小田嶋隆の「グラフィカルトーク」+平川克美の「グラフィカルトーク解題」第4回

「モザイク」は誰を守っているのか−−向こう側からは見えている

※本稿は内田樹&平川克美メールマガジン「大人の条件」2014年4月19日Vol.082<小田嶋隆の「グラフィカルトーク」+平川克美の「グラフィカルトーク解題」第4回:モザイクは誰のためのものか>を再構成したものです。

 

——この番組では人気コラムニスト小田嶋隆のグラフィカルトークをお送りいたします。グラフィカルトークとは毎回小田嶋先生が選んだ、絵、雑誌の切り抜き、写真などのグラフィックを題材に、いまの社会を縦から横からそして斜めから切り、論じるといったものです。今回はいったいどんな写真なのか。小田嶋先生よろしくお願いいたします。

 

ローソンの前で

——第4回の写真はこちらです。

 

CIMG4318b-compressor

 

ローソンの前に人がたむろしています。みんな若いですね。高校生か、あるいは仕事をしていない人に見えます。ちょっと悪そうな感じ。たばこを吸っているということは、高校生ではないのかもしれません。

小田嶋:まず、よくローソンってわかりましたね。ファミマとか、セブンイレブンとかだとは思わなかった?

——ブルーのコンビニってローソンしかないですよね。

小田嶋:恐れ入りました。なるほどね、この色をみただけで、ローソンとわかるわけね。それで、このたむろしている人たちだけど、服装とかで何か感じる、訴えてくるものはないですか?

——みんな暖かい格好をしていますね。ダウンジャケットにファーがついているようなものを着て、前髪が立っていて、やっぱり不良っぽい感じですよね。いわゆる「便所座り」みたいな、だらしない感じで座っています。

小田嶋:偏差値だといくつくらいだと思いました?

——30とか40とか……まあ、インテリな感じはしないですよね。

小田嶋:これは 1週間くらい前、浅草で友達とお茶を飲むということで、例によって自転車で行って、早く着きすぎたので、近所をぐるっと走っていたときに撮った写真です。とある高校が文化祭をやっていて、高校の文化祭のすぐ隣のローソンですね。

一人ひとりインタビューしたわけではないので、高校生かどうかはわかりません。でも、もし高校生だったら、たばこを吸ってるのはマズいですよね。だから高校名は言いません。いずれにしても、けっこうナニな高校だということですね。

——ナニな高校ってどういうことですか?

小田嶋:ビーバップな高校ということです。学園祭だから、けっこう校門から出入りがあるんですけどね。出てくる子たちもそれぞれすごい雰囲気でね。いずれにしても、載せるときには目線・ぼかしは必須だと思います(編注:上の写真はモザイクをかけています)。この子達がたばこを吸っているのをインターネットにバーンと載せるのは大変なことなので。

近頃は、個人を特定できる写真をウェブに載せると一発で「こら山田、たばこなんか吸っているんじゃねえ!」という話になりますからね。仮に載せるとしても、グーグルストリートビューのように全部ぼかしを入れる必要があるでしょう。

グーグルストリートビューって、人間の顔が映っていると、必ずぼかしが入るように作られています。道玄坂のラブホ前を歩いている二人がストリートビューに映り込んでしまったらまずいことが起きちゃうかもしれないでしょう? だから自動的にぼかしを入れているんですね。車のナンバーなんかも、全部モザイクが入るようになっています。

ただ、そうやってぼかしやモザイクを入れたところで、わかるものはわかりますから、そういうのは問題になっていますね。だからこの写真も、載せるときにはよほど注意して、顔が誰だか特定できないようにして載せてあげないといけないですね。

——前途洋々たる若者の学園祭ですからね。

1 2 3

その他の記事

依存から祈りへ(名越康文)
長崎の街の行方に垣間見える明治維新以降の日本社会の力学(高城剛)
ガイアの夜明けで話題沸騰! 15期連続2桁増収のスーパーの人事戦略を支える「類人猿分類」のすごさ(名越康文)
就活解禁になっても何やっていいのかわからない時に読む話(城繁幸)
人生初めての感動の瞬間(光嶋裕介)
温泉巡りで気付いた看板ひとつから想像できる十年後の街並み(高城剛)
中国人にとって、「村上春樹」は日本人ではない!?(中島恵)
5-10分の「忘れ物を取り戻る」程度の小走りが脳を変える(高城剛)
新海誠監督がこれまでの弱点を克服した傑作『君の名は。』(岩崎夏海)
寂しい気持ちとの付き合い方(家入一真)
僕がネットに興味を持てなくなった理由(宇野常寛)
悲しみの三波春夫(平川克美)
改めて考える「ヘッドホンの音漏れ」問題(西田宗千佳)
がん治療・予防に「魔法の杖」はない?–「転ばぬ先の杖」としての地味な養生の大切さ(若林理砂)
ゲームと物語のスイッチ(宇野常寛)

ページのトップへ