名越康文
@nakoshiyasufumi

名越康文新刊『どうせ死ぬのになぜ生きるのか』刊行特別企画

どうせ死ぬのになぜ生きるのか?

※この記事は名越康文氏の新刊『どうせ死ぬのになぜ生きるのか』(PHP研究所、2014年11月15日刊行)の序文です。

 

jpegみなさんこんにちは。この本は皆さんの生活の中に仏教を取り入れていく方法について、僕なりにまとめたものです。具体的には仏教における行や瞑想、そして方便を中心に、皆さんの日常の中に仏教の学びを取り入れる方法をご紹介したいと思っています。

行とは何か、方便とは何か。簡単に説明すれば、行や瞑想というのは心を落ち着かせ、整える方法であり、方便というのは仕事や日常の人間関係の中で適切に振るまい、人に貢献する、ということです。

仏教を学ぶというと「難しい」とか「厳しそう」という印象を持つ人が多いかもしれません。しかし、行や瞑想、あるいは方便というのは必ずしも難しく、厳しいものではありません。むしろ一つひとつを取り出してみると、「え? こんなことでいいの?」と思うぐらい、単純なこと、当たり前に思えるようなことも少なくないのです。しかし、それを実際に自分の生活に取り入れるか、取り入れないかということが、その人の人生を大きく変えてしまいます。

そもそもなぜ、精神科医である僕が仏教に関心を持ち、それを日常生活の中に取り入れるようになったのか? そこに疑問を持たれる方もおられるでしょう。詳しいことは本文で述べさせてもらいたいと思います(少し長いストーリーがあるのです)が、ここで言っておきたいことは、そんな「門外漢」だからこそ、お伝えできることがある、ということです。

仏教の行や瞑想、あるいは方便というのは、老若男女を問わず、どんな人でもいつからでも日常の中に取り入れることができるし、取り入れるべきものだというのが僕の考えです。そして、これまで縁がなかった人が仏教を自分の日常に取り入れていくときには、僕のような「門外漢」の話のほうがお役に立てることも少なくないと思うのです。

本書を手に取られた方の中には、仏教に強い関心を持っている方々が少なくないでしょう。ここで最初にお断りしておきたいのは、もしあなたが仏教の「知識」や「教養」を求めて本書を手に取られたとすれば、残念ながら期待はずれになってしまうかもしれない、ということです。

僕はお坊様でもなければ、仏教の専門家でもない、一介の町医者に過ぎません。僕が毎日の生活の中に仏教の行や瞑想を取り入れるようになったのは、四十八歳の頃からで、まだ十年も経っていません。ですから、「仏教の専門家」としての内容を期待されると、それは高い確率で裏切ってしまうことになるでしょう。もし知識や教養としての仏教を学びたいので あれば世の中にはすばらしい本がたくさん出ていますので、そちらで学んでいただきたいと思います。

しかしもしあなたが、「自分の人生をもう少し充実させたい」「毎日をもう少し明るく生きたい」という願いから仏教に関心を持たれているのであれば、この本のお話は、多少なりともお役に立てるのではないかと思っています。

 

新刊『どうせ死ぬのになぜ生きるのか』

jpeg
精神科医の結論。日々の不安の根底にある根本的な疑問を解決する答えは、仏教の教えにある! 誰でも実践できる“行(ぎょう)"が人生を変える。

<目次>
第一章 どうせ死ぬのになぜ生きるのか
第二章 仏教には行がある!
第三章 〝最強の心理学〞としての仏教
第四章 因縁を断ち切る「行」の力
第五章 無常を知るということ
第六章 日常の中でお寺や仏具を活用する
第七章 仏教の真髄は瞑想にあり
第八章 現世で善行を積もう│ 方便と菩提心

 

amazonで購入する!

名越康文
1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、京都精華大学客員教授。 専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。 著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川SSC新書、2010)、『毎日トクしている人の秘密』(PHP、2012)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院、2012)、『質問です。』(飛鳥新社、2013)、『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行、2013)などがある。 名越康文公式サイト「精神科医・名越康文の研究室」 http://nakoshiyasufumi.net/

その他の記事

あれ? これって完成されたウエアラブル/IoTじゃね? Parrot Zik 3(小寺信良)
【高城未来研究所】「海外に誇る日本」としてのデパ地下を探求する(高城剛)
一寸先は、光。自分しかない未来を恐れなければ道は開けるものです(高城剛)
ゆとり世代がブラック企業を育んだ(岩崎夏海)
「HiDPIで仕事」の悦楽(西田宗千佳)
少子化を解消するカギは「家族の形」にある(岩崎夏海)
人生に活力を呼び込む「午前中」の過ごし方(名越康文)
父親の背中、母親の禁止–『ドラゴンボール』に学ぶ好奇心の育み方(岩崎夏海)
「なぜ若者に奴隷根性が植えつけられたか?(中編)(岩崎夏海)
ドラマ『ハウス・オブ・カード』〜古くて新しい“戦友”型夫婦とは(岩崎夏海)
メルマガの未来~オープンとクローズの狭間で(津田大介)
会社を立ち上げました–家入流「由来を語れる」ネーミングについて(家入一真)
週刊金融日記 第267号<クラミジア・パズルとビジネスでの統計の使い方他>(藤沢数希)
VRとは「マジック」と見つけたり(西田宗千佳)
住んでいるだけでワクワクする街の見つけ方(石田衣良)
名越康文のメールマガジン
「生きるための対話(dialogue)」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第1,第3月曜日配信予定)

ページのトップへ