【動画】宇野常寛特別インタビュー第5回

宇野常寛特別インタビュー第5回「落合陽一のどこが驚異的なのか!」

宇野常寛インタビュー「落合陽一のどこが驚異的なのか!」(メルマガ「ほぼ日刊惑星開発委員会 2014.9.30」 夜間飛行特別号外より)

 

企画・制作:夜間飛行

34宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

※この動画は夜間飛行版「PLANETS/第二次惑星開発委員会」で月1回配信している号外動画のダイジェストです、完全版は上記リンクからメールマガジン「ほぼ日刊惑星開発委員会」をご購読ください。

 

第5回「落合陽一のどこが驚異的なのか!」
(完全版:30分32秒)

語り手:宇野常寛

聞き手:井之上達矢(夜間飛行代表)

 

視聴者おいてきぼり上等!で
宇野常寛が本気で語ります!!

今回のテーマは「21世紀のメディア」。

メルマガで大好評連載中の落合陽一『魔法の世紀』で展開されているメディアを
起点に、21世紀のメディアについて、これでもかと踏み込みます。

テクノロジーの発達によって、
ベタなコンテンツと、メタなプラットフォームの対立は終わった時、
私たちの前に
どのような世界が立ち上がるのか。

ぜひ、覗いてみてください。

続きをご覧になりたい方は、宇野常寛メルマガ「PLANETS/第二次惑星開発委員会」でどうぞ! ご購読はこちらから

PLANETS/第二次惑星開発委員会
http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

その他の記事

「定額制コンテンツサービス」での収益還元はどうなっているのか(西田宗千佳)
ネットは「才能のない人」でも輝けるツールではありません!(宇野常寛)
部屋を活かせば人生が変わる! 「良い部屋」で暮らすための5つの条件(岩崎夏海)
光がさせば影ができるのは世の常であり影を恐れる必要はない(高城剛)
旅に出るか、部屋を片付けるか(名越康文)
「政治メディア」はコンテンツかプラットフォームか(津田大介)
泣き止まない赤ん坊に疲れ果てているあなたへ(若林理砂)
経営情報グループ『漆黒と灯火』というサロンらしきものを始めることにしました。(やまもといちろう)
在宅中なのに不在票? 今、宅配業者が抱える問題(小寺信良)
「考える」というのは「答えを出すこと」じゃないよ(家入一真)
怪しい南の島が目指す「金融立国」から「観光立国」への道(高城剛)
玄米食が無理なら肉食という選択(高城剛)
負け組の人間が前向きに生きていくために必要なこと(家入一真)
ロバート・エルドリッヂの「日本の未来を考える外交ゼミナール」が2017年8月上旬にオープン!(ロバート・エルドリッヂ)
「本気」という無意識のゴンドラに乗るために(名越康文)

ページのトップへ