読み手の皆さんからの意見をしっかり受け止めて、次に活かしていくメディア

やまもといちろうのメールマガジン『人間迷路』紹介動画

[embed]http://www.youtube.com/watch?v=eQw6vJbNK0s&feature=youtu.be[/embed]

【オススメ記事その1】
「社員を切ってください、雑巾は絞ってください」

【オススメ記事その2】
「父親が次男に事業を継がせた深~い理由」

やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。サイバーインテリジェンス研究所統計技術主幹など歴任。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

日本の未来の鍵は「日韓トンネル」と「日露トンネル」(高城剛)
「暗い心」から脱するための、あまりにもシンプルな指針(名越康文)
(2)「目標」から「目的」へ(山中教子)
「ネットが悪い」論に反論するときの心得(小寺信良)
人生に「目的」なんてない–自分の「物語」を見つめるということ(家入一真)
『驚く力』から『ソロタイム』へ–『驚く力 矛盾に満ちた世界を生き抜くための心の技法』文庫版あとがき(名越康文)
週刊金融日記 第270号 <小出恵介美人局事件とベイズ統計学 ~なぜナンパは最も安全な出会いなのか 他>(藤沢数希)
やまもといちろうのメールマガジン『人間迷路』紹介動画(やまもといちろう)
思考実験のための『もし、トランプさんが米大統領になったら』(やまもといちろう)
過去最高益を更新したトヨタ自動車の今後に思うこと(本田雅一)
復路の哲学–されど、語るに足る人生(平川克美)
ネット時代に習近平が呼びかける「群衆闘争」(ふるまいよしこ)
なぜ今、「データジャーナリズム」なのか?――オープンデータ時代におけるジャーナリズムの役割(津田大介)
本気のアマチュアカメラマンが選ぶ一眼レフの不思議(高城剛)
夏の京都で考える日本の「失われた150年」(高城剛)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ