天野ひろゆき
@1ribottiamano‎

キャイ〜ン天野ひろゆき×千秋特別対談!!

「芸能人になる」ということ–千秋の場合

※この対談は天野ひろゆきさんのメールマガジン「天野人語~メルマガでしか言えない話~」に掲載されたものです。

 

「なんでこの人達、テレビに出ていないんだろう?」

天野:いつぐらいからですか? 我々の出会いは?

千秋:私が松村邦洋さんとラジオに出たんだよね。

天野:ラジオブロンクス(ニッポン放送)ね!

千秋:私がその番組にゲストで出た時に、ちょうど奥山佳恵ちゃんとかキャイ~ンがいたんだよ。話がすっごい面白くて。「この人達、こんなに面白いのに何でテレビに出ていないんだろう?」って思ったんだけど、ウドちゃんの顔見て「あぁ!テレビ出れない」って(笑)。

天野:アッハッハ(笑)、「こんな顔だからこの人たちはラジオしか出れないんだ!」ってww

千秋:でもその何ヶ月か後にテレビ局で天野くんを見て、「ええ!なんでテレビ局にいるの!?テレビ出れるんだ!」って思ったんだよ!(笑)

天野:(笑)あれから何年よ、もう?20年?それからまたウリナリで会うまではまた全然会わなかったよね。

千秋:何年か間が空いたよね。2、3年くらいだったかな?

 

小学校6年の文集に「芸能人になりたい!」と書いた

天野:それであなたは、どうやってデビューしたの? これきっと読んでいる人たちさ、どういう経緯で千秋が芸能人になったか気になってると思う。

千秋:フジテレビの『ゴールドラッシュ』っていうオーディション番組で優勝したの。1回目の大会で優勝。

天野:その時は何のコネもないド素人だったの?

千秋:そうだよ。

天野:へえ、そもそもアナタは何で芸能人になったの?

千秋:小学校6年の時、文集に「芸能人になりたい!」って書いていて……

天野:本田がセリエAに入るって書いてたのと一緒だ!

千秋:そう、新庄がメジャーリーガーになりたいって言ってたのと一緒!友達に見せたら笑われたから「絶対なる!」って思って、中学生の時とかクラスでモノマネとかやったり、中3くらいからバンドをはじめて、高校の3年間もずっとバンドやってた。でも別にスクールでレッスンを受けたこともなくて。で、気が付いたら親から就職活動をしなさいって言われて・・・。実はオーディションを受
ける前に、もう就職は決まってたの。

天野:どういうこと?

千秋:「もう絶対にタレントになるんだ!」って自分のなかでは決めてたんだけど。短大2年の夏くらいに就職活動全然しなくて、親が家族会議をひらいたんだよね。

それで「何をやりたいんだ、お前は?」って聞いてくるから、 「歌手になりたいって言ってんじゃん!」って話したら、「まだそんなこと言ってんのか!」って。

天野:怒られたと ww それはお父さんから?

千秋:うん、お父さん。「お前が昔からそう言っているのは知ってるけど、土日に趣味でやればいい!」って。

天野:アッハッハ(笑)!週末歌手?

千秋:「バンドやってる奴はお父さんの会社にもいるよ」って。普段働いて土日だけ趣味でバンドやればいいんだって。でも私は「プロになりたいんだもん!」って言ったら、「それは何万に1人しかなれないことだから、就職活動しなさい」って。お母さんも「リクルートスーツ買ってあげるから」って。

天野:うんうん。

1 2 3
天野ひろゆき
1970年3月24日生まれ。愛知県岡崎市出身。お笑いコンビ「キャイ~ン」のツッコミおよびネタ作り担当。 相方はウド鈴木。本名、天野 博之(読み同じ)。愛称は天野っち(アマノッチ)。浅井企画所属。愛知教育大学附属高等学校、日本大学国際関係学部国際文化学科(現・国際教養学科)卒。テレビ・ラジオ番組出演多数。1990年代後半の日本テレビ黄金時代を代表する番組「ウッチャンナン チャンのウリナリ!!」のレギュラー出演者で、同番組内の企画ユニット「ブラックビスケッツ」で、紅白出場も果たす。

その他の記事

イベントの「行列待ち」に解決方法はあるのか(西田宗千佳)
21世紀のスマートトラベラーは天候のヘッジまで考えなければいけない(高城剛)
東京オリンピックを痛快に破壊 ――アナウンサー吉田尚記は なぜ”テロ計画” を考える?(宇野常寛)
「相場下落」の冬支度、なのか(やまもといちろう)
台湾から感じるグローバルな時代の小国の力(高城剛)
2015年買って良かった4つの製品(西田宗千佳)
動物園の新たな役割は「コミュニティ作り」かもしれない(川端裕人)
衆院選2017 公示前情勢がすでにカオス(やまもといちろう)
「常識の毒」を薬に変える(名越康文)
競争社会が生み出した「ガキとジジイしかいない国」(平川克美×小田嶋隆)
「本質を学ぶ場所」を作る(西條剛央)
ようこそ、あたらしい体験「サウンドメディテーション」へ(高城剛)
「見て見て!」ではいずれ通用しなくなる–クリエイターの理想としての「高倉健」(紀里谷和明)
アングラ住人たちが運営する「裏の名簿業者」の実態(スプラウト)
ワタミ的企業との付き合い方(城繁幸)
天野ひろゆきのメールマガジン
「天野人語~メルマガでしか言えない話~」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(水曜日配信予定)

ページのトップへ