高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

観光業の未来を考える

高城未来研究所【Future Report】Vol.644(10月20日)より

今週は、セビリアにいます。

オーバーツーリズムの現状と観光業の未来を見通すため、現在、観光大国スペインで開催されている「TOURISM INNOVATION SUMMIT 2023」に参加しています。

テクノロジーと持続的観光業を主題とするこの旅行サミットは、

・トラベルテック(スマートフォンからVRまで)
・観光イノベーション(AIによる定量分析)
・観光の持続可能性(環境インパクトの数値化)
・旅行者へのアプローチ(広告よりバイラルシフト)
・観光ビジネスとデスティネーションの競争力(観光地および客層の二極化)

などについて、多くの成功例や議論が交わされました。
なかでもサミット最大の関心は、オーバーツーリズムです。

毎年、行くべき旅行先「Go」リストを掲載している旅行雑誌『Fodor’s』は、今年観光客が避けるべき10の旅行先を特集した「No」リストもあわせて発表しました。

このリストによりますと、 

1.浸食が進むフランスの海岸線(ノルマンディーのエトルタ周辺やマルセイユのカランク国立公園など)
2.カリフォルニア州タホ湖
3.南極大陸
4.バルセロナ、パリ、ドブロブニクのホットスポット
5.ヴェネツィアとアマルフィ海岸
6.コーンウォール(イギリス)
7.アムステルダム(オランダ)
8.マヤベイ、タオ島(タイ)
9.マウイ島(ハワイ)
10.アメリカ西部(パウエル湖とミード湖、アリゾナ州、ネバダ州、カリフォルニア州、ユタ州の一部)

は、夏のピーク時には絶対に避けたほうがいい「訪れることを再考すべき目的地」で、「控えめに言っても、ピークシーズンに地元の人々の生活を不愉快なものにしている観光客の数を支えるだけのインフラは存在しない」と編集者は語っています。

だからと言って、一切の観光客をお断りにするわけにもいきません。

観光業は、島嶼国や発展途上国の大部分において主要な経済的原動力であるのは間違いなく、地域社会にさまざまな利益をもたらしますが、同時に適切な資源管理や良心的な旅行者を上手く招き入れることができなければ、地域の苦境を増幅させ、社会的課題を大きくもたらします。

そこで、どうやって「良い客」を獲得するのか、識者や各都市がトライ&エラーを続けているのが現状です。

観光税をあげて総数を減らす施策や、いままで魅力的に映らなかった地域をブランディングして観光客を分散させることなど、様々な取り組みが世界各地で実験中です。
理想は、観光客数が減って(セグメントされて)、客単価が上がることに他なりません。

果たして、どの戦略が功を奏するのか?
それとも、反グローバリゼーションと迫り来る不況が、観光客を自然淘汰するのでしょうか。

ちなみに、京都の金閣寺の入場料が今年値上げされて500円になったのに対し、現在、バルセロナのサグラダファミリアは最低4000円以上(コースによる)、同じガウディ建築のカサ・バトリョは 6500円します。

いま、日本の観光地は、誰に何を言われようが驚くほどの値上げをする英断を迫られているのではないか、と考えざるを得ません。
このトピックは、どこかで一冊にまとめる予定です。

気がつくと、南欧もすっかり秋になりました。
数ヶ月前に訪れた時には40度を超えていたセビリアは、観光シーズンも終わり、古き良きスペインを取り戻したように見える今週です。
 

高城未来研究所「Future Report」

Vol.644 10月20日日発行

■目次
1. 近況
2. 世界の俯瞰図
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
4. 「病」との対話
5. 身体と意識
6. Q&Aコーナー
7. 連載のお知らせ

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

パー券不記載問題、本当にこのまま終わるのか問題(やまもといちろう)
スマホが売れないという香港の景気から世界の先行きを予見する(高城剛)
日本が世界に誇るべき観光資源、温泉について(高城剛)
気候変動や環境毒のあり方を通じて考えるフェイクの見極め方(高城剛)
嘘のこと〜自分の中の「真実」が多数のリアリティによってひっくり返されるとき(川端裕人)
間違いだらけのボイストレーニング–日本人の「声」を変えるフースラーメソードの可能性(武田梵声)
フランス人の「不倫」に対する価値観(石田衣良)
ショートショート「金曜夜、彼女のジョブ」(石田衣良)
「映画の友よ」第一回イベントとVol.033目次のご案内(切通理作)
貧富の差がなくなっても人は幸せにはなれない(家入一真)
人間関係は人生の目的ではない <つながり至上社会>の逆説的生き残り戦略「ひとりぼっちの時間(ソロタイム)」(名越康文)
世の中は感情とシステムで動いている(本田雅一)
12月の夏日を単に「暖冬」と断じてしまうことへの危機感(高城剛)
本来ハロウィーンが意味していた由来を考える(高城剛)
世界的な景気減速見込みで訪れる「半世紀の冬」(やまもといちろう)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 880円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ