若林理砂
@asilliza

若林理砂のメルマガ『鍼灸師が教える一人でできる養生法』より

「自然な○○」という脅し–お産と子育てにまつわる選民意識について

大好評! 若林理砂さんの新刊!

pet_coversmall
若林理砂著『安心のペットボトル温灸

火を使わないから安全で安心! 
誰でもできて効果を実感できる!
火をつける従来のお灸よりも簡単に効果を出せると評判です!!

定価:1500円+税

amazonで購入する

 

産み場所は考えていますか?

Twitterでフォローさせて頂いてるお医者さんがこのブログを紹介されていたので、今回は自然なお産とか子育てについて。まあ、ざっと読んでみてよ。

「自然出産」を礼賛するメディアの背景:宋美玄ブログ

わたしはですね。自然なお産・自然な子育てってカテゴリーに入っている事柄が、実はあまり好きではありません。なんというか、妙な気分になるんですよ。私自身、『分娩台よさようなら』とか『命を産む』とか『幸せなお産が日本を変える』とか『ニューアクティブバース』とか散々読んだクチで、「助産院で産みたい」「母乳育児が!」「布おむつじゃないと!」「自宅出産もいいな……」などなど。いわゆるナチュラル志向の妊婦だったのですよ、最初ね。

でも、最初にかかった産婦人科医師のすごい剣幕に「これは?!」と思って勉強しなおしたんだよね。ちなみに、その先生がどこの先生かというと、ここ。

目黒東口レディースクリニック

めちゃくちゃ混んでます。ものすごい待たされます。でも、凄くいい先生。分娩は取り扱ってないので、出産に関しては別の大きな病院を紹介してもらったんだけどね。

先生が「産み場所は考えていますか?」と聞かれたので、「助産院とかはどうなんでしょう。」と聞いたときの先生の話しぶりったら!

「助産院で産むなら紹介状は一切書かないよ。お母さんにとって心地よいお産が赤ちゃんにとって安全なものではないんだからね! お母さんは出産ではめったに死なないけど、赤ちゃんは死にますよ」と、ものすごく丁寧にかつきっぱりとお話ししてくださいました。

この先生、産婦人科医としては相当変わっていると思われ、ダウン症児の年齢別発生率の表を見せながらクアトロテストについての詳細な説明をしてくださって、「これを受けるなら、異常があった場合は中絶手術を受ける前提で受けてもらいます」とおっしゃったり、

羊水検査の事故発生率が1/300程度で、35歳の妊娠のダウン症児発生率である1/297の方が事故発声率を上回るために羊水検査適応になること、ダウン症児が現在日本では受け皿が十分とは言えず、さらに医学の発達により長命になったため、親が亡くなってもひとりで生きていかなければならなくなること、しかしダウン症の子供たちの天真爛漫さのすばらしさ、などなど。あらゆる妊娠についてのリスクを包み隠さずお話くださいました。

あ、そうそう、私はすごく勉強になったけど、普通の妊婦さんだったら涙目になるかもしれない先生ですから、「若林先生がいい先生だっていうから!」って受診する際はお気をつけください(苦笑)。

甘いところ一切なしの先生ですから。

1 2 3
若林理砂
1976年生まれ。鍼灸師・アシル治療室院長。高校卒業後に、鍼灸免許を取得し、エステサロンの併設鍼灸院で、技術を磨く。早稲田大学第二文学部卒。2004年、アシル治療室開院。現在3ヵ月先まで予約が埋まるほどの人気を集めている。

その他の記事

Geminiを使い倒した2週間(小寺信良)
冬の京都で酵素浴によるデトックスに励む(高城剛)
開成中高校長「『勉強しなさい』を言ってはいけない」教育論の波紋(やまもといちろう)
「ローリング・リリース」の苦悩(西田宗千佳)
週刊金融日記 第287号<イケメンは貧乏なほうがモテることについての再考察、小池百合子は出馬するのか他>(藤沢数希)
「なぜ本を読まなければいけないのか」と思ったときに読む話(名越康文)
子どもに「成功体験」を積ませることよりも、親の「しくじった話」が子どもの自己肯定感を育むってどういうこと?(平岩国泰)
人生に一発逆転はない–心の洗濯のススメ(名越康文)
「すべては2つ持て」–私の出張装備2015(西田宗千佳)
週刊金融日記 第268号 <ビジネスに使えて使えない統計学その2 因果関係を暴き出す他>(藤沢数希)
「どうでもいいじゃん」と言えない社会は息苦しい(紀里谷和明)
いじめられたくなければ空気を読め(岩崎夏海)
歩き方の上手い下手が人生を変える(岩崎夏海)
依存から祈りへ(名越康文)
なぜ電車内にベビーカーを持ち込む人は嫌われるのか?(岩崎夏海)
若林理砂のメールマガジン
「鍼灸師が教える一人でできる養生法」

[料金(税込)] 550円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第2,第4月曜日配信予定)

ページのトップへ