高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

東京の広大な全天候型地下街で今後予測される激しい気候変動について考える

高城未来研究所【Future Report】Vol.428(2019年8月30日発行)より

今週も、先週に引き続き東京にいます。

今年に入ってこれほど長く(と言っても二週間強)、同じ街にいるのは久しぶりのことですが、実はほとんど表に出ていません。

この表とは地表のことでして、日々、滞在する新宿のホテルと連なる地下街だけをウロウロし、まるで地底人のように暮らしています。

というのも、秋は北半球の良い撮影シーズンということもありまして、これを逃してしまうとリテイクは来年になってしまうため、是が非でも撮りきらねばなりません。
それゆえ、天候にスケジュールがかなり左右され、どこでどれくらい滞在でき、また、いつ移動になるのか皆目見当がつかない旅路が続きます。

その点、全天候型の地下街は、僕に不思議な安心感をもたらします。

台風だろうが、豪雨だろうが、年中スケジュール通り変わらず営業。
世界最大のターミナル駅新宿地下街と連なる商業施設は、数千店舗。
従業員数だけで2万人を超えており、利用者数は、週末の東京ディズニーランドの50倍!。
いまから100年少し前に新宿駅が開通した当時、一日の乗客は30人程度でしたが、いまは1日の乗降客数が350万人を超えています。

しかし、今後予測される激しい気候変動による冠水が、もし、この地下街を襲ったとしたら、パニック映画以上の惨事になるかもしれません。

実は、東京、横浜、名古屋、大阪、博多など日本の主要各駅は、すべて湿地帯や低平地だったところに作られています。
その理由は、大きな駅を建設するのにふさわしい敷地が当時の既成市街地になかったため、この市街地に近く「ほとんど誰も住んでいなかったところ」に駅を作るしかなかったからですが、冷静に考えれば、この「ほとんど誰も住んでいなかったところ」とは、雨が降れば水に浸かる土地。
つまり、人が暮らすには不向きの場所ゆえ、空いていた場所なのです。

地質は、未来的にデザインされた建築物や地下街に目を取られ、気がつくと誰もが忘れてしまいがちですが、そう簡単に変わるものではありません。

新宿が発展したのは、江戸時代の日本橋から数えて最初の宿場町「内藤新宿」が栄えたことがきっかけでした。
当時の新宿の繁華街は、いまの新宿御苑のあたり。その宿場町から少しでも離れると暗い森と田んぼばかりで、現在の新宿駅周辺は、決して家を建てるのに適しているとは言い難い場所で、水はけの悪いただの原っぱだったのです。

近代日本が築き上げた社会制度に、ガタが来はじめている昨今。
近代日本が作った街並みに、同じようにガタが来ていてもおかしくありません。
その上、日本の高度経済成長以上の速度で、地球全体の気候も社会システムも変貌しています。

今や夏の風物詩となってしまった感がある日本を襲う大雨のなか、自然とはなにか、不自然とはなにか、と自問自答しながら、全天候の広大な東京地下街で生きる今週です。
 

高城未来研究所「Future Report」

Vol.428 2019年8月30日発行

■目次
1. 近況
2. 世界の俯瞰図
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
4. 「病」との対話
5. 身体と意識
6. Q&Aコーナー
7. 連載のお知らせ

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

週刊金融日記 第297号【世界最大のビットコイン市場であるビットフライヤーのBTC-FXを完全に理解する、法人税率大幅カットのトランプ大統領公約実現へ他】(藤沢数希)
空港を見ればわかるその国の正体(高城剛)
“リア充”に気後れを感じたら(名越康文)
「自分で本を選べない人」が増えている? 書店を楽しみとスリルの現場にするために必要なこと(鏡リュウジ)
週刊金融日記 第307号【確定申告の季節ですがこれから事業をはじめる人にアドバイス、出口戦略言及で日本円が大躍進他】(藤沢数希)
格安スマホは叩かれるべきか? サービス内容と適正価格を巡る攻防(やまもといちろう)
スマートスピーカー、ヒットの理由は「AI」じゃなく「音楽」だ(西田宗千佳)
夏休み工作、今年の「音友ムック」はQWT型!(小寺信良)
小笠原諸島の父島で食文化と人類大移動に思いを馳せる(高城剛)
アマゾンの奥地にしかない「知覚の扉を開く鍵」(高城剛)
週刊金融日記 第304号【楽しいのはパーティーか読書か、世界の株式市場が大暴落、新大久保で美味しいネパール料理他】(藤沢数希)
目的がはっきりしないまま挑戦する人の脆さと凄さ(やまもといちろう)
親野智可等さんの「左利き論」が語るべきもの(やまもといちろう)
優れた組織、人材でも、業界の仕組みが違うと途端に「能無し」になってしまう話(やまもといちろう)
大麻によって町おこしは可能なのか(高城剛)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 880円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ