若林理砂
@asilliza

若林理砂のメルマガ『鍼灸師が教える一人でできる養生法』より

「自然な○○」という脅し–お産と子育てにまつわる選民意識について

大好評! 若林理砂さんの新刊!

pet_coversmall
若林理砂著『安心のペットボトル温灸

火を使わないから安全で安心! 
誰でもできて効果を実感できる!
火をつける従来のお灸よりも簡単に効果を出せると評判です!!

定価:1500円+税

amazonで購入する

 

産み場所は考えていますか?

Twitterでフォローさせて頂いてるお医者さんがこのブログを紹介されていたので、今回は自然なお産とか子育てについて。まあ、ざっと読んでみてよ。

「自然出産」を礼賛するメディアの背景:宋美玄ブログ

わたしはですね。自然なお産・自然な子育てってカテゴリーに入っている事柄が、実はあまり好きではありません。なんというか、妙な気分になるんですよ。私自身、『分娩台よさようなら』とか『命を産む』とか『幸せなお産が日本を変える』とか『ニューアクティブバース』とか散々読んだクチで、「助産院で産みたい」「母乳育児が!」「布おむつじゃないと!」「自宅出産もいいな……」などなど。いわゆるナチュラル志向の妊婦だったのですよ、最初ね。

でも、最初にかかった産婦人科医師のすごい剣幕に「これは?!」と思って勉強しなおしたんだよね。ちなみに、その先生がどこの先生かというと、ここ。

目黒東口レディースクリニック

めちゃくちゃ混んでます。ものすごい待たされます。でも、凄くいい先生。分娩は取り扱ってないので、出産に関しては別の大きな病院を紹介してもらったんだけどね。

先生が「産み場所は考えていますか?」と聞かれたので、「助産院とかはどうなんでしょう。」と聞いたときの先生の話しぶりったら!

「助産院で産むなら紹介状は一切書かないよ。お母さんにとって心地よいお産が赤ちゃんにとって安全なものではないんだからね! お母さんは出産ではめったに死なないけど、赤ちゃんは死にますよ」と、ものすごく丁寧にかつきっぱりとお話ししてくださいました。

この先生、産婦人科医としては相当変わっていると思われ、ダウン症児の年齢別発生率の表を見せながらクアトロテストについての詳細な説明をしてくださって、「これを受けるなら、異常があった場合は中絶手術を受ける前提で受けてもらいます」とおっしゃったり、

羊水検査の事故発生率が1/300程度で、35歳の妊娠のダウン症児発生率である1/297の方が事故発声率を上回るために羊水検査適応になること、ダウン症児が現在日本では受け皿が十分とは言えず、さらに医学の発達により長命になったため、親が亡くなってもひとりで生きていかなければならなくなること、しかしダウン症の子供たちの天真爛漫さのすばらしさ、などなど。あらゆる妊娠についてのリスクを包み隠さずお話くださいました。

あ、そうそう、私はすごく勉強になったけど、普通の妊婦さんだったら涙目になるかもしれない先生ですから、「若林先生がいい先生だっていうから!」って受診する際はお気をつけください(苦笑)。

甘いところ一切なしの先生ですから。

1 2 3
若林理砂
1976年生まれ。鍼灸師・アシル治療室院長。高校卒業後に、鍼灸免許を取得し、エステサロンの併設鍼灸院で、技術を磨く。早稲田大学第二文学部卒。2004年、アシル治療室開院。現在3ヵ月先まで予約が埋まるほどの人気を集めている。

その他の記事

安倍昭恵女史と例の「愛国小学校」学校法人の件(やまもといちろう)
「親しみの空気」のない論争は不毛です(名越康文)
日本のウェブメディアよ、もっと「きれい」になれ!(西田宗千佳)
人生における「老後」には意味があるのでしょうか?(石田衣良)
日本の脱原発は本当に可能なのか?――ドイツ10年の歩みに学ぶエネルギー政策(津田大介)
メディアの死、死とメディア(その1/全3回)(内田樹)
週刊金融日記 第269号 <性犯罪冤罪リスクを定量的に考える、日経平均株価2万円割 他>(藤沢数希)
テレビと政治の関係はいつから変質したのか(津田大介)
Kindle Unlimitedのラインナップ変更は「日本への対応」不足が原因だ(西田宗千佳)
クラウドの「容量無制限」はなぜ破綻するのか(西田宗千佳)
沖縄の長寿県からの転落で考える日本の未来(高城剛)
金は全人類を発狂させたすさまじい発明だった(内田樹&平川克美)
良い旅は、旅立つ前に決まるのです(高城剛)
「東大卒ですが職場の明治卒に勝てる気がしません」(城繁幸)
IT・家電業界の「次のルール」は何か(西田宗千佳)
若林理砂のメールマガジン
「鍼灸師が教える一人でできる養生法」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第2,第4月曜日配信予定)

ページのトップへ