紀里谷和明
@kazuaki_kiriya

紀里谷和明メールマガジン『PASSENGER』より

「ラスト・ナイツ」ついに公開ーー苦労そのものに喜びがある

紀里谷和明メールマガジン『PASSENGER』vol.075より

a0790_001223_m

11月14日、ついに公開される映画「ラスト・ナイツ」。前作から5年という歳月を費やし、完成させた初ハリウッド作品だ。プロモーション活動では、全国110か所を自らの足で回り、4万枚以上の宣伝名刺を配り歩いた紀里谷監督。以前は「当時を思い出すと辛すぎて、まだ語りたくないんです」と話していたが、公開を迎えた今の心境を語ってもらった――。




ここまで本当に長い道のりで、ようやく大きな区切りを迎えられたという感じですね。もちろん公開してからも、しばらくプロモーションを続けていきますが、1つの終着点にはつけたかなと思います。これまでに「CASSHERN」「GOEMON」とやってきましたけど、「ラスト・ナイツ」は今までにないぐらいギリギリまで追い詰められたプロジェクトだったんです。制作に関しても、プロモーションに関しても、非常に多くの方たちに助けていただいて、自分のちっぽけさが本当に身に染みました。俺のことを何も知らなかったような人たちがポスターを貼って宣伝してくれていたりとか、自分も各地を回らせてもらいましたけど、それ以上に手伝ってくださった方たちがいました。そのありがたさを本当に感じています。

今回、テレビとか雑誌とかにも色々出していただいて。一時期はすごく毛嫌いしていたんですけど、実際に出させてもらって裏側とかを見ると、懸命に作ってる現場を目の当たりにするんですよ。そういうところに呼んでもらえるのはありがたいですし、自分自身が謙虚にならざるを得ないですよね。それから、各地に行くと「サインください」とか「写真を撮ってください」って言ってくださる方もいて。なかには、「CASSHERN」「GOEMON」のパンフレットを抱えてきてくれた方もいました。俺からすると、「こんなことで喜んでもらえるいくらでもやります」っていう気持ちなんです。綺麗ごとじゃなくて、自分が必要とされてるっていうことが、本当にありがたいことだなと思いましたね。

それから、すごい再会もあったんです。東京国際映画祭に出たときに、会場で「紀里谷さん、覚えていますか?」って青年に声を掛けられて。(……この続きは紀里谷和明メールマガジン『PASSENGER』Vol.075をご購入ください)

 

紀里谷和明メールマガジン「PASSENGER

2015年11月15日発行vol.075
<「ラスト・ナイツ」ついに公開−−苦労そのものに喜びがある>ほかより

36
1.最近のキリヤ
2.「ラスト・ナイツ」
3.お蔵出しフォト
4.メディア掲載・作品など

※購読開始から1か月無料! まずはお試しから。

※kindle、epub版同時配信対応!

紀里谷和明メルマガ「PASSENGER」のご購読はこちらから

紀里谷和明
映画監督・写真家紀里谷和明。生まれ育った熊本から15歳で単身渡米、全米屈指のアートスクールで建築・デザイン・音楽・絵画・写真などを学ぶ。世界中を旅しながら、PVやCMなど表現の場を広げ、2016年には初のハリウッド長編映画を公開予定。 紀里谷和明公式サイト:Kiriya.com/クリエーターSNSサイト:freeworld.tv

その他の記事

ゆとり世代に迫るタイムリミット(岩崎夏海)
「自己表現」は「表現」ではない(岩崎夏海)
美食の秘訣は新月にあり(高城剛)
NHK Eテレ「SWITCHインタビュー達人達 片桐はいり×甲野善紀」は明日(7月2日)22時放送です!(甲野善紀)
「消費者安調査全委員会」発足、暮らしの事故の原因究明は進むのか?(津田大介)
喜怒哀楽を取り戻す意味(岩崎夏海)
“リア充”に気後れを感じたら(名越康文)
Yahoo! JAPAN「爆速」の終わり(やまもといちろう)
ドイツの100年企業がスマートフォン時代に大成功した理由とは?(本田雅一)
幻の鳥・ドードーの来日説を裏づける『オランダ商館長の日記』(川端裕人)
週刊金融日記 第270号 <小出恵介美人局事件とベイズ統計学 ~なぜナンパは最も安全な出会いなのか 他>(藤沢数希)
世界中の未来都市を訪れて気付いた良い街づくりの必要条件(高城剛)
夏の終わりに不老不死の可能性を考える(高城剛)
食品添加物を怖がる前に考えておきたいこと(若林理砂)
ネットリテラシー教育最前線(小寺信良)
紀里谷和明のメールマガジン
「PASSENGER」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回(金曜日配信予定)

ページのトップへ