小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

日本でも「ダウンロード越え」が見えたストリーミング・ミュージックだが……?

※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2017年12月1日 Vol.152 <誰がために鐘は鳴る号>より


11月27日、日本レコード協会(RIAJ)が公開した、017年第3四半期(7〜9月)の有料音楽配信売上実績は、なかなかに興味深い情報となった。ストリーミング・ミュージックの売上が約67億円で、ダウンロード販売の売上(約68億円)とほぼ同額に達したからだ。

・RIAJ有料音楽配信売上実績

日本のストリーミング・ミュージックはまだ「マス」とはいえないのだが、それでも、順調に成長している。2月に発表された2016年の累計販売実績値では、ストリーミング・ミュージックは約200億円で、全体(528億8600万円)の4割だった。そこからさらに伸ばし、ついに、年末から来年にかけて、日本でもダウンロード販売を超えることが視野に入ってきた。

ただし、これでも「音楽全体」となると、まだまだ小さな値である。RIAJの統計では、016年のCD/レコード売上は約1777億円。ネット配信全体でもその3割に満たず、ストリーミング・ミュージックはようやく11%程度だ。

10月の段階では、ディスク全体の販売金額は、前年同期比で95%となっている。2016年が2015年に対し97%だったので、仮に95%で終わる、と推定すると、1688億円になる。それに対して、ダウンロードとストリーミングは前年比111%程度だから、2017年の売上は約578億円と推定できる。この場合で、ネット比率がディスクの約35%、ストリーミングが約17%程度……というところだろうか。

ディスクの減少に歯止めはかからない。ネットはストリーミング・ミュージックの順調な伸びで全体としては年率10%を超える伸びになっているものの、音楽市場全体の累計だと、微減、もしくは横ばい、という値になりそうである。

日本においては、ストリーミング・ミュージックの伸びがまだ小さい。これが、音楽市場の成長を阻害しているのは明らかだ。アメリカの場合、全米レコード協会(RIAA)の調べによれば、2016年の売上は全体で77億ドル(約8557億円)。もっとも多く売り上げているのがストリーミング・ミュージックであり、全体の半分以上を占める。(以下図版はRIAAの資料より抜粋)

・RIAAの2016年統計資料より。売上の51%以上をストリーミング・ミュージックが占める。

・RIAAの統計資料(PDF)

アメリカの音楽市場は年率11%の割合で成長しており、その成長源泉は、完全にストリーミング・ミュージックによる消費の拡大となっている。もちろん、アーティストひとりあたりの売上が小さいのでは……という問題も指摘されているが、ストリーミング・ミュージックやYouTubeから生まれる新しいスターも出てきており、この形が「これからの音楽産業」であるのは間違いない。

では、いかに日本はトランジションするのか? スマートスピーカーのような存在は、いかにストリーミング・ミュージックの成長に影響を及ぼすのか?

一部インディ系アーティストでは、特に海外を中心としたヒットとして、ストリーミング・ミュージックからヒットを飛ばす動きも出てきている。

・【 2017年最大の衝撃】大阪出身でSpotifyグローバルチャート1位、Jojiとは何者か

そこにどう続くのか? 音楽出版社がそのヒットをどう持続的・安定的なものにするのか? そこが、2018年の大きなテーマになる。

 

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2017年12月1日 Vol.152 <誰がために鐘は鳴る号> 目次

01 論壇【小寺】
 検討が進むリーチサイト規制の今
02 余談【西田】
 日本でも「ダウンロード越え」が見えたストリーミング・ミュージックだが……?
03 対談【西田】
 トリニティ・星川哲視氏と語る「スマートフォン関連市場の今」(2)
04 過去記事【小寺】
 家庭内の「家事ハラ」事情を考える
05 ニュースクリップ
06 今週のおたより
07 今週のおしごと

 
12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。   ご購読・詳細はこちらから!

その他の記事

シュプレヒコールのデジャブ感—大切なのは、深く呼吸をすること(名越康文)
今週の動画「飇拳(ヒョウケン)」(甲野善紀)
付き合う前に「別れ」をイメージしてしまうあなたへ(石田衣良)
オリンピックという機会を上手に活かせたロンドンは何が違ったのか(高城剛)
「貸し借り」がうまい人は心が折れない(岩崎夏海)
がん治療・予防に「魔法の杖」はない?–「転ばぬ先の杖」としての地味な養生の大切さ(若林理砂)
『もののあはれ』の実装は可能か(宇野常寛)
「消費者安調査全委員会」発足、暮らしの事故の原因究明は進むのか?(津田大介)
働き方と過ごし方。人生の“幸福の総量”とは(本田雅一)
古舘伊知郎降板『報道ステーション』の意味(やまもといちろう)
個人の情報発信で考えていること(やまもといちろう)
週刊金融日記 第307号【確定申告の季節ですがこれから事業をはじめる人にアドバイス、出口戦略言及で日本円が大躍進他】(藤沢数希)
僕たちは「問題」によって生かされる<前編>(小山龍介)
ソニー平井CEOの引き際。なぜソニーは復活できたのか(本田雅一)
米国の変容を実感するポートランドの今(高城剛)

ページのトップへ