小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

テープ起こしの悩みを解決できるか? カシオのアプリ「キーワード頭出し ボイスレコーダー」を試す

小寺信良&西田宗千佳メールマガジン「金曜ランチビュッフェ」2015年3月27日 Vol.028 <損得のパワーバランス号>より

3月26日、カシオ計算機は、録音済み音声から聞きたい部分を文字入力で探せるアプリ「キーワード頭出し ボイスレコーダー」(500円。4月30日まで300円)を、iOS向けに公開した。

・聞きたい部分を文字入力で探せるボイスレコーダーアプリの公式サイト
http://world.casio.com/app/ja/voice_recorder/

・アプリ画面。一見普通のボイスレコーダーアプリなのだが……。

このニュースが出ると、SNS上の同業者から一斉に「なんだと?!」という声が聞こえた。いやまあ、そんな気がしただけだが。

ライターという仕事は、人に話を聞いて、それを効率的にまとめて記事にまとめるのが仕事だ。録音・録画は常に行っているが、そこからいかに「正確な情報を、手早く取り出すか」が難点になる。同業者が2人集まれば必ず、「録音データをいかに効率的にテキストにするか」という話題が出てくるくらいだ。録音データから「文字で聞きたい部分を探せる」となると、おもわず身を乗り出してしまうのも無理からぬところがある。「録音データを自動的にテキストにしてくれる未来がくれば、どんだけ楽だろう」と、筆者も常に思っている。

このアプリは、本物なのだろうか? いや、「録音データを効率的にテキスト化」という話には、筆者も何度もだまされてきている。そりゃあ多少は慎重になろうというものだ。作ったのがカシオという、一般的には信頼すべき企業だからといって、鵜呑みにはできない。

というわけで、急遽、テストしてみることにした。ニュースをみたのが午前11時頃。ちょうど午後1時から取材が入っていたので、そこで実際に試してみることになった。というわけで、アプリ公開から24時間以内のスピードレビューをお届けする。

1 2

その他の記事

クラウドファンディングの「負け戦」と「醍醐味」(西田宗千佳)
「暮らし」をシェアする時代がくる? 注目のシェアリングエコノミー(家入一真)
ゆとり世代に迫るタイムリミット(岩崎夏海)
「苦しまずに死にたい」あなたが知っておくべき3つのこと(若林理砂)
「ルールを捨てる」とき、人は成長する 世界のトップビジネスパーソンが注目する「システマ」の効果(北川貴英)
気候変動や環境毒のあり方を通じて考えるフェイクの見極め方(高城剛)
細かいワザあり、iPhone7 Plus用レンズ(小寺信良)
人生の分水嶺は「瞬間」に宿る(名越康文)
いま必要なのは「ちゃんと知ろうとする」こと(家入一真)
虚実が混在する情報の坩堝としてのSNSの行方(やまもといちろう)
「温かい食事」だけが人生を変えることができる #養生サバイバル のススメ(若林理砂)
国会議員は言うほど減らすべきか?(やまもといちろう)
“リア充”に気後れを感じたら(名越康文)
『ズレずに 生き抜く』(文藝春秋)が5月15日刊行されることになりました(やまもといちろう)
当たり前だとわかっているけれど、なかなか実践できていないこと(本田雅一)

ページのトップへ