【動画】宇野常寛インタビュー

僕がネットに興味を持てなくなった理由

宇野常寛インタビュー「僕がネットに興味を持てなくなった理由」(メルマガ「ほぼ日刊惑星開発委員会 2014.7.31」 夜間飛行特別号外より)

 

企画・制作:夜間飛行

34宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

※この動画は夜間飛行版「PLANETS/第二次惑星開発委員会」で月1回配信している号外動画のダイジェストです、完全版は上記リンクからメールマガジン「ほぼ日刊惑星開発委員会」をご購読ください。

 

第3回「僕がネットに興味を持てなくなった理由
(完全版:41分42秒)

語り手:宇野常寛

聞き手:井之上達矢(夜間飛行代表)

 

視聴者おいてきぼり上等!で
宇野常寛が本気で語ります!!

今回のテーマは「均質化するネット言論」。

「はっきり言っちゃいますけどね、
商売でもないのに、
今、ツイッターに何かを書きたくなっちゃう人って
ダメじゃないですか」

左翼とネトウヨと「いじめ論壇」しか存在しないネット言論に加担しているのは
実は出版業界!?
従来の言論界に絶望した宇野さんが打つ次の一手とは?

ぜひ、覗いてみてください。

続きをご覧になりたい方は、宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」でどうぞ! ご購読はこちらから

PLANETS/第二次惑星開発委員会
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

その他の記事

福島第一原発観光地化計画とはなにか――東浩紀に聞く「フクシマ」のいまとこれから(津田大介)
なくさないとわからないことがある(天野ひろゆき)
人間の運命は完璧に決まっていて、同時に完璧に自由である(甲野善紀)
少ない金で豊かに暮らす–クローゼットから消費を見直せ(紀里谷和明)
「脳内の呪い」を断ち切るには(西條剛央)
ひとりぼっちの時間(ソロタイム)のススメ(名越康文)
北朝鮮危機の背後にある金正恩の怯えとアメリカのメッセージを読み解く(小川和久)
ネット時代に習近平が呼びかける「群衆闘争」(ふるまいよしこ)
「東大卒ですが職場の明治卒に勝てる気がしません」(城繁幸)
「反日デモ」はメディアでどう報じられ、伝わったか(津田大介)
「暮らし」をシェアする時代がくる? 注目のシェアリングエコノミー(家入一真)
「最近面白くなくなった」と言われてしまうテレビの現場から(やまもといちろう)
責任を取ることなど誰にもできない(内田樹)
変換エンジンを一新したATOK 2017 for Macが来た!(小寺信良)
時の流れを泳ぐために、私たちは意識を手に入れた(名越康文)

ページのトップへ