天野ひろゆき
@1ribottiamano‎

キャイ〜ン天野ひろゆき×千秋特別対談!!

「芸能人になる」ということ–千秋の場合

タレントじゃなかったらデザイナーになりたかった

千秋:そんなテンションだったんだけど、その時は青田買いっていうか、ちょこちょこと就職活動しただけで、すぐに決まったの。パッケージのデザイン会社に。

天野:まあ、就職もよかったからね、俺らの時は。デザイン系やりたかったんだ。

千秋:タレントじゃなかったらデザインって思ってた。

天野:一応興味あることやってみようとしたわけでしょ。結局、千秋の場合は、やりたいことが明確に早めに決まってたんだよね。やりたいことすら決まってない人もいるのに……。それで、就職が決まったわけだけど、そこからどうしたの?

千秋:あとは半年大学を遊んで卒業するだけだって親も思ってて。私も一瞬「そうだ、半年遊べる!」って思ったんだけど、「おかしいな、このままだと4月からOLになっちゃうんだ」って思って。

天野:会社員になっちゃうな、このままいったらやばいと。

千秋:でね、そのとき8月の終わり頃に、田中律子さんが出ていたフジテレビのオーディション番組のCMがいっぱい流れてたの。田中律子ちゃんが「歌手になりたい君!待ってるよ!」って。

天野:「あっ! あたしに言ってるじゃん!」って思ったんだww

千秋:そう。それで、余ってた履歴書があったの。

天野:あー、そうね。就職用にいっぱい持ってたのもあったから。

千秋:初めの数社を受けて決まっちゃったから、余ってたの。だから、写真だけ普段の写真に変えて、履歴書の内容はほとんど一緒で、最後に「絶対歌手になりたいです!」みたいなこと書いて送ったの。

天野:熱い想いを書いて、そしたらフジテレビから……。

千秋:第一次審査通りました! 東京の審査に来ます?って返事があった。でも、親にはずーっと黙ってた、お母さんに怒られるから。

 

「50万円あげるから棄権しなさい」と母は言った

天野:親に内緒だったの、オーディション受けたのは?

千秋:黙って受けてた。でも「次も受かりました!」って。5万人いたんだって。本当かうそかわかんないけど。5万人の中から150人になってた。それでその週のうちに何日か分撮ったんだけど、気がついたら残り10人になっちゃってた。

天野:千秋以外もいた?今もタレントやってる人は一人も残っていなかったの?

千秋:いない、いないけど今まで「実はゴールドラッシュ応募したんですけど、落ちたんですよ」って言われたことは、2、3回ある。

天野:で、10人になって…?

千秋:10人になった時点で「また翌週です」って家に返された。

天野:うん。

千秋:10人になったら流石に親にバレるなって思って……。

天野:自分から切り出したの?

千秋:そう。実は、テレビでやってるオーディションに応募したら10人に残っちゃってって言った。そしたら、お母さんが「え?じゃあ、テレビ出るの?」って、「うん、出るみたい」って答えて。「どうしよう」ってなって、「なんでそんなことしたの!もう就職も決まってたのに!」って。

天野:ああ、就職がダメになっちゃうかもしれないと、お母さんそっちの心配したんだね。

千秋:もう恥ずかしくなって「だって、1位になれば賞金100万円だもん!」って言って。残り10人てことは……

天野:あと9人勝ち抜けば100万円だ。

千秋:「こんなチャンスないよ、だからやりたい」って言ったら・・・「2位だったら何がもらえるの?」って。

天野:お母さんが聞いてきたんだ(笑)

千秋:「2位は0円だよ」って言ったら、「じゃあ、50万円あげるから棄権しなさい。はい、フジテレビに電話して」って。

天野:えー!!

千秋:「賢い選択でしょ、1位じゃなかったら何も貰えないんだから、50万で確実にもらってやめればいいじゃない。って」

天野:なにその裁判で間を取るみたいな和解案を出してきたの。お母さん、お前が意志が強いの知ってるからじゃないの?

 

優勝賞金の行方

千秋:それで、電話を渡されたんだけど「お母さんは私の夢を50万で買うのか!」って抵抗して喧嘩になって、そしたらお父さんも帰ってきたの…

天野:お父さんはなんて言ったの?

千秋:まず、お母さんがどうしようどうしよう、ってパニくってるから。

天野:うん。

千秋:それを収めようとするんだけど、でも、お父さんが「今、無理やり辞めさせたら一生恨まれる」って。「また反抗期になったら嫌だから」って。

天野:ふふふ。

千秋:中学の時は反抗期になってたからねww。「どうせ落ちるんだから自分の足で行かして、落ちたら納得するだろうから行かせれば」ってなった。「その代わり落ちたらきっぱり諦めてちゃんと就職しろ」と。

天野:それで受けたら、千秋が1位だったの?

千秋:うん、優勝したの!

天野:すげー!(笑)良かったね~50万で手を打たなくて。

天野:(優勝賞金の)100万はどうしたかとか覚えてる?親にあげたりしたの?

千秋:優勝した時、聞かれたの、「100万円とったらなにしますか?」って。

天野:それでどう答えたの?

千秋:「郵便局の定額貯金にします!」って。一番利率がいいから。もう10年経ったけど、100万円がかなり増えたんだよ!

天野:有言実行したんだ!

千秋:バブルだったし金利も良かったからね。

天野:ああ、確かに。

千秋:今ないじゃん、そんなの。

1 2 3
天野ひろゆき
1970年3月24日生まれ。愛知県岡崎市出身。お笑いコンビ「キャイ~ン」のツッコミおよびネタ作り担当。 相方はウド鈴木。本名、天野 博之(読み同じ)。愛称は天野っち(アマノッチ)。浅井企画所属。愛知教育大学附属高等学校、日本大学国際関係学部国際文化学科(現・国際教養学科)卒。テレビ・ラジオ番組出演多数。1990年代後半の日本テレビ黄金時代を代表する番組「ウッチャンナン チャンのウリナリ!!」のレギュラー出演者で、同番組内の企画ユニット「ブラックビスケッツ」で、紅白出場も果たす。

その他の記事

生き残るための選択肢を増やそう(前編)(家入一真)
「2分の1成人式」の是非を考える(小寺信良)
「50GBプラン」にして、5G時代のことを考えてみた(西田宗千佳)
「残らない文化」の大切さ(西田宗千佳)
変化のベクトル、未来のコンパス~MIT石井裕教授インタビュー 後編(小山龍介)
低価格なウェアラブルモニター「Vufine」(西田宗千佳)
緊張して実力を発揮できない人は瞬間的に意識を飛ばそう(名越康文)
AV女優だからって、特別な生き方じゃない 『名前のない女たち~うそつき女』サトウトシキ監督インタビュー(切通理作)
週刊金融日記 第279号 <ビットコインはバブルなのか、トランプvs金正恩チキンレースで米朝開戦の危機他>(藤沢数希)
老舗江戸前寿司店の流儀(高城剛)
平昌オリンピック後に急速に進展する北朝鮮情勢の読み解き方(やまもといちろう)
先端医療がもたらす「あたらしい人類」の可能性に思いを馳せる(高城剛)
ご報告など:いままで以上に家族との時間を大事にすることにしました(やまもといちろう)
人はなぜ初日の出に惹かれるのか–数万年の心の旅路(鏡リュウジ)
歴史と現実の狭間で揺れる「モザイク都市」エルサレムで考えたこと(高城剛)
天野ひろゆきのメールマガジン
「天野人語~メルマガでしか言えない話~」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(水曜日配信予定)

ページのトップへ