家入一真
@hbkr

家入一真メールマガジン「家入学級」より

自分をさらけ出そう

家入一真メールマガジン「家入学級」Vol.43(2015年8月4日)から
b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

できないことを、できるようにするために時間を費やしている人って、結構いますよね。例えば、「私は字が下手だから毎日30分ペン習字をしています」とか。学校でも、「数学の点数が低い子は、夏休みに塾の集中講座で苦手を克服しよう!」みたいな。あらゆることを一定レベルまでできる人間になろうとする。

それはそれでいいんですが、僕はできないことはできないと認めて、受け入れることも大事だと思っています。大変な思いをして苦手なことを克服するよりも、楽しみながら得意なことを伸ばしていくことに、時間を使いたい。

それに、自分にとっての苦手なことは、別の人にとっては得意なことだったりするから、自分ができないことは、他人にしてもらえばいいんです。もちろん、他人が苦手なことで、自分が得意なことがあったら、提供する。そうやってうまく役割分担した方が、結果的に効率がいいんじゃないかな。

自分の資質に逆らって苦手と格闘していても、楽しくないし、時間もかかる。だったら、自分がやってて楽しくて、周りも認めてくれることを活かす方がよくないですか?

僕はよく講演会なんかに行くと理想のリーダー像を聞かれます。そういうときは、パーフェクトで優秀な人よりも、人に頼れることができる人と答えています。

僕は会社の経営をしてきていますが、時間も守れないし、論理的に人を説得するのも苦手。でも、僕がダメであればあるほどこそ周りが「自分でどうにかしなければいけない」と思ってくれるみたいで(笑)。気づくと僕抜きでもやっていけるようになってるんですよね。

できないことはできないと、もっと弱みを見せてしまってもいいんじゃないかな。変なプライドは捨てて、自分をさらけ出したら、なにかいいことがありそうです。

 

家入一真メールマガジン「家入学級

2015年8月4日 Vol.43

>>>> 家 入 学 級 * 時 間 割 <<<<

1時間目:今日の授業「つながるビジネス三原則」
2時間目:【Q&A】取り柄がないと幸せになれない?
3時間目:Another Story 大川竜弥「家入さんは人をよく見ている」
4時間目:メディア情報・活動予定/学級日誌/次号予告
30ダメだけど、なぜかみんなに愛されてやまない連続起業家・家入一真が、4ヶ月の準備期間を経てメルマガ界に帰ってきました!(通算3度目) 学校嫌いだった著者が「学校では教えてくれない、この世を生きる術」について、ときにマジメに、ときにはゆるく語ります。日頃、twitterで寄せられる悩みに140字を超えて答えるコーナーや、ゲストを迎えた対談、講演録なども掲載。 自分の夢に向かって頑張っている人も、世の中にちょっと生きづらさを感じている人も。日本一自由な学び場メルマガ、「家入学級」に来たれ!
ieiri

家入一真
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。

その他の記事

なぜか「KKベストセラーズ」問題勃発と出版業界の悲しい話(やまもといちろう)
社員を切ってください、雑巾は絞ってください(やまもといちろう)
過去17年間のAmazon依存度を振り返る(小寺信良)
圧力というものに関して(やまもといちろう)
ゲームを通じて知る「本当の自分」(山中教子)
「なし崩し」移民増加に日本社会は如何に対応するか(やまもといちろう)
41歳の山本さん、30代になりたての自分に3つアドバイスするとしたら何ですか(やまもといちろう)
人生に活力を呼び込む「午前中」の過ごし方(名越康文)
任天堂の役割は終わったのか スマホでゲーム人口拡大を受けて(やまもといちろう)
トレンドマイクロ社はどうなってしまったのか?(やまもといちろう)
フリック入力が苦手でもモバイル執筆が可能に! ローマ字入力アプリ「アルテ on Mozc」(小寺信良)
年末年始、若い人の年上への関わり方の変化で興味深いこと(やまもといちろう)
浜松の鰻屋で感じた「食べに出かける」食事の楽しみと今後の日本の食文化のヒント(高城剛)
ピクサーにみる「いま、物語を紡ぐ」ための第3の道(岩崎夏海)
人は生の瀬戸際までコミュニケーション能力が問われるのだということを心に刻む(やまもといちろう)
家入一真のメールマガジン
「家入学級」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

ページのトップへ