藤沢数希
@kazu_fujisawa

週刊金融日記 第297号【世界最大のビットコイン市場であるビットフライヤーのBTC-FXを完全に理解する、法人税率大幅カットのトランプ大統領公約実現へ他】

藤沢数希のメルマガ『週刊金融日記』第297号(2017年12月18日発行)より、冒頭部分をお届けします。

 
〘第297号 目次紹介〙
/ 週刊金融日記
// 2017年12月18日 第297号
// 世界最大のビットコイン市場であるビットフライヤーのBTC-FXを完全に理解する
// 法人税率大幅カットのトランプ大統領公約実現へ
// 東麻布でラムチョップとワイン
// Airbnb民泊を利用してのクロージング
// 他
 
 こんにちは。藤沢数希です。

 先日は、メルマガのスピンオフ小説の『ぼく愛』のドラマ化決定をお知らせすることができました。もう撮影はだいたい終わったようですね。僕も見るのを楽しみにしています! 12月28日(木)深夜0:20からテレビ朝日で放送です。

★なかなかいい感じの脚本にしてくれました。それにしても漫画化も女性作家でこちらも女性の脚本家です。小説の編集者も女性です。恋愛工学は女性たちから目の敵にされているはずなんですが……。

 そして、まぐまぐ大賞2017恋愛部門で素晴らしい賞をいただきました! いつも言っていますが、恋愛工学は決して僕だけの力でいまの形になったわけではありません。メルマガ購読者の皆様と金融日記恋愛工学研究所のスタッフ、共同研究者の方々との共同作業によって成されたものです。これからもこの素晴らしいコミュニティを盛り上げていきましょう!

●まぐまぐ大賞2017 恋愛部門『週刊金融日記』
http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/category/love.html

 今週も面白い投稿がいくつもあります。見所は以下のとおりです。

―将来性があるアルトコインはどれでしょうか
―村上春樹ルーティーンのフィールドレポート
―インスタ映えして家アポにも使えるシャンパン鍋のススメ
―18歳の女子大生と食事するのですがアドバイスお願いします
―飲食店の看板娘から連絡先を渡されたのですが自分からアポを取る方がいいですか
―金を稼ぐことに集中したら体重激増で女性に対しても億劫に
―ホテルに誘うのが難しいときにAirbnb民泊を
―2017年に読んだ本の中でよかったものをご教示ください

 それでは今週もよろしくお願いします!

 

1.世界最大のビットコイン市場であるビットフライヤーのBTC-FXを完全に理解する

 よく日本は世界最大の仮想通貨大国だと言われる。いくつかの統計データで、世界のビットコイン取引高の約半分が対日本円であるからだ。一方で、他の統計を見ると、日本は大したことがなかったりする。どうしてまったく違う統計が出てくるのだろうか? それは、じつは日本の最大手の仮想通貨取引所であるビットフライヤーのBTC-FXを統計に含めるかどうかで、まるで景色が違うからだ。このBTC-FXを含めると、日本は世界最大の仮想通貨大国になるし、入れなければアメリカや韓国と似たような規模になる。このFXを仮想通貨に含めるとすると、日本の取引高のなんと7割程度が、ビットフライヤーのBTC-FXということになる。

 仮想通貨の世界の怪物プロダクトである。

●ビットコインの国別取引高(CryptoCompare)
https://www.cryptocompare.com/coins/btc/analysis/JPY

●bitFlyer 世界を変えるコイン。ビットコインはビットフライヤー
https://bitflyer.jp?bf=qrnsepru

 このBTC-FXというのがどういう仕組で動いているのか理解している人は驚くほど少ない。ちょうどいい金融商品の勉強になるので、ここで徹底解説しておこう。

【BTC-FXとは何か?】

 これはビットフライヤー内の取引所で取引されるビットコイン現物の価格に連動することを目的に作られた、ある種のデリバティブである。つまり、ビットフライヤーが提供する、ビットコインという仮想通貨の仮想の金融商品だ。要は仮想通貨でも何でもなく、ビットフライヤー内でのみ売買される金融商品なのだ。

 主な特徴は、差金決済であり、15倍までレバレッジが掛けられるということだ。ここで差金決済、証拠金、レバレッジ、スワップポイントという言葉を完全に理解しよう。

・差金決済

 
(続きは藤沢数希のメールマガジン『週刊金融日記』第297号にてお読みください)

 

 

藤沢数希のメルマガはこちら

藤沢数希のメールマガジン『週刊金融日記』


【料金】 864円(税込)/月 <初回購読時、1ヶ月間無料!>
【発行周期】 月4回以上配信(毎週日曜日配信予定)

藤沢数希が政治、経済、ビジネス、そして恋愛工学について毎週メルマガをお届けします。不特定多数が閲覧するブログ『金融日記』では書けないディープで具体的なお話が満載。マネーと恋愛に関する経済分析、法律論、リスクマネジメントを中心に情報をお届けします。



藤沢数希・著『損する結婚 儲かる離婚』

男女双方とも、簡単に全財産以上の金額が吹っ飛ぶのが結婚という金銭契約です。 「結婚はデリバティブ取引と同じでゼロサムゲーム。こと金に関しては夫婦は食うか食われるかの関係にある」。金融工学と恋愛工学について研究を重ねてきた藤沢数希が、適切な結婚相手の選び方を具体的なケースを元に解き明かす!

藤沢数希
理論物理学、コンピューター・シミュレーションの分野で博士号取得。欧米の研究機関で教鞭を取った後、外資系投資銀行に転身。以後、マーケットの定量分析、経済予測、トレーディング業務などに従事。また、高度なリスクマネジメントの技法を恋愛に応用した『恋愛工学』の第一人者でもある。月間100万PVの人気ブログ『金融日記』の管理人。

その他の記事

「政治メディア」はコンテンツかプラットフォームか(津田大介)
ITによって失ったもの(小寺信良)
ヘヤカツで本当に人生は変わるか?(夜間飛行編集部)
フースラーメソード指導者、武田梵声の大阪講演2017開催決定!(武田梵声)
縮む地方と「奴隷労働」の実態(やまもといちろう)
実際やったら大変じゃん…子供スマホのフィルタリング(小寺信良)
気候変動や環境毒のあり方を通じて考えるフェイクの見極め方(高城剛)
「編集者悪者論」への違和感の正体(西田宗千佳)
週刊金融日記 第295号【ビットコインで儲けたお金をベンチャー企業につっこもう、米国法人税率20%が実現すれば空前の好景気が到来する他】(藤沢数希)
米朝交渉を控えた不思議な空白地帯と、米中対立が東アジアの安全保障に与え得る影響(やまもといちろう)
フリーランスで働くということ(本田雅一)
最近ハゲ関連が熱い、あるいは新潟日報と報道の問題について(やまもといちろう)
親野智可等さんの「左利き論」が語るべきもの(やまもといちろう)
絶滅鳥類ドードーをめぐる考察〜17世紀、ドードーはペンギンと間違われていた?(川端裕人)
信仰者の譲れない部分(甲野善紀)
藤沢数希のメールマガジン
「週刊金融日記」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回以上配信(毎週日曜日配信予定)

ページのトップへ