小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

音声で原稿を書くとき「頭」で起きていること

※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2016年12月23日 Vol.110 <今年の成果、今年のうちに号>より


12月の頭に、VRエバンジェリストのGOROmanさんへのインタビューをしてきた。その中身は、すでに一部掲載しているし、年末年始頃には、もっとガッツリした記事が掲載されると思うので、詳しくはそちらをお読みいただきたい。

とはいえ、(世の中には誤解している人も多いだが)「インタビューの書き起こし」は「原稿」とは違うものだ。書き起こしでは面白い記事にはならない。みなさんにお読みいただいているインタビュー記事なども、相当に丸めたり削ったりしている。いわば「煮詰める」作業をするのがライターの仕事である。

今回のインタビューでも、「煮詰める」過程で切ったシーンがけっこうある。主に脱線しすぎてメインの話題からずれたものなのだが、ここで、その一部をご紹介したい。独立した話題として、なかなかに面白い命題だと思うからだ。

 


 
——個人的には、「入力している」ことと「今入力しているものが見える」ことが同期しているから、作業効率が担保されているのかな、とは思うんですよね。実は、音声入力で原稿が書けないんですよ。それは、変換効率の話ではなく。

GOROman:ああ、わかります。

——タイプしている時って、書いている部分より「先」が見えている感じがしません? でも音声入力している時って、イメージとしては100文字先くらいしか見えないんです。タイプしている時は、あくまでイメージですけど、500文字先とか1000文字先までぼんやりと見えている感じなんですが。

GOROman:それってたぶん、タイプは小脳や運動を司るところでやっているということですね。音声入力は一度、コンピュータでいうところのDAコンバートをしなきゃいけないわけで。音声化して声を出すのはそれなりに重い負荷だし。それをキューイングしてバッファに貯める必要がある。

たぶん、そのバッファが足りないんですね。会話って、別に16倍速ではしゃべれないですよね。脳の使える一時バッファが限られているから、その量が100文字、ってことじゃないですかね。

——世の中には、ものすごいトレーニングの結果、がーっと長文を音声入力できる人もいるんですよ。大御所の作家先生とかはそうらしくて。電話先で「今日は何文字いるの?」って編集者に伝えたら、「じゃあいくよ」って言って、がーっとしゃべる。しゃべり終わったところで、ピッタリ指定の文字数という。

GOROman:ジョン・カーマックもそうですよ。でもかれ、宇宙人だから(笑)

脳内のキャッシュは限られているけれど、それを出し入れして働かせる訓練ができている、ということじゃないですかね。

——だから、まだしも腕を動かした方が、文章を残すとか絵を描くとか、そういう作業には本質的に合っている気はしています。手でやると、脳から出た結果ブラッシュアップされる、的な。
 


 
どうだろう? なかなか示唆に富んだ意見だと思う。

筆者もひどい肩こり持ちなので、音声入力は色々試してきた。それこそ、15年以上前からだ。だが、どうしてもそれだけで仕事をするに至れないのは、変換効率の問題以上に、「自分が書いている原稿の先が見えない感」があったからだ。

GOROman氏の指摘する「バッファ説」は非常に納得できるものだ。

正確には、小さなバッファしかなくても、やりようはあるのだろう。脳内に原稿をきっちり描く能力があり、訓練ができていれば、件の大作家先生のような神業もこなせるのだと思う。

ここには「目隠し将棋ができるか否か」に近いものがある、と、このインタビューの後に考えた。目隠し将棋は、実際にはそこまで難しくはない。だが、脳内に回路ができないと全然ダメなのだ。私が音声入力で文章を書けないのは、商業的な長さの文章を書くための回路が「ワープロ/エディタに特化」して作られているからだろう。紙ではできる気がしない、というか、数倍の時間がかかる。回路が出来ていないからだ。

この「回路」という話は、別に文章のような長いものだけに限らない、と思う。AIが一般化してUIレイヤーになり、「声やチャットで操作する」のがあたりまえになる、と予想されているが、みなさんは「きちんと命令を素早く与える」ことはできるだろうか? 自分がやりたいことをきちんと言語化するのは難しいことだ。音声コマンドに違和感を覚える理由はそこにある、と思っている。そのうち慣れて、多くの人が「回路を脳内に持つ」ようになるのだろうか。

そこのギャップが埋まるかどうか、もしくは「空気を読んで動いてくれるAI」ができるようになるかどうかが、ひとつのポイントだ。

 

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2016年12月23日 Vol.110 <今年の成果、今年のうちに号> 目次

01 論壇【小寺】
 定時制高校からいろいろ学ぶ
02 余談【西田】
 音声で原稿を書くとき「頭」で起きていること
03 対談【小寺】
 おやすみ
04 過去記事【小寺】
 景気回復の中にも浮沈が。家電業界サバイバル時代
05 ニュースクリップ
06 今週のおたより
07 今週のおしごと

 
12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。   ご購読・詳細はこちらから!

その他の記事

「見て見て!」ではいずれ通用しなくなる–クリエイターの理想としての「高倉健」(紀里谷和明)
ドラマ『ハウス・オブ・カード』〜古くて新しい“戦友”型夫婦とは(岩崎夏海)
なぜ『フィナンシャル・タイムズ』は売られたのか(ふるまいよしこ)
「政治メディア」はコンテンツかプラットフォームか(津田大介)
宇野常寛特別インタビュー第6回「インターネット的知性の基本精神を取り戻せ!」(宇野常寛)
起業家は思想家でありアーティストである(家入一真)
なぜ僕は自分の作品が「嫌」になるのか–新作『LAST KNIGHTS / ラスト・ナイツ』近日公開・紀里谷和明が語る作品論(紀里谷和明)
嘘のこと〜自分の中の「真実」が多数のリアリティによってひっくり返されるとき(川端裕人)
中部横断自動車道をめぐる国交省の不可解な動き(津田大介)
子育てへの妙な圧力は呪術じゃなかろうか(若林理砂)
『小説家と過ごす日曜日』動画版vol.001<IRA’Sワイドショー たっぷりコメンテーター><恋と仕事と社会のQ&A>(石田衣良)
ストレスを数値化して自分の健康パフォーマンスを見極める(高城剛)
世界でもっとも自然災害リスクが高いのに世界でもっとも幸せな国の一つと言われるバヌアツの魅力(高城剛)
「GOEMON」クランクインに至るまでの話(紀里谷和明)
意外とまだマイナー!?「二段階認証」をおさらいする(西田宗千佳)

ページのトップへ