高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

大麻ビジネス最前線のカナダを訪れる

高城未来研究所【Future Report】Vol.410(2019年4月26日発行)より

今週は、トロントにいます。

先進国で、どこよりも先に医療も娯楽も大麻を全面解禁したカナダでは、あたらしい大麻ビジネスが、大躍進しています。

大麻専門のロジスティックス会社や、植物の収穫&在庫の管理から、eコマースの立ち上げまでサポートするビジネスソリューション・ソフトウェア企業、そして、サプリメントのような液状のソフトカプセルにTHCを詰め込んだ見たこともない大麻製造メーカーなどが、次々とサービスや製品を市場に投入。
なかでも僕が関心したのは、DNA検査で消費者の体質を分析し、大麻に対する個人反応に関するデータを、わずか45分で提供する大麻耐性遺伝子分析企業です。

大麻成分がに心身に影響を与えるDNAは、現在3種類発見されており、これを「世界最小のDNAテストデバイス」と呼ばれる小さな機械を使って、各人が大麻(特にTHC)に対して、どのような反応を示すか、事前に調べることができます。
すでにサービスインしており、価格は59カナダドル。
およそ日本円で5400円ほどで判明します。

検査は専用の棒で、口腔内の頬の部分を3度こするだけ。
それを機械に差し込むと、45分後に登録したメールに結果が送られてきます。

診断はMetabolism、Risk、Memoryの3つのカテゴリーに区分され、身体や精神面にどれほど影響を受けやすいかグラフィカルに表示されます。
これにより、主にTHCによる効き目が一目瞭然でわかるようになりました。
つまり、個々によって異なる「トビ」を、科学的に示すことができるようになったのです。

また、トロントから車で4時間ほどのところにある世界有数の大麻企業「キャノピー・グロース」に出向くと、数年前に50人だった従業員は、現在3000人を超えており、いまも毎週50人以上新規に雇っているとのことでした。
同社は、「コロナ」ビールなど酒類販売の米コンステレーション・ブランズから、昨年夏に約4200億円追加出資を受け、破竹の勢いです。
驚くほどの急成長ぶりは、まさに「GREEN RUSH」を実感せざるを得ません。

そして、今年の10月。
カナダの大麻規制法は再びハードルが下がり、飲料や食品の本格的認可がはじまり、さらに多くのチャンスが生まれます。
これにより、大麻を「吸う」時代は、終わりを迎えることになるでしょう。
そしてこれからは、大麻を「飲む、食べる」時代へと大きく変わっていくのです。

大麻ビジネス最前線のカナダ。
いよいよ「カンナビス2.0」が、この秋からはじまりそうです。
 

高城未来研究所「Future Report」

Vol.410 2019年4月26日発行

■目次
1. 近況
2. 世界の俯瞰図
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
4. 「病」との対話
5. 身体と意識
6. Q&Aコーナー
7. 連載のお知らせ

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

メディアの死、死とメディア(その1/全3回)(内田樹)
サイバーセキュリティと官民協力の実態(やまもといちろう)
コデラ的恋愛論(小寺信良)
「ラスト・ナイツ」ついに公開ーー苦労そのものに喜びがある(紀里谷和明)
「分からなさ」が与えてくれる力(北川貴英)
「天才はなぜチビなのか」を考えてみる(名越康文)
【第1話】日本型雇用の未来は君の肩に……(城繁幸)
週刊金融日記 第313号【カード自作とSpaced Repetitionによるパワフルな暗記メソッド、トランプさんに振り回される世界経済他】(藤沢数希)
池上彰とは何者なのか 「自分の意見を言わないジャーナリズム」というありかた(津田大介)
メダルの数より大切なことがある ――有森裕子が語る2020年に向けた取り組み(宇野常寛)
集団的自衛権を考えるための11冊(夜間飛行編集部)
川端裕人×荒木健太郎<雲を見る、雲を読む〜究極の「雲愛」対談>第3回(川端裕人)
自分との対話として「書く」ということ(高城剛)
前川喜平という文部科学省前事務次官奇譚(やまもといちろう)
「デトックス元年」第二ステージに突入です!(高城剛)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 880円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ