天野ひろゆき
@1ribottiamano‎

キャイ〜ン天野ひろゆき×千秋特別対談!!

「芸能人になる」ということ–千秋の場合

 

「私がファン第一号になる!」」

天野:それからフジテレビを中心にいろいろな番組に出てたの?

千秋:半年から1年はレッスンばかりしてたかな。「優勝者を集めてグランドチャンピオン大会をやろう」ていう話にはなってたけど、まだ優勝者を実際にどんな番組に出すかとかは決まってなかった。だから3月31日まで就職は断ってなかった。

天野:いつでも働けるようにね。

千秋:フジテレビの人に「私、芸能人になれるんですか?」って聞いて。「事務所が決まらないとなれない」って言われたから、「なれないんだったら、どうにかしてください」って。

天野:しっかりしてんなぁ。

千秋:そうしたら、フジテレビの人が「とにかく内定を断ってきなさい」って言ってくれたから「言いましたね!じゃあ、芸能人になれるんですよね!」ってやりとりがあったね。

天野:こわー(笑)

千秋:3月31日に就職先に行ったの。ちょうど「明日から頑張ろう」という壮行会をやる日だったんだけど、とにかく社長に全部正直に話したの。そしたら「偉い!」って言ってくれた。その時、みんな内定いっぱいもらってて電話一本でやめる人ばっかりだったから。

天野:わざわざ来たのは「偉い!」と。

千秋:「見上げたもんだ、偉い!」と言われて、「壮行会に一緒に出なさい」って言ってくれて。

天野:応援してくれたんだ!

千秋:同じ時に入社する予定だった人たちが10人くらいいたんだよね。そのみんなでご飯を食べて、社長が最後の挨拶で「明日からここにいる新入社員○○人のうち一人が芸能界に行くそうなので、私がファン第一号になる!」って言って
くれた。

天野:すごい、いいじゃん!

千秋:で、その一人以外は明日から頑張ろう!って。それで、その会社とはサヨナラした。

天野:その会社はまだあるの?

千秋:多分あると思う。この間調べたらあった。

天野:すげーなあ。

 

同じ世界に入ったからには「ファンなんです!」は失礼だと思う

千秋:それで半年位レッスンみたいなものがあって、グランドチャンピオン大会があって今の事務所が手を挙げてくれて入ったの。

天野:そこに入ってから、タレントとして仕事が入りだしたんだ。

千秋:まず、フジテレビの仕事が、『ウゴウゴルーガ』とか『ノンタン』とか深夜番組とかが決まって。そこで松村邦洋さんとかに初めて会うんだけど。

天野:それで色々やっていたうちの、その中の一つとしてラジオに来て俺たちと会うんだ!

千秋:そう、奥山佳恵ちゃんのラジオだから、本当に1年目の時だと思う。

天野:日曜の8時ってラジオ誰も聞いてない番組だけどね(笑)

千秋:そうなの!?で、そこでウドちゃん見て。

天野:あ、芸能界出れない人だ!って思ったんだ(笑)憧れの芸能界に入ってどうだった?

千秋:うーん。

天野:会いたい人とかいたんじゃない?

千秋:会いたい人とかはいなかった。

天野:あ、そうなんだ。

千秋:同じ世界に入ったからには、「ファンなんです!」とか「会いたい!」っていうのは失礼だと思う。

天野:なんのプライドだ!アッハッハ(笑)聖子ちゃんとか好きじゃん。

千秋:聖子ちゃんは確かに好きだけど、今まで会ったことないのね。本番中に同業者として「ファンなんです」っていうのは、ネタだったらいいけど、本気はダメだよね。楽屋に行って「ファンなんです!」みたいなのは絶対ダメだと思う。

天野:自分の中で線引きしてるんだね。それで、俺たちと会って今になってると。

千秋:それで、ウリナリでがっちり一緒に仕事するようになったね!

 

天野ひろゆきさんのメールマガジン「天野人語~メルマガでしか言えない話~

33-1お笑い芸人の、天野ひろゆきが編集長の公式メルマガです。ウドさんの絶え間無いボケを全て引き受ける天野さんのツッコミ目線を生かし、編集長自ら新しい事を学んだり、旬な人と対談したり、ビジネスの事などを語ります。そして、読者からの相談にも乗ります。メルマガは紙面に制限が無いので、テレビやラジオでは考えられない位、じっくりと深い内容となっています。

詳細・ご購読はこちら
http://yakan-hiko.com/amano.html

1 2 3
天野ひろゆき
1970年3月24日生まれ。愛知県岡崎市出身。お笑いコンビ「キャイ~ン」のツッコミおよびネタ作り担当。 相方はウド鈴木。本名、天野 博之(読み同じ)。愛称は天野っち(アマノッチ)。浅井企画所属。愛知教育大学附属高等学校、日本大学国際関係学部国際文化学科(現・国際教養学科)卒。テレビ・ラジオ番組出演多数。1990年代後半の日本テレビ黄金時代を代表する番組「ウッチャンナン チャンのウリナリ!!」のレギュラー出演者で、同番組内の企画ユニット「ブラックビスケッツ」で、紅白出場も果たす。

その他の記事

持たざるもの、という人生(小寺信良)
知的好奇心の受け皿としての「私塾」の可能性(名越康文)
安倍昭恵女史と例の「愛国小学校」学校法人の件(やまもといちろう)
花見で教えられるこの世の唯一の真実(高城剛)
こ、これは「スマート」なのか? スマートカメラ「IPC-T3710-Q3」が割とやべえ(小寺信良)
「すべては2つ持て」–私の出張装備2015(西田宗千佳)
『つないだ手をはなして』主演川上奈々美さんインタビュー(切通理作)
「高価格による高サービス」にすり替わってしまった「おもてなし」(高城剛)
最近「オタク叩き」の論調がエクストリーム化して理解が非常にむつかしい件(やまもといちろう)
インタラクションデザイン時代の到来ーー Appleの新製品にみる「オレンジよりオレンジ味」の革命(西田宗千佳)
世界的な景気減速見込みで訪れる「半世紀の冬」(やまもといちろう)
高齢の親と同居し面倒をみていますが、自分の将来が不安です(石田衣良)
ネットも電気もない東アフリカのマダガスカルで享受する「圏外力」の楽しみ(高城剛)
津田大介×石田衣良 対談<前編>:メルマガは「アナログ」なメディアである(津田大介)
アナログ三題(小寺信良)
天野ひろゆきのメールマガジン
「天野人語~メルマガでしか言えない話~」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(水曜日配信予定)

ページのトップへ