小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

テープ起こしの悩みを解決できるか? カシオのアプリ「キーワード頭出し ボイスレコーダー」を試す

小寺信良&西田宗千佳メールマガジン「金曜ランチビュッフェ」2015年3月27日 Vol.028 <損得のパワーバランス号>より

3月26日、カシオ計算機は、録音済み音声から聞きたい部分を文字入力で探せるアプリ「キーワード頭出し ボイスレコーダー」(500円。4月30日まで300円)を、iOS向けに公開した。

・聞きたい部分を文字入力で探せるボイスレコーダーアプリの公式サイト
http://world.casio.com/app/ja/voice_recorder/

・アプリ画面。一見普通のボイスレコーダーアプリなのだが……。

このニュースが出ると、SNS上の同業者から一斉に「なんだと?!」という声が聞こえた。いやまあ、そんな気がしただけだが。

ライターという仕事は、人に話を聞いて、それを効率的にまとめて記事にまとめるのが仕事だ。録音・録画は常に行っているが、そこからいかに「正確な情報を、手早く取り出すか」が難点になる。同業者が2人集まれば必ず、「録音データをいかに効率的にテキストにするか」という話題が出てくるくらいだ。録音データから「文字で聞きたい部分を探せる」となると、おもわず身を乗り出してしまうのも無理からぬところがある。「録音データを自動的にテキストにしてくれる未来がくれば、どんだけ楽だろう」と、筆者も常に思っている。

このアプリは、本物なのだろうか? いや、「録音データを効率的にテキスト化」という話には、筆者も何度もだまされてきている。そりゃあ多少は慎重になろうというものだ。作ったのがカシオという、一般的には信頼すべき企業だからといって、鵜呑みにはできない。

というわけで、急遽、テストしてみることにした。ニュースをみたのが午前11時頃。ちょうど午後1時から取材が入っていたので、そこで実際に試してみることになった。というわけで、アプリ公開から24時間以内のスピードレビューをお届けする。

1 2

その他の記事

お掃除ロボットが起こした静かな革命(名越康文)
(1)上達し続ける人だけがもつ「謙虚さ」(山中教子)
なぜ昔の絵本はロングセラーであり続けるのか?(岩崎夏海)
海のノマドの起源を求めて台湾山岳民族の村を訪ねる(高城剛)
ようこそ、あたらしい体験「サウンドメディテーション」へ(高城剛)
元は取れるのか!? 定額衣装レンタル「bemool」を試してみた(小寺信良)
「古いものとあたらしいものが交差する街」に感じる物足りなさ(高城剛)
3.11、iPS誤報問題で変わる、科学とのかかわり方(津田大介)
ヨーロッパ最大の放送機器展でこれから来る欧州の冬を想像する(高城剛)
「モテる人」が決して満足できない理由(岩崎夏海)
ご報告など:いままで以上に家族との時間を大事にすることにしました(やまもといちろう)
「天才はなぜチビなのか」を考えてみる(名越康文)
先端医療がもたらす「あたらしい人類」の可能性に思いを馳せる(高城剛)
立憲民主党の経済政策立案が毎回「詰む」理由(やまもといちろう)
夏の終わりに不老不死の可能性を考える(高城剛)

ページのトップへ