名越康文
@nakoshiyasufumi

名越康文メールマガジン「生きるための対話」Vol.085より

「天才はなぜチビなのか」を考えてみる

名越康文メールマガジン「生きるための対話」 Vol.085<天才はなぜチビなのか?(前編)/「資格は大学、本質は塾で」という時代/8種体癖に必要な取り組みとは/実存主義を「実践」するために瞑想しよう/タイプによって人間関係の「落とし穴」は違う> より

 

天才は小さく描かれる

 

「天才はなぜチビなのか?」

 

これは本来であれば「質問として成り立っていない質問」です。「天才である」ということと「背の大きい・小さい」ことの間に関係などない、というのが世間の常識です。少なくとも今の科学に従うなら、知性や内面的な資質と体格との間には「因果関係は存在しない」ことになっています。

 

しかしいかがでしょう。改めて「天才はなぜチビなのか?」と問いかけられてみると、知らず知らずのうちに「天才」と「チビ」とを無意識のうちに結びつけてイメージしていた自分に気づいた。そんな人も少なくないのではないでしょうか。

 

例えば映画やアニメを見ても、「天才キャラ」は概ね小柄に描かれることが多い傾向があります。頭の切れる秀才タイプであればスラッとした長身のキャラクターも登場しますが、誰もが思いつかないような発想を持つ「天才」は、だいたい小柄に描かれることが常なのです。

 

古い例ですが「ドカベン」の殿馬(とのま)などは、天才ピアニストでありながら野球をやっても独自の発想から数々の「秘打」を生み出す天才っぷりを見せつけたキャラクターです。あるいは「機動戦士ガンダム」の主人公・アムロ、「エヴァンゲリオン」の碇シンジなどは、戦闘において誰も真似できないような集中力を発揮します。

 

彼らはみな、身体が小さく、場合によっては少し姿勢が悪かったり、縮こまった印象を与えるキャラクターとして描かれています。そして、そういう描かれ方をすることによって、これらのキャラクターは読者にとって説得力あるものとして受け止められてきました。逆に言えば、「大柄な殿馬」とか「背の高いアムロ・レイ」では、彼らの天才性をうまく表現できなかったのではないかと思うのです。

 

誤解のないように最初に断っておきますが、僕は統計的な意味で「天才は背が低い」とか「身長と知性は比例する」といった話をしたいわけではありません。僕がいま問題にしているのは、どういうわけか私たちが「天才」という存在に対して「背が低い」「小柄」という印象を抱いてしまう、ということについて考えてみたいのです。

 

※この続きは名越康文メールマガジン「生きるための対話」をご購読ください。10月20日12:00までにご登録いただければ、この記事の続きほか、下記の記事が無料で読めます。

 

名越康文メルマガ「生きるための対話」Vol.085

<天才はなぜチビなのか?(前編)/「資格は大学、本質は塾で」という時代/8種体癖に必要な取り組みとは/実存主義を「実践」するために瞑想しよう/タイプによって人間関係の「落とし穴」は違う>

目次

601 天才はなぜチビなのか?(前編)

02精神科医の備忘録 Key of Life

・「資格は大学、本質は塾で」という時代

03カウンセリングルーム

[Q1] 8種体癖に必要な取り組みとは

04【連載】塾通信(52)

・実存主義を「実践」するために瞑想しよう

05【対談】類人猿分類の産みの親・岡崎和江さんに聞く『ゴリラの冷や汗』ができたわけ

・第3回 タイプによって人間関係の「落とし穴」は違う

 

名越康文メルマガ「生きるための対話」のご購読はこちらから

 

名越康文
1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、京都精華大学客員教授。 専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。 著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川SSC新書、2010)、『毎日トクしている人の秘密』(PHP、2012)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院、2012)、『質問です。』(飛鳥新社、2013)、『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行、2013)などがある。 名越康文公式サイト「精神科医・名越康文の研究室」 http://nakoshiyasufumi.net/

その他の記事

高齢の親と同居し面倒をみていますが、自分の将来が不安です(石田衣良)
辻元清美女史とリベラルの復権その他で対談をしたんですが、話が噛み合いませんでした(やまもといちろう)
最近ハゲ関連が熱い、あるいは新潟日報と報道の問題について(やまもといちろう)
恋愛がオワコン化する時代の不幸(紀里谷和明)
出力してこそ、入力は正しく消化される(高城剛)
素晴らしい東京の五月を楽しみつつ気候変動を考える(高城剛)
福島第一原発観光地化計画とはなにか――東浩紀に聞く「フクシマ」のいまとこれから(津田大介)
上杉隆さんのこと、日本のメディアのこと(茂木健一郎)
『「赤毛のアン」で英語づけ』(2) 何げないものへの〝感激力〟を育てよう(茂木健一郎)
ソフトキーボード、ほんとうに「物理キーと同じ配列でいい」の?(西田宗千佳)
「朝三暮四」の猿はおろかなのか? 「自分の物語」を知ることの大切さ(福岡要)
なかなか技あり、行列を緩和する「イベントアプリ」(西田宗千佳)
「常識の毒」を薬に変える(名越康文)
『「赤毛のアン」で英語づけ』(4) 大切な人への手紙は〝語感〟にこだわろう(茂木健一郎)
石田衣良さん、前向きになれる本を教えてください(石田衣良)
名越康文のメールマガジン
「生きるための対話(dialogue)」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第1,第3月曜日配信予定)

ページのトップへ