城繁幸
@joshigeyuki

期間限定公開! 新刊『「10年後失業」に備えるためにいま読んでおきたい話』

【第2話】波乱の記者会見


「選手の報酬制度ですが、我々は年俸制を全廃の上、プロ選手としての勤続年数をベ ースとした職能給制度を導入いたします。つまり、ルーキー一年目は野球規約の最低年俸である440万円からスタートし、1軍昇格後は1500万から再スタートとい うことです。ま、本塁打数や勝ち星で若干はボーナスに色は付けますがね」

「あ、あの、読売新聞社ですが、じゃあレギュラーとベンチで、年俸、いや年収はそんなに変わらないってことになりますよね?  ていうか、ボーナスがあるんですか? プロなのに......」

「我々連合の理念は、労働者はまず生活給を保証されねばならない、というものです。 ですから、全選手に生活できるだけの給料を保証しましょう。そして、それを超えた 活躍に対しては、臨時給、つまりボーナスという形で上乗せしましょうということな のです。 年代後半まで、この国では当たり前に行われてきた慣習ですよ」

「し、しかし、それでは有能な選手が流出してしまうでしょう。長いペナントレース、 そんなシステムで戦えるんですかね?」

「それはおかしい! だったらコテコテの終身雇用を維持しているお宅の新聞社(※5)は戦っていないとでも言うんですか?」

「そ、それは...」

「親会社はこてこての終身雇用のくせに、外国かぶれの年俸制なんて採用してる球団 には絶対に負けませんよ。うちは親も子も、正々堂々、終身雇用を貫かせていただきます」

パンパカパーンとファンファーレが鳴るとともに、背後の壁にかかっていた紫の幕が下ろされ、達筆で書かれた文字が顔を出した。

 

連合ユニオンズ三憲章

・ユニオンズは常に賃下げすることなかれ

・ユニオンズは常に解雇することなかれ

・ユニオンズは年俸制球団に追い付き、そして追い越せ

 

「我々は選手に、賃下げや解雇のない最高のプレー環境を提供します。そう、ユニオンズは史上初の終身雇用球団なのです!」

立派な演出とは裏腹に、渡辺にはその内容がひどく滑稽なものに思えた。

「巨人軍憲章をもじったんだろうけど、1、2番は自分たちの権利のことじゃないか。 3番目にしても、結局は連合のために頑張りましょうってことだろう。ファンの目線は完全に度外視してるじゃないか」

会見は続き、記者たちとユニオンズ側のやり取りはそれなりに盛り上がった。ドラフトはどうするか、どんなスタイルのチームを目指すのか。

「では、質問がないようでしたら、そろそろお開きとさせていただきますが......」

最後に、渡辺は一つの質問をぶつけてみた。この会が始まった時から、いや、連合が横須賀ベイブルースを買収すると聞いた時から抱いていた質問だ。

 

※5  親会社はこてこての終身雇用/新聞社や電鉄会社など、プロ野球球団を保有する有名大企業は、一部の例外を除いて年功序列・終身雇用を守る、典型的な日本型企業である。そういう意味では、数少ない例外である楽天イーグルスが日本シリーズを制した2013年は、10年後に振り返ってみると大きなターニングポイントとみなされているかもしれない。

1 2 3 4
城繁幸
人事コンサルティング「Joe's Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』等。

その他の記事

ネットとは「ジェットコースター」のようなものである(小寺信良)
「民進党代表選」期待と埋没が織りなす状況について(やまもといちろう)
生き残るための選択肢を増やそう(前編)(家入一真)
中国マネーが押し寄せる観光地の今(高城剛)
伊達政宗が「食べられる庭」として築いた「杜の都」(高城剛)
『犯る男』朝倉ことみさん、山内大輔監督インタビュー 「ピンク映画ってエロだけじゃない、こんなすごいんだ」(切通理作)
「日本の労働生産性がG7中で最下位」から日本の労働行政で起きる不思議なこと(やまもといちろう)
週刊金融日記 第267号<クラミジア・パズルとビジネスでの統計の使い方他>(藤沢数希)
「本当かどうかわからない数字」に左右され責任を押し付けあう日本社会(高城剛)
スマートウォッチとしての完成度が上がったApple Watch(本田雅一)
そんなに「変」じゃなかった「変なホテル」(西田宗千佳)
それ「悲報」でもなんでもないから――化粧品はお肌に浸透しません!(若林理砂)
小商いと贈与(平川克美)
津田大介×石田衣良 対談<後編>:「コミュニケーション」が「コンテンツ」にまさってしまう時代に(津田大介)
クリエイターとして成功したければ本を捨てろ(岩崎夏海)
城繁幸のメールマガジン
「『サラリーマン・キャリアナビ』★出世と喧嘩の正しい作法」

[料金(税込)] 330円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第2第4金曜日配信予定)

ページのトップへ