家入一真
@hbkr

家入一真メールマガジン「家入学級」より

居場所を作れる人の空気術

“いじめ”ではなく“いじり”が、その場の空気を変える

 

メルマガ今号の対談(3時間目)で、キャイ~ンの天野さんと話して見えてきたのが、居場所を作れる人の人物像です。

 

僕は、誰かをいじったりつっこんだりすることって、台風の眼のようなイメージがある。一瞬空気が壊れて、そこにポッカリと居場所ができる。

 

だから、天野さんが言っていた「自分がしたいのは、いじめじゃなくて、いじり」っていうのは、すごくわかる。「いじり」ということをすることで、相対化されるわけなんだよね、そこにある同調圧力みたいな空気が。一瞬ぽっかり穴があいて、一気に空気の流れが変わる。そういうことができる人は、確かにいる。天野さんのようなお笑い芸人には、多いのかもしれない。

 

たとえば、ズボンのチャックが開いている人がいたとして、みんなが指摘できないところを、「ちょっと社会の窓が空いてるよ」って言える人。しかも本人に恥をかかせることなく面白くつっこめれば、みんなも「俺たちの言いたかったことをこいつが代弁してくれた」と思うし、言ってもらった方も「言ってくれてありがとう」と思う。そういう瞬間って、確かにあるよね。

 

居場所を作るうえで、空気を変えられる人の存在は不可欠。

 

自分で言うのもあれだけど、僕自身もそういう部分はある。例えば、ロフトプラスワンのイベントとかで、クレーマーみたいな人がいることがある。僕のイベントには大抵変な人が1~2人いるんだけど(笑)、そういう人が難癖つけてきて空気が悪くなったときに、僕が檀上でマイクを持って「え、怖い」なんて言ってあわてる様子を見せると、みんながホッとするんです。はりつめた空気が一気に笑いになるというか。

 

そういう、みんなが求めていることができる技術って、お笑い芸人には特に必要だよね。僕が好きな芸人、キングコングの西野さんとか、ロンブーの敦さんとかも、そういうことができる人。

 

以前、西野さんと一緒に桧原村という東京の端っこの村に行ったとき、夜地元の若い子たち5~6人と飲みながらずっと「桧原村は今後こうしたらよくなる」といった話をしてた。そしたら、1人の若い男の子がいちいち反論してくる。というか、そいつは反論を装っているけど、言ってることはただのダメ出しで、しかもずっと携帯でゲームをしながら言ってて、まぁちょっと失礼というか、感じが悪かったんです。

 

そしたら西野さんが「お前の言うことはすごくわかるし、議論をするのはいいことだけど、俺は少なくともゲームやりながら話す奴に、村をよくすることはできないと思う」みたいなことをズバっと言って。そいつも、「ああ、そうっすよね。すみません」となって、一瞬空気がピリっとした。けど、西野さんはその後すぐに「で、そのゲームなんなの」って話題を変えて、笑いが起きたんです。叱った後に笑いに変える。うまいな~っと思って。怒られた奴もしゅんってし続けなくていい。それができる人ってやっぱすごい。

 

家入一真メールマガジン「家入学級

Vol.024(2014年10月21日)目次

家 入 学 級 * 時 間 割

1時間目:今日の授業 「居場所を作れる人の空気術」

2時間目:【Q&A】「本当の自分が出せない」「活動的になるには」

3時間目:【対談】キャイ?ン天野ひろゆきさん 後編

4時間目:メディア情報・活動予定/学級日誌/次号予告

 

30ダメだけど、なぜかみんなに愛されてやまない連続起業家・家入一真が、4ヶ月の準備期間を経てメルマガ界に帰ってきました!(通算3度目) 学校嫌いだった著者が「学校では教えてくれない、この世を生きる術」について、ときにマジメに、ときにはゆるく語ります。日頃、twitterで寄せられる悩みに140字を超えて答えるコーナーや、ゲストを迎えた対談、講演録なども掲載。 自分の夢に向かって頑張っている人も、世の中にちょっと生きづらさを感じている人も。日本一自由な学び場メルマガ、「家入学級」に来たれ!

【料金(税込)】 648円 / 月 <初回購読時、1ヶ月間無料!!> 【 発行周期 】 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

詳細・お申し込みはこちらから

家入一真
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。

その他の記事

捨てることのむつかしさ?(やまもといちろう)
なぜ、日本人はやりがいもないのに長時間労働で低賃金な仕事を我慢するのか(城繁幸)
宇野常寛特別インタビュー第4回「僕がもし小説を書くなら男3人同居ものにする!」(宇野常寛)
【第6話】闘志なき者は去れ(城繁幸)
ゲームにのめりこむ孫が心配です(家入一真)
目的がはっきりしないまま挑戦する人の脆さと凄さ(やまもといちろう)
フランス人の「不倫」に対する価値観(石田衣良)
五月病の正体 「どうせ……」というくせものキーワード(名越康文)
少子化を解消するカギは「家族の形」にある(岩崎夏海)
「反日デモ」はメディアでどう報じられ、伝わったか(津田大介)
『君の名は。』『PPAP』…ヒットはどのようにして生まれるか(岩崎夏海)
「民進党代表選」期待と埋没が織りなす状況について(やまもといちろう)
「風邪のときは食べないで胃腸を休めなさい」は本当?(若林理砂)
隣は「どうやって文字入力する」人ぞ(西田宗千佳)
タバコ問題を考えなおす(川端裕人)
家入一真のメールマガジン
「家入学級」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

ページのトップへ