やまもといちろう「人間迷路」

目的がはっきりしないまま挑戦する人の脆さと凄さ

やまもといちろうさんのメルマガ「人間迷路」Vol.110<野菜ジュースやトクホ飲料報道に見る東洋経済オンライン好調のウィークポイントと、LINEが頑張っていろんなことをやっている事業のフォローアップの回>より

私が言うのもなんですが、最近はアジア進出に力を入れている会社が身の回りに多く、シンガポールだベトナムだといろんなところを飛び回っているビジネスパーソンの方々の精力的な活動には頭が下がります。

一方で、ビジネスの成長に目がくらんでしまったのか、自社の国内事業の伸び鈍化を回避するために無理矢理アジアでのビジネスに打って出る人も含めて、国内でパッとしないのであまりこれといった目論見なくアジア進出を決めてしまう人も散見されます。

いや、行けば行ったで何かある可能性がありますから、それは否定しないのですよ。異国の地でチャンスを掴んで、ドーンとビジネスをやるも良し、現地と日本の架け橋になるも良し。ただ、例えばシンガポールに進出したとして、向こうだってもうそれなりのビジネスセンターになっていて、いろんなものが決めごともあるし、物価も高く、簡単ではない場所です。

そこへ、それほど上手くもない英語と固まっていないビジネスプランを引っ提げて、無理に先方ににじり寄るビジネスパーソンの姿を見ると、この人はいったい何を考えて現地に行っているんだろうと思うときがあります。仕事を作るために積極的になっているのは分かりますが、あるときいきなりメールを送ってきて「こっちは人件費が安いので開発のビジネスを云々」という話が新設したシンガポール法人の話だったときはのけぞりました。シンガポールでまともな技術者雇うとなると、下手したら日本より高い資金が必要になるんじゃないですか。

あるいは、ベトナムだフィリピンだインドネシアだといって、SOHOやノマドレベルの個人事業ならともかく現地の人たちと法人作って、でも金がないので出資つけてくれという依頼がきたりするとびっくりします。さすがに無理でございましょう。

踏み切って冒険するのはいいことだと思いますし、致命傷にならないコケ方をできる人は尊敬します。優れた人であれば、どのような社会でも生き残っていくのでありましょう。一方で、資金を使い人を雇ってビジネスをするのだと言うときには、最低でも相手の国情に関する理解と自分がやりたいことの整理ぐらいはしっかりとしてから現地に根を下ろしに行って欲しいと思います。

最後には、現地にいる成功した日本人の使い走りみたいになって、日本法人の脱税のお手伝いのような真似をするビジネスパーソンもいますし、現地は税金が安いので云々などと言って結果として日本よりはるかに割高な生活費を払ってカツカツになっている人たちを見ると、とても微妙な気持ちになるわけですよ。いったい何のためにアジアに進出したのか、初心に戻って考えて欲しいと思うことはたくさんあります。

経済成長著しいアジアの活力を取り込もうという姿勢はとても大事なことなので、多くの果実が現地の人たちと分け合える仕組みができればいいなと心から思います。

 

やまもといちろうメルマガ「人間迷路」Vol.110

<<野菜ジュースやトクホ飲料報道に見る東洋経済オンライン好調のウィークポイントと、LINEが頑張っていろんなことをやっている事業のフォローアップの回>

187A8796sm

目次
【0. ヘッドストーリー】目的がはっきりしないまま挑戦する人の脆さと凄さ
【1. インシデント1】好調・東洋経済オンラインが陥った微妙すぎる話
【2. インシデント2】一挙に大量のサービスを発表したLINEの現状を見直してみる
【3. 特別対談その2:おかわり】茂木健一郎×山本一郎 『小保方問題、ネトウ
ヨとの絡み方などなどについて茂木健一郎さんに直接ツッコミを入れてみた』(6/5)
【4. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A

「人間迷路」のご購読はこちらから

やまもといちろう
1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる。統計処理を用いた投資システム構築や社会調査を専門とし、Aetas株式会社エグゼクティブ・プロデューサー、東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員、東北楽天ゴールデンイーグルス育成・故障データアドバイザー、株式会社データビークルプロデューサーなど現任。東京大学と慶應義塾大学とで組成される「政策シンクネット」の高齢社会研究プロジェクト「首都圏2030」の研究マネージメントを行うなど、社会保障問題や投票行動分析に取り組む。「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

「自己表現」は「表現」ではない(岩崎夏海)
「反日デモ」はメディアでどう報じられ、伝わったか(津田大介)
まだ春には遠いニュージーランドでスマホ開発の終焉とドローンのこれからを考える(高城剛)
「キモズム」を超えていく(西田宗千佳)
なぜ僕は自分の作品が「嫌」になるのか–新作『LAST KNIGHTS / ラスト・ナイツ』近日公開・紀里谷和明が語る作品論(紀里谷和明)
「自由に生きる」ためのたったひとつの条件(岩崎夏海)
スマホVRの本命「Gear VR」製品版を試す(西田宗千佳)
最近ハゲ関連が熱い、あるいは新潟日報と報道の問題について(やまもといちろう)
なぜこれほど本は売れなくなったのか(岩崎夏海)
ピダハンから考える信仰における「ほんとう」について(甲野善紀)
在宅中なのに不在票? 今、宅配業者が抱える問題(小寺信良)
今後20年のカギを握る「団塊の世代」(岩崎夏海)
なかなか技あり、行列を緩和する「イベントアプリ」(西田宗千佳)
「科学」と「宗教」、あるいは信仰における「公」と「私」(甲野善紀)
辻元清美女史とリベラルの復権その他で対談をしたんですが、話が噛み合いませんでした(やまもといちろう)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ