本田雅一
@rokuzouhonda

メルマガ「本田雅一の IT・ネット直球リポート」より

変化が予測できない時代

※この記事は本田雅一さんのメールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」 Vol.055「改めて考える“ステマ”、“ギフティング”、そして情報の非対称性」(2019年10月27日)からの抜粋です。



Googleは“Sycamore”と彼らが呼ぶ量子コンピューターが、量子超越性を有したと発表して、テクノロジー業界に激震が走りました。彼らの論文によると、一般的なコンピューターであれば数千年かかるとされる処理が、Sycamoreではおよそ3分半ぐらいで計算を終えるというのです。

量子超越性というのは、キュービット(量子ビット)で処理することで、これまでのコンピューターでは解けなかった問題を解けるようになることです。つまり、理論的には優れた量子コンピューターの仕組みが実際に動作して従来型コンピューターを超越することと定義されていて、「早いか遅いか」ではなく「できなかったことができる」ようになるということなのです。

多くの企業が開発を続けている量子コンピューターは、実は米中のテクノロジー開発競争のホットトピックでもあるのですが、その理由は単に優れたコンピューターを持つことになるからだけではありません。量子コンピューターが実用化すると従来のインターネットが丸裸になってしまい、暗号化通信がまったく役立たなくなります。情報化社会において、このことはとても大きな意味があります。

現在のインターネットで使われている暗号化技術、例えば「AES128」などは、暗号を解くための計算量を大きくすることで“事実上、暗号を解く意味がない”状態にするよう設計されています。一般的なコンピューティング技術において、このアプローチは間違っていないのですが、量子コンピューターが実現されると問題を解くことができてしまうため、常識は覆されてしまいます。

耐量子コンピューター暗号という、従来型コンピューターでも扱える量子コンピューターへの耐性がある暗号技術の研究も進んでいますが、処理が重くなるのはもちろん、インターネット全体、社会全体に浸透させるのは容易なことではありません。

今すぐに何かが起きるということではありませんが、何かひとつの技術が実証されると、次々に類似する技術が生まれていくのが世の常です。Googleが成功したとうことは、これからもっと多くの企業が量子超越性を実現させていくでしょう。そしてそれは将来、インターネットセキュリティーをどうするか? という社会的な課題のひとつへとつながっていくでしょう。

もっとも、この話には続きがあります。GoogleがSycamoreの量子超越性を確認するために使った問題を、世界最速のスーパーコンピューターが解くには数千年かかると論文では結論づけられていたようですが、そのスーパーコンピューターを開発したIBMが「その結論は誤りだ」と発表したからです。

IBMはGoogleに対抗して発表したのではなく、またSycamoreの動作が不完全と言いたいわけでもありません。IBMは、そもそも設定された問題を(Summitというコンピューターのアーキテクチャに則って正しくプログラムすれば)量子コンピューターに近い性能で問題解決ができると説明しました。つまり従来型コンピューターでも解決できるのだから、量子超越性とは言えないということですね。

しかし、いずれにしろ量子コンピューターの実用化が見えてきたということは、インターネットにも変化が求められるということです。これから5G社会となって、あらゆるものが通信ネットワークの中に組み込まれていく中、どう世の中が変化していくのか、ワクワクするとともに変化が予測できなくなってきました。


 
(この続きは、本田雅一メールマガジン 「本田雅一の IT・ネット直球リポート」で)
 

本田雅一メールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

2014年よりお届けしていたメルマガ「続・モバイル通信リターンズ」 を、2017年7月にリニューアル。IT、AV、カメラなどの深い知識とユーザー体験、評論家としての画、音へのこだわりをベースに、開発の現場、経営の最前線から、ハリウッド関係者など幅広いネットワークを生かして取材。市場の今と次を読み解く本田雅一による活動レポート。

ご購読はこちら

本田雅一
PCハードウェアのトレンドから企業向けネットワーク製品、アプリケーションソフトウェア、Web関連サービスなど、テクノロジ関連の取材記事・コラムを執筆するほか、デジタルカメラ関連のコラムやインタビュー、経済誌への市場分析記事などを担当している。 AV関係では次世代光ディスク関連の動向や映像圧縮技術、製品評論をインターネット、専門誌で展開。日本で発売されているテレビ、プロジェクタ、AVアンプ、レコーダなどの主要製品は、そのほとんどを試聴している。 仕事がら映像機器やソフトを解析的に見る事が多いが、本人曰く「根っからのオーディオ機器好き」。ディスプレイは映像エンターテイメントは投写型、情報系は直視型と使い分け、SACDやDVD-Audioを愛しつつも、ポピュラー系は携帯型デジタルオーディオで楽しむなど、その場に応じて幅広くAVコンテンツを楽しんでいる。

その他の記事

花盛りとなるステマ関連が見せる地獄の釜の淵(やまもといちろう)
先端医療がもたらす「あたらしい人類」の可能性に思いを馳せる(高城剛)
“美しい”は強い――本当に上達したい人のための卓球理論(下)(山中教子)
NAB2017でわかったHDRのインパクト(小寺信良)
週刊金融日記 第297号【世界最大のビットコイン市場であるビットフライヤーのBTC-FXを完全に理解する、法人税率大幅カットのトランプ大統領公約実現へ他】(藤沢数希)
歴史上もっとも幸運にめぐまれたある駆逐艦の話(甲野善紀)
4K本放送はCMスキップ、録画禁止に?(小寺信良)
今の京都のリアルから近い将来起きるであろう観光パニックについて考える(高城剛)
目のパーソナルトレーナーが脚光を浴びる日(高城剛)
今の時代にパーソナルコンピューターは必要か?(本田雅一)
週刊金融日記 第273号<歳を重ねるとは 〜恋愛プレイヤーたちの人生のクロスロード、小池百合子率いる「都民ファーストの会」が圧勝他>(藤沢数希)
迷走する吉本興業の問題が“他人ごと”だけでは済まない理由(本田雅一)
人間は「道具を使う霊長類」(甲野善紀)
ブラック企業に欠けているのは「倫理」ではなく「合理性」!? ーーホットヨガスタジオ「LAVA」急成長を支えた人材育成戦略(鷲見貴彦)
中国のマイクロブログから「朝日新聞中文網」アカウント全面削除!(ふるまいよしこ)
本田雅一のメールマガジン
「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

[料金(税込)] 550円(税込)/ 月
[発行周期] 毎月2回(第2、4木曜日予定)

ページのトップへ