天野ひろゆき
@1ribottiamano‎

キャイ〜ン天野ひろゆき×千秋特別対談!!

「芸能人になる」ということ–千秋の場合

 

「私がファン第一号になる!」」

天野:それからフジテレビを中心にいろいろな番組に出てたの?

千秋:半年から1年はレッスンばかりしてたかな。「優勝者を集めてグランドチャンピオン大会をやろう」ていう話にはなってたけど、まだ優勝者を実際にどんな番組に出すかとかは決まってなかった。だから3月31日まで就職は断ってなかった。

天野:いつでも働けるようにね。

千秋:フジテレビの人に「私、芸能人になれるんですか?」って聞いて。「事務所が決まらないとなれない」って言われたから、「なれないんだったら、どうにかしてください」って。

天野:しっかりしてんなぁ。

千秋:そうしたら、フジテレビの人が「とにかく内定を断ってきなさい」って言ってくれたから「言いましたね!じゃあ、芸能人になれるんですよね!」ってやりとりがあったね。

天野:こわー(笑)

千秋:3月31日に就職先に行ったの。ちょうど「明日から頑張ろう」という壮行会をやる日だったんだけど、とにかく社長に全部正直に話したの。そしたら「偉い!」って言ってくれた。その時、みんな内定いっぱいもらってて電話一本でやめる人ばっかりだったから。

天野:わざわざ来たのは「偉い!」と。

千秋:「見上げたもんだ、偉い!」と言われて、「壮行会に一緒に出なさい」って言ってくれて。

天野:応援してくれたんだ!

千秋:同じ時に入社する予定だった人たちが10人くらいいたんだよね。そのみんなでご飯を食べて、社長が最後の挨拶で「明日からここにいる新入社員○○人のうち一人が芸能界に行くそうなので、私がファン第一号になる!」って言って
くれた。

天野:すごい、いいじゃん!

千秋:で、その一人以外は明日から頑張ろう!って。それで、その会社とはサヨナラした。

天野:その会社はまだあるの?

千秋:多分あると思う。この間調べたらあった。

天野:すげーなあ。

 

同じ世界に入ったからには「ファンなんです!」は失礼だと思う

千秋:それで半年位レッスンみたいなものがあって、グランドチャンピオン大会があって今の事務所が手を挙げてくれて入ったの。

天野:そこに入ってから、タレントとして仕事が入りだしたんだ。

千秋:まず、フジテレビの仕事が、『ウゴウゴルーガ』とか『ノンタン』とか深夜番組とかが決まって。そこで松村邦洋さんとかに初めて会うんだけど。

天野:それで色々やっていたうちの、その中の一つとしてラジオに来て俺たちと会うんだ!

千秋:そう、奥山佳恵ちゃんのラジオだから、本当に1年目の時だと思う。

天野:日曜の8時ってラジオ誰も聞いてない番組だけどね(笑)

千秋:そうなの!?で、そこでウドちゃん見て。

天野:あ、芸能界出れない人だ!って思ったんだ(笑)憧れの芸能界に入ってどうだった?

千秋:うーん。

天野:会いたい人とかいたんじゃない?

千秋:会いたい人とかはいなかった。

天野:あ、そうなんだ。

千秋:同じ世界に入ったからには、「ファンなんです!」とか「会いたい!」っていうのは失礼だと思う。

天野:なんのプライドだ!アッハッハ(笑)聖子ちゃんとか好きじゃん。

千秋:聖子ちゃんは確かに好きだけど、今まで会ったことないのね。本番中に同業者として「ファンなんです」っていうのは、ネタだったらいいけど、本気はダメだよね。楽屋に行って「ファンなんです!」みたいなのは絶対ダメだと思う。

天野:自分の中で線引きしてるんだね。それで、俺たちと会って今になってると。

千秋:それで、ウリナリでがっちり一緒に仕事するようになったね!

 

天野ひろゆきさんのメールマガジン「天野人語~メルマガでしか言えない話~

33-1お笑い芸人の、天野ひろゆきが編集長の公式メルマガです。ウドさんの絶え間無いボケを全て引き受ける天野さんのツッコミ目線を生かし、編集長自ら新しい事を学んだり、旬な人と対談したり、ビジネスの事などを語ります。そして、読者からの相談にも乗ります。メルマガは紙面に制限が無いので、テレビやラジオでは考えられない位、じっくりと深い内容となっています。

詳細・ご購読はこちら
http://yakan-hiko.com/amano.html

1 2 3
天野ひろゆき
1970年3月24日生まれ。愛知県岡崎市出身。お笑いコンビ「キャイ~ン」のツッコミおよびネタ作り担当。 相方はウド鈴木。本名、天野 博之(読み同じ)。愛称は天野っち(アマノッチ)。浅井企画所属。愛知教育大学附属高等学校、日本大学国際関係学部国際文化学科(現・国際教養学科)卒。テレビ・ラジオ番組出演多数。1990年代後半の日本テレビ黄金時代を代表する番組「ウッチャンナン チャンのウリナリ!!」のレギュラー出演者で、同番組内の企画ユニット「ブラックビスケッツ」で、紅白出場も果たす。

その他の記事

iPhone6の画面サイズにみる「クック流Apple」の戦略(西田宗千佳)
除湿、食事、温灸……梅雨時のカラダ管理、してますか?(若林理砂)
『我が逃走』は日本版ハードシングス?(家入一真)
映像製作とカンナビス・ビジネスが熱いロサンゼルス(高城剛)
週に一度ぐらいはスマートフォンを持たず街に出かけてみよう(名越康文)
あれ? これって完成されたウエアラブル/IoTじゃね? Parrot Zik 3(小寺信良)
国が“氷河期世代”をなんとかしようと言い出した時に読む話(城繁幸)
国会議員は言うほど減らすべきか?(やまもといちろう)
中国からの観光客をひきつける那覇の「ユルさ」(高城剛)
ハードウェア事業を見据えたアップルのしたたかなプラットフォーム戦略(本田雅一)
インド最大の都市で感じる気候変動の脅威(高城剛)
iPad Proは何をどうしようとしているのか(小寺信良)
無風と分裂の横浜市長選2017、中央が押し付ける「政策」と市民が示す「民意」(やまもといちろう)
【第6話】闘志なき者は去れ(城繁幸)
大きく歴史が動くのは「ちょっとした冗談のようなこと」から(高城剛)
天野ひろゆきのメールマガジン
「天野人語~メルマガでしか言えない話~」

[料金(税込)] 660円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(水曜日配信予定)

ページのトップへ