読み手の皆さんからの意見をしっかり受け止めて、次に活かしていくメディア

やまもといちろうのメールマガジン『人間迷路』紹介動画

[embed]http://www.youtube.com/watch?v=eQw6vJbNK0s&feature=youtu.be[/embed]

【オススメ記事その1】
「社員を切ってください、雑巾は絞ってください」

【オススメ記事その2】
「父親が次男に事業を継がせた深~い理由」

やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。サイバーインテリジェンス研究所統計技術主幹など歴任。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

あるといいよね「リモートプレゼンター」(小寺信良)
寂しい気持ちとの付き合い方(家入一真)
メタ視点の鍛え方(岩崎夏海)
怒って相手から嫌われることのメリット(岩崎夏海)
なくさないとわからないことがある(天野ひろゆき)
週刊金融日記 第307号【確定申告の季節ですがこれから事業をはじめる人にアドバイス、出口戦略言及で日本円が大躍進他】(藤沢数希)
会員制サロン・セキュリティ研究所が考える、日本の3つの弱点「外交」「安全保障」「危機管理」(小川和久)
ネット時代に習近平が呼びかける「群衆闘争」(ふるまいよしこ)
政争と政局と政治(やまもといちろう)
ピクサーにみる「いま、物語を紡ぐ」ための第3の道(岩崎夏海)
在宅中なのに不在票? 今、宅配業者が抱える問題(小寺信良)
検査装置を身にまとう(本田雅一)
今の京都のリアルから近い将来起きるであろう観光パニックについて考える(高城剛)
某既婚女性板関連でいきなり情報開示請求が来た件(やまもといちろう)
古舘伊知郎降板『報道ステーション』の意味(やまもといちろう)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ