高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

初夏のような沖縄で近づいてきた「転換期」を考える

高城未来研究所【Future Report】Vol.457(2020年3月20日発行)より

今週も、那覇にいます。

日々20度を超え、時折25度まで気温があがる那覇の日中は、まるで初夏のような気候です。

現在、沖縄では2月20日以降感染が確認されていないため、新型コロナ拡大で自粛していた県主催イベントを再開すると発表。知事が市町村や民間にも呼びかけ、一部地域では学校も再開しました。

また、離島には春休みが近いことから(東京・大阪の春休みが前倒しになったことから)、人が押し寄せ、活気が戻りつつあります。
日本最南端で「日本一早い夏」が来る石垣島では、例年同様に川平底地ビーチで海開きが開催されました。

事実、数日前から、沖縄はコロナ感染者は実質ゼロになり、いまや日本でもっとも安全な場所になったようにも見えますが、海外へ行けなくなった本土の人たちが集まってきているため、再びコロナが発生しないとは限りません。
本日、米国は日本を含む全世界の渡航警戒レベルを4段階中、最も厳しい「渡航中止・退避勧告」(レベル4)に引き上げ、米国人に対し全ての渡航中止を勧告し、国外にいる米国人の帰国検討も要請していますが、沖縄を見ていると、とても同じ星の出来事だと思えないほどです。
今後、国家ロックダウンに向かう国も増えると予測します。

いまから1ヶ月以上前に、本メールマガジンでウイルスが高温多湿に脆弱であることはお伝えしましたが、もうひとつ、僕は、都市化にも大きな問題があるだろうと考えています。

シンガポールを見れば明らかですが、灼熱の炎天下の南国で、エリートは長袖を着ることを誇りにしています。
それは、近代化したビルのなかで働いていることの現れであり、同時に高所得であることを意味していました。
いまから十年以上前に出した自著にも記しましたように、香港やシンガポールが金融立国として力をつけたのは、インターネットの普及より、エアコンの普及が先にあってのことでした。

そのため、高温多湿地域で高層化されたビルでは、まず、窓の開閉ができず、湿度と気温が保たれた密閉した空間は、人間だけでなく、ウイルスにも心地よい空間となっていったのは、間違いありません。

また、稲垣足穂が「ヰタ・マキニカリス」のなかで、都会に風が吹かないのを嘆きましたが、それゆえ、世界的にみても都市部での感染力速度が増しています。
単に人口密集地であることだけでなく、そこらにある密閉空間や風通しの悪さこそが、ウイルス蔓延の源だと考えます。

さて現在、表立っていませんが、米国のコカイン相場が急騰し、今後、日本の覚醒剤相場も相当値上がりするものと思われます。

まず、仕入れである国境を超えるトランスポーテーションが止まり、国家非常事態宣言が出されているため、国内のデリバリーも止まります。
それにより、コカインや覚醒剤の中毒者は、マスクやトイレットペーパー以上に、愛用品が「品薄」になることを恐れており、水面下の「買い占め」が起きています。

そんな中、米国やフランスでは、「コカインがコロナウィルスを殺す」といった情報がSNSで拡散し、価格がさらに急騰。フランス政府は、「コカインはコロナウイルス予防に効果はありません。むしろ、健康に有害な副作用や中毒を引き起こします」と、公式に注意を呼びかけるまでの騒動になりました。
事実はさておき、狂乱は当面続きそうです。

いよいよここ何年もお話ししてまいりました「転換期」が近づいてまいりました。少なくとも時計の針は、20年近く戻るでしょう。

那覇は今週も静かです、まるで台風の目のなかにいるように。
 

高城未来研究所「Future Report」

Vol.457 2020年3月20日発行

■目次
1. 近況
2. 世界の俯瞰図
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
4. 「病」との対話
5. 身体と意識
6. Q&Aコーナー
7. 連載のお知らせ

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

自分との対話として「書く」ということ(高城剛)
日本が観光立国になり得るかどうかの試金石はVIPサービスにあり(高城剛)
働き方と過ごし方。人生の“幸福の総量”とは(本田雅一)
週刊金融日記 第275号 <いまさら人に聞けないビットコインとブロックチェーン・テクノロジー他>(藤沢数希)
僕がザハ案の国立競技場の建設に賛成していた、たった一つの理由(岩崎夏海)
フレディー・マーキュリー生誕の地で南の島々の音楽と身体性の関係を考える(高城剛)
週刊金融日記 第279号 <ビットコインはバブルなのか、トランプvs金正恩チキンレースで米朝開戦の危機他>(藤沢数希)
ゴジラGODZILLA 怪獣という<神>の降臨(切通理作)
村上春樹から上田秋成、そしてイスラム神秘主義(内田樹&平川克美)
ドイツの100年企業がスマートフォン時代に大成功した理由とは?(本田雅一)
見た目はエントリープラグ? 驚異の立ち乗りロケット「ティコ・ブラーエ」を見てきました(川端裕人)
深まる韓国経済のモヤ(高城剛)
声で原稿を書くこと・実践編(西田宗千佳)
メルマガの未来~オープンとクローズの狭間で(津田大介)
人は何をもってその商品を選ぶのか(小寺信良)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 880円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ