岩崎夏海
@huckleberry2008

岩崎夏海のメールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」より

交渉の天才としての桃太郎

9bad35962e0743cf521bfa73a4d5993b_s
旅に出た桃太郎は、その端緒で犬と出会う。面白いのが、この桃太郎と犬との関係である。この両者の関係もまた、主体性と他動性の絶妙なハイブリッドとなっているのだ。

それを、童謡「桃太郎」の歌詞から見てみたい。

桃太郎さん 桃太郎さん
お腰につけた きびだんご
一つわたしに 下さいな

やりましょう やりましょう
これから鬼の 征伐に
ついて行くなら やりましょう

これを見ると、最初に行動を起こしたのは「犬」であることが分かる。彼は食べ物に飢えていた。あるいはきびだんごが食べたかった。そうした欠落状態にある能力者が、何らかの行動を起こした。桃太郎は、その機先をとらえるのである。その行動に乗じて、こちらからのオファーを出すのだ。

この間合いが、すぐれた武道家のように見事である。

武道には「先の先」と「後の先」という考え方がある。「先の先」とは、相手の動作を始めようとする心を読み取り、その直前に行動すること。後の先は、相手の行動を誘発して、その隙に打ち込むことである。

これでいうと、桃太郎の犬に対する行動は見事な「後の先」になっている。つまり、犬が「きびだんごをください」という攻撃を仕掛けてきた瞬間に、その隙を突いて「鬼の征伐に同行するならあげよう」という打ち込みをしているのだ。

「桃太郎」が神話としてすぐれているのは、こうした交渉術——相手から見える位置に魅力的な報酬をぶら下げ、それに食らいついてきたところを説得すれは、相手に対して優位に立てる——を物語として展開している点だ。これにならえば、読者は「人にものを頼むときにはどうすればいいのか」ということを身につけられるのである。

ちなみに、武道には「先々の先」という考え方もあって、「先の先」あるいは「後の先」をとらえようとする相手の心を読んで、その前に攻撃することをいう。それでいうと、物語のはじめ、桃太郎がおじいさんとおばあさんに提示した「鬼ヶ島に行きたい」というオファーは、見事な「先々の先」になっていることが分かる。

どういうことかというと、桃太郎にはもともと旅に出たいという気持ちがあった。しかし「ただ旅に出たい」と言ったのでは、おじいさんとおばあさんに対して説得力を持たないことが目に見えていた。

一方おじいさんとおばあさんは、桃太郎が「旅に出たい」と言い出そうとしているのを感じていた。そのため、桃太郎がそれを言い出したら反対してやろうと待ち構えていた。つまり、桃太郎が攻撃してきたらその隙を突いて反撃するという、「後の先」を狙っていたのだ。

桃太郎は、そんな二人の心理を読んで、そのさらに上を行った。彼らが反対してくるだろうことをあらかじめ読み取り、反対できない理由を先んじてこしらえたのだ。それが「鬼の征伐に行きたい」という口実だった。

これのおかげで、おじいさんとおばあさんは機先を制されてしまった。そうして、桃太郎のオファーを引き受けざるをえなくなったのだ。

この旅立ちのほんのわずかなシークエンスの中にも、桃太郎の交渉の天才性というものが垣間見える。

「桃太郎」に限らず、あらゆる神話——物語は、必ず「交渉」が隠れたテーマとなっている。なぜなら交渉は、人間が生きる上での最も基本的な行動だからだ。人間は、愛や戦争といったものまでをもこの交渉の中で行う。交渉は人間のあらゆる行動の根本にあるものなのだ。

それゆえ、どんな神話や物語も交渉から逃れることはできない。それは逆にいえば、物語の登場人物には交渉の達人であることが求められる、あるいは達人とはいかないまでも何らかの示唆を読者に対して示すことが求められる——ということだ。

例えば「スター・ウォーズ」においては、ルークの師匠であるオビ=ワンが最初に示したのが「交渉」の能力だった。彼は剣術の能力を示す前にまずそれを示し、ルークを宇宙へと旅立たせる。

そういうシークエンスを編み出すために、作者は普段から交渉というものについて見識を深めておく必要があるだろう。自分でも実際に交渉を経験し、その技をそれなりに見極める必要がある。

その意味で、恋愛というのは交渉を学ぶための絶好の場だ。物語作者は、交渉を学ぶためだけにでも恋愛をした方がいいのかもしれない。

 

岩崎夏海メールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」

35『毎朝6時、スマホに2000字の「未来予測」が届きます。』 このメルマガは、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(通称『もしドラ』)作者の岩崎夏海が、長年コンテンツ業界で仕事をする中で培った「価値の読み解き方」を駆使し、混沌とした現代をどうとらえればいいのか?――また未来はどうなるのか?――を書き綴っていく社会評論コラムです。

【 料金(税込) 】 864円 / 月
【 発行周期 】 基本的に平日毎日

ご購読・詳細はこちら
http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

 

413ISPOvcgL._SL500_AA300_部屋を活かせば人生が変わる

夜間飛行、2014年11月

部屋を考える会 著

あなたのやる気の99%は、部屋の「流れ」が決めている!!

あなたではなく、部屋が変われば、あなたの意思は自然に強くなり、眠っていた能力が引き出されます。

岩崎夏海
1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

その他の記事

「有休を使い切ったうえで生理休暇って、アリなんでしょうか?」(城繁幸)
「新聞を読んでいる人は、政治的、社会的に先鋭化された人」という状況について(やまもといちろう)
『仏像 心とかたち』望月信成著(森田真生)
夜間飛行が卓球DVDを出すまでの一部始終(第1回)(夜間飛行編集部)
「和歌」は神様のお告げだった〜おみくじを10倍楽しく引く方法(平野多恵)
「夢の国」に背徳が登場する日はやってくるのか(高城剛)
僕たちは「問題」によって生かされる<後編>(小山龍介)
俺たちにとって重要なニュースって、なんなんでしょうね(紀里谷和明)
第88回・米アカデミー賞受賞のゆくえは?(切通理作)
「親友がいない」と悩むあなたへ(名越康文)
「iPhoneの発売日に行列ができました」がトップニュースになる理由(西田宗千佳)
「ブロマガ」はプラットフォームになり得るのか(小寺信良)
ネットも電気もない東アフリカのマダガスカルで享受する「圏外力」の楽しみ(高城剛)
週刊金融日記 第272号<高級住宅地は子育てにまったく向かないという話 他>(藤沢数希)
大騒ぎの野球賭博と山口組分裂騒動あれこれ(やまもといちろう)
岩崎夏海のメールマガジン
「ハックルベリーに会いに行く」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 基本的に平日毎日

ページのトップへ