小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

在宅中なのに不在票? 今、宅配業者が抱える問題

※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2014年12月19日 Vol.015 <今年を振り返ったら一回転しちゃって前向いた>より

091211

今週AV WatchのレビューでパナソニックのDMC-LX100を取り上げたのだが、もうそろそろ4K映像の確認用にうちにも4Kテレビがあったほうがいいなということで、同社の4Kテレビを発注した。40インチのAX700という、現時点で最安の4Kテレビである。隅が暗いとか色々言われてはいるが、まだこれから機能向上や値下がりが期待できる中、4K映像確認用としてのモニターに今から高額な出費は控えたいというところで、まあイイ線なんじゃないかと思っている。まだこれから今のテレビの老朽化に伴って、4Kテレビは何台か買うことになるわけだし。

で、火曜日に届くというので原稿を書きながら待っていたのだが、なかなか来ない。18時10分にようやく佐川急便のトラックが到着し、さあ来るかなと玄関内で待機していたのだが、一向にチャイムが鳴らない。あれ、うちじゃなかったのかなと小雨降る中表に出てみたら、すでにトラックの姿はなく。ついでに郵便受けを除くと、なんと不在票が。時間は18時10分となっている。まさに「今」だ。

チャイムが調子悪かったのかと思い、自分でピンポンしてみたところ、ちゃんと鳴る。なんだろうと思って、不在票に書かれたドライバーの電話番号に数回かけてみるが、出ない。イヤな予感がしたので、事業所のほうにかけてみた。

家で待機していたのに、チャイムを鳴らさず不在票が残されていた件、ドライバーに数回電話するも出ない件などを説明し、事業所から連絡を取ってもらうことにした。配送日時についてはまた折り返し電話するという。

するとおよそ5分後に、電話連絡もなくさっきトラックがテレビを届けに来た。伝票にハンコを押すと、すごいスピードで去って行った。一体何だろうとネットで色々聞いてみたところ、どうもドライバーによっては、運ぶのが面倒なものは不在ということにして持ち帰り、翌日の再配達担当者に回すというサボリのテクニックがあるんだそうだ。同じような経験がある人も数名あった。

火曜日は寒い上に雨も降っていたし、重さも10数キロあるものなので、まあ一人で運ぶのは面倒かもしれない。期日指定してあったわけではないので、「すいません今日は配送が一杯なので明日でもいいですか」と言われれば、こちらも鬼ではない。まあしょうがないですねえ明日でもいいですよ、と言う用意はあったのだが、ズルはダメだ。

おそらくこんなズルが通用するのは、会社の労働体系に問題があるのだろう。しかも長らく改善もされないということは、営業所も知ってて黙認ということか。まさに末端から腐っている真っ最中という状況なのかもしれない。小物を持ってきてくれる外部委託のドライバーは良心的なのに、社員ドライバーがこれでは、信用は下がる一方だ。

 

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2014年12月19日 Vol.015 <今年を振り返ったら一回転しちゃって前向いた号>目次

01 論壇(小寺)
今年来たもの・来なかったもの
02 余談(西田)
JPEG代替?!「BGP」とはなんぞや
03 対談(小寺)
PTAとは一体何か (2)
04 過去記事アーカイブズ(小寺)
ウォークマンが創ったライフスタイル
05 ニュースクリップ(小寺・西田)
06 今週のおたより(小寺・西田)
12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。

 

ご購読・詳細はこちらから!

その他の記事

スマートフォンの時代には旅行スタイルもスマートフォンのような進化が求められる(高城剛)
週刊金融日記 第274号 <小池百合子氏の人気は恋愛工学の理論通り、安倍政権の支持率最低でアベノミクスは終焉か他>(藤沢数希)
ソニー復活の秘密(本田雅一)
『冷え取りごはん うるおいごはん』で養生しよう(若林理砂)
恥ずかしげもなくつまみをめいっぱい回せ! Roland「JC-01」(小寺信良)
ぼくがキガシラペンギンに出会った場所(川端裕人)
宗教学たん執筆の記事とメルマガ『寝そべり宗教学』について(夜間飛行編集部)
迂闊に「学んで」はいけない–甲野善紀技と術理 2017「内腕の発見」(甲野善紀)
今週の動画「顔面へのジャブへの対応」(甲野善紀)
某既婚女性板関連でいきなり情報開示請求が来た件(やまもといちろう)
これから「研究者」がマイノリティになっていく?(家入一真)
「本気」という無意識のゴンドラに乗るために(名越康文)
驚きとは、システムのほころびを愛でること(名越康文)
信仰者の譲れない部分(甲野善紀)
「スターウォーズ」最新作は台北のIMAXシアターで観るべし(高城剛)

ページのトップへ