城繁幸
@joshigeyuki

期間限定公開! 新刊『「10年後失業」に備えるためにいま読んでおきたい話』

【第2話】波乱の記者会見

cover_0605

前回(第1話 日本型雇用の未来は君の肩に……)はこちら。

プロ野球史上初の〝終身雇用球団〞連合ユニオンズへの出向を命じられた総務畑ひとすじのサラリーマン山田明男(45歳)。どうなる山田君。どうなる連合ユニオンズ!?

 

【第2話】波乱の記者会見

 

連合ユニオンズ結成の記者会見が、神田駿河台の連合本部で行われたのは、年の瀬も迫る12 月のこと。普段は閑静なホールに、100人近いマスコミが集まった。

(今日はなんだか、いつもと空気が違うな)

何度も通っている場所だが、日経新聞経済部若手記者・渡辺俊也はそう感じた。今日はなんだかいつもと雰囲気が違う。経済部の記者仲間の間でもそれが話題になっている。

「いつもなら経済部かせいぜい社会部で、どの社もだいたい顔見知りだけど、今日は 東スポから報知まで実に幅広いからね。なんでも赤旗(※1)まで来てるらしいぞ」

「ま、それだけユニオンズが注目されてるってことでしょうね。それにしても、あの正面にあるでかい幕って何なんでしょう?  ユニフォームか何かかな」

累増する各球団の赤字や視聴率低迷、スター選手のメジャー流出など、近年のプロ野球には暗いニュースが多い。そんな中、ユニオンズの誕生は、まあ明るいかどうかは分からないけれども、とりあえずほっと一息つけるようなニュースであることは間違いない。

「えーそれでは、これから新チームの編成について、連合会長の古賀剛より発表いたします」

会の司会は管理部長の山田が務める。やや緊張した面持ちだが、もう腹はくくっている。「日本型雇用の優秀性を天下に示す」この言葉の熱っぽい響きが、山田の心のどこかに響いていた。

それに、このミッションを上手く回せれば、いずれ本社への復帰時(※2)に部長待遇で迎え入れられることだろう。部長になる。同期の誰よりも先に。今日という日は、 そのための輝ける第一歩となるであろう。

山田に促されて壇上に登った古賀は、ごほんと咳払いをしてからゆっくり話し始めた。

 

※1 赤旗/日本共産党の機関誌「しんぶん赤旗」。ウェブサイトには「国民とともに真実を伝え85年」とあるが、あくまで 彼らの階級闘争史観という特殊なメガネを通してみたバーチャル世界のお話である。なお〝しんぶん〞とついてはいるが、 正確には機関紙であって〝新聞〞ではないので、何を書こうと彼らの自由である。

※2 本社への復帰/「出向先で立派な成果を上げれば本社に復帰させるから」というリップサービスで多くの人が40歳以降に子会社へと送りだされる。実際に成果を上げることで昇格+復帰する島耕作みたいな人も一部にいる。

 

1 2 3 4
城繁幸
人事コンサルティング「Joe's Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』等。

その他の記事

【第1話】日本型雇用の未来は君の肩に……(城繁幸)
最近ハゲ関連が熱い、あるいは新潟日報と報道の問題について(やまもといちろう)
韓国情勢「再評価」で、問題知識人が炙り出されるリトマス試験紙大会と化す(やまもといちろう)
川端裕人×オランウータン研究者久世濃子さん<ヒトに近くて遠い生き物、「オランウータン」を追いかけて>第2回(川端裕人)
「わからない」という断念から新しい生き方を生み出していく(甲野善紀)
グリーンラッシュ:合法な大麻ビジネスがもたらす大いなる可能性(高城剛)
眼鏡っ子のための心を整えるエクササイズ(名越康文)
広告が溢れるピカデリー・サーカスで広告が一切ない未来都市の光景を想像する(高城剛)
世界遺産登録を望まない、現代の隠れキリシタンたち(高城剛)
金は全人類を発狂させたすさまじい発明だった(内田樹&平川克美)
「どうでもいいじゃん」と言えない社会は息苦しい(紀里谷和明)
腰痛対策にも代替医療を取り入れる偏執的高城式健康法(高城剛)
誰も無関係ではいられない「メディアの倫理」(小寺信良)
キューバの有機農業に注目しているのは日本の一部の人たちだけという現実(高城剛)
(1)上達し続ける人だけがもつ「謙虚さ」(山中教子)
城繁幸のメールマガジン
「『サラリーマン・キャリアナビ』★出世と喧嘩の正しい作法」

[料金(税込)] 330円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第2第4金曜日配信予定)

ページのトップへ