城繁幸
@joshigeyuki

期間限定公開! 新刊『「10年後失業」に備えるためにいま読んでおきたい話』

【第5話】オープン戦

cover_0605

6月20日発売! 『「10年後失業に備えるためにいま読んでおきたい話』(城繁幸 著)

取り扱い書店一覧

amazonで買う

<これまでのお話>

プロ野球史上初の〝終身雇用球団〞連合ユニオンズへの出向を命じられた総務畑ひとすじのサラリーマン山田明男(45歳)。

宮崎でのキャンプはメディアからも注目を集めるが、ベテラン勢の間ではトレーニングのサボりが目立ち始めた。いよいよ新生ユニオンズはじめての実戦であるオープン戦が始まろうとしていた――。

 

第1話 日本型雇用の未来は君の肩に……

第2話 波乱の記者会見

第3話 見よ、あれがユニオンズの星だ!

第4話 キャンプイン――静かな戦いの始まり

第5話 オープン戦

 

キャンプがスタートして3週間ほど経過した。すでにスポーツ紙やテレビの記者たちはあらかたのチームを一回りし終え、だいたいの仕上がりを確認している。ユニオ ンズ管理部長の山田も、仕事柄、他球団の仕上がりには興味があるので、いろいろと記者を捕まえては情報収集している身だ。

「どうです?  今年のセリーグ優勝予想は」

もちろん、お世辞でもいいからユニオンズと言って欲しいのだが、現実はそう甘くはない。この道10年以上のベテラン記者たちの評価はほぼ一致していた。

「本命は巨人か中日。ダークホースで若手の多い阪神だね。この3つでまず決まりだろう」

「じゃ、じゃあ4位は?」

「うーん、カープかな」

「いや、俺は、良い助っ人を採ってきたヤクルトだと思うね」

「あの......じゃあ逆に聞きますけど、最下位はどこでしょうか?」

「そりゃあユニオンズだよ」

「そうそう。元から弱いくせに、そこから主力がごそっと抜けてるじゃん。勝てるわけがないよね」

という具合に、各記者とも「セリーグの最下位はユニオンズ」ということで一致している。自然、メディアの論調もユニオンズには冷たいものが多かった。

だが、2月下旬になり、オープン戦がスタートするや、状況は一変した。オープン戦初戦のソフトバンク戦、ユニオンズは双方合わせて10本の本塁打が飛び交う乱打戦を制し初勝利。その後の他球団とのオープン戦も6勝1敗1分けと大きく勝ち越したのだ。

特に4番中森はこの8戦だけで3本塁打12打点の活躍で、全盛期以上の仕上がり具合を見せつけている。

 

1 2 3 4
城繁幸
人事コンサルティング「Joe's Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』等。

その他の記事

まだ春には遠いニュージーランドでスマホ開発の終焉とドローンのこれからを考える(高城剛)
自分の心を4色に分ける——苦手な人とうまくつきあう方法(名越康文)
世界を息苦しくしているのは「私たち自身」である(茂木健一郎)
『マッドマックス 怒りのデスロード』監督ジョージ・ミラーのもとで働いた時のこと(ロバート・ハリス)
身近な人に耳の痛いアドバイスをするときには「世界一愛情深い家政婦」になろう(名越康文)
温泉巡りで気付いた看板ひとつから想像できる十年後の街並み(高城剛)
「自信が持てない」あなたへの「行」のススメ(名越康文)
仕事とは「何を」するかではなく「どう」するかだ(岩崎夏海)
「新聞を読んでいる人は、政治的、社会的に先鋭化された人」という状況について(やまもといちろう)
アマゾンマナティを追いかけて〜赤ちゃんマナティに授乳する(川端裕人)
11月に降り積もる東京の雪を見ながら(高城剛)
得るものがあれば失うものがある(甲野善紀)
「ノマド」ってなんであんなに叩かれてんの?(小寺信良)
極めてシンプルでありながら奥が深いシステマ小説(西條剛央)
正しい苦しみ方(岩崎夏海)
城繁幸のメールマガジン
「『サラリーマン・キャリアナビ』★出世と喧嘩の正しい作法」

[料金(税込)] 324円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第2第4金曜日配信予定)

ページのトップへ