読み手の皆さんからの意見をしっかり受け止めて、次に活かしていくメディア

やまもといちろうのメールマガジン『人間迷路』紹介動画

[embed]http://www.youtube.com/watch?v=eQw6vJbNK0s&feature=youtu.be[/embed]

【オススメ記事その1】
「社員を切ってください、雑巾は絞ってください」

【オススメ記事その2】
「父親が次男に事業を継がせた深~い理由」

やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員を経て、情報法制研究所・事務局次長、上席研究員として、社会調査や統計分析にも従事。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

今週の動画「虎落解き」(甲野善紀)
トレーニングとしてのウォーキング(高城剛)
小さな仏教都市にも訪れている世界的な観光バブル(高城剛)
コデラ的恋愛論(小寺信良)
閉鎖性こそがグローバル時代の強みにもなる可能性(高城剛)
揺れる情報商材 違法化、摘発への流れが強まる(やまもといちろう)
「すぐやる自分」になるために必要なこと(名越康文)
僕ら“ふつうのおじさん”が理解できないこと(本田雅一)
新陳代謝が良い街ならではの京都の魅力(高城剛)
目下好調の世界経済にバブル崩壊のシナリオと対処法はあるのか(やまもといちろう)
食品添加物を怖がる前に考えておきたいこと(若林理砂)
パッキングの軽量化について(高城剛)
宇野常寛が考える”社会と個人”を繋ぐ新しい回路とは(宇野常寛)
検査装置を身にまとう(本田雅一)
「ネットが悪い」論に反論するときの心得(小寺信良)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 770円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ