、そいつは反論を装っているけど、言ってることはただのダメ出しで、しかもずっと携帯でゲームをしながら言ってて、まぁちょっと失礼というか、感じが悪かったんです。

 

そしたら西野さんが「お前の言うことはすごくわかるし、議論をするのはいいことだけど、俺は少なくともゲームやりながら話す奴に、村をよくすることはできないと思う」みたいなことをズバっと言って。そいつも、「ああ、そうっすよね。すみません」となって、一瞬空気がピリっとした。けど、西野さんはその後すぐに「で、そのゲームなんなの」って話題を変えて、笑いが起きたんです。叱った後に笑いに変える。うまいな~っと思って。怒られた奴もしゅんってし続けなくていい。それができる人ってやっぱすごい。

 

家入一真メールマガジン「家入学級

Vol.024(2014年10月21日)目次

家 入 学 級 * 時 間 割

1時間目:今日の授業 「居場所を作れる人の空気術」

2時間目:【Q&A】「本当の自分が出せない」「活動的になるには」

3時間目:【対談】キャイ?ン天野ひろゆきさん 後編

4時間目:メディア情報・活動予定/学級日誌/次号予告

 

30ダメだけど、なぜかみんなに愛されてやまない連続起業家・家入一真が、4ヶ月の準備期間を経てメルマガ界に帰ってきました!(通算3度目) 学校嫌いだった著者が「学校では教えてくれない、この世を生きる術」について、ときにマジメに、ときにはゆるく語ります。日頃、twitterで寄せられる悩みに140字を超えて答えるコーナーや、ゲストを迎えた対談、講演録なども掲載。 自分の夢に向かって頑張っている人も、世の中にちょっと生きづらさを感じている人も。日本一自由な学び場メルマガ、「家入学級」に来たれ!

【料金(税込)】 648円 / 月 <初回購読時、1ヶ月間無料!!> 【 発行周期 】 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

詳細・お申し込みはこちらから

家入一真
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。

その他の記事

カタルーニャ独立問題について(高城剛)
「反日デモ」はメディアでどう報じられ、伝わったか(津田大介)
ネットも電気もない東アフリカのマダガスカルで享受する「圏外力」の楽しみ(高城剛)
空港の無償wifiサービス速度が教えてくれるその国の未来(高城剛)
学術系の話で出鱈目が出回りやすい理由(やまもといちろう)
「平気で悪いことをやる人」がえらくなったあとで喰らうしっぺ返し(やまもといちろう)
VRコンテンツをサポートするAdobeの戦略(小寺信良)
上野千鶴子問題と、いまを生きる我らの時代に(やまもといちろう)
なぜ人を殺してはいけないのか(夜間飛行編集部)
「小学校プログラミング必修」の期待と誤解(小寺信良)
【第6話】闘志なき者は去れ(城繁幸)
お悩み相談室 スナックりさちゃんへようこそ!(若林理砂)
エッセンシャル・マネジメント(本質行動学)とは何か(西條剛央)
僕たちは「問題」によって生かされる<前編>(小山龍介)
「編集者悪者論」への違和感の正体(西田宗千佳)
家入一真のメールマガジン
「家入学級」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

ページのトップへ