やまもといちろうメルマガ「人間迷路」より

被差別属性としての「キモくて金のないおっさん」とは何か

072dea9fb0895a7e65d63768ad7f60f7_s-compressor

ヘイトスピーチやLGBT問題以降、マイノリティに対する社会的攻撃に歯止めをかけようという議論が盛り上がっていましたが、ある意味で切り札とも言えるネタがウェブ上に出てきておりまして、それが本件「キモくて金のないおっさん」です。

決して救われない社会的弱者「キモくて金のないおっさん」について語る
http://togetter.com/li/824984

ネタとしては乾いた笑いを誘発するタイプの中身ですが、実際に起きていることはかなり熾烈なものであって、本当にどうしようもない独り身の中年・高齢男性が社会で浮いたとき、どこにも辿り着けないという救いのない現象を指摘するものです。

もちろん、コメント内でも指摘のあるとおり、心身の病気や失業など個別の事情でどうしようもなくなるケースがたくさんあり、必ずしも「おっさん」だけでなく「おばさん」「メンヘラ」といった属性がここに入ってもおかしくはない内容ではあります。しかし、駄目なおっさんとしてみた場合、社会から脱落したあとで誰からもどこからも同情を引き出すことができないというのは分かっていたこととはいえ重要な指摘です。おそらく今後の日本で重大な景気後退やら経済破綻があったときに、真っ先にしわ寄せが行く先が、この「キモくて金のないおっさん」だろうと思うのです。

貧乏な中年男性は「そうなったのが自業自得」と思われる部分、また権利主張をしようにも貧困対策の枠内でしか救済されないという点で、浮上の目はなかなかないのも事実として言えると思いますし、社会変革を考える上でもこのあたりが真の「サイレントマジョリティ」になるのかしらと感じる次第です。

何より、読んでいてこのあたりは腰が抜けました。

https://twitter.com/1yagiryow5/status/601390936111775744

[引用] キモくて金のないオッサンが溢れて乱闘になったのが明治維新
-ここまで-

お、おう…。

 

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路

Vol.129<そろそろスマホ向けアプリのブースト(リワード広告)はいい加減アレでしょう、ということも踏まえてマイナンバーなども語る回>

2015年5月25日発行号
目次
187A8796sm

【0. 序文】被差別属性としての「キモくて金のないおっさん」とは何か
【1. インシデント1】アプリ界隈の問題行為、ブースト、リセマラ、売上粉飾がそろそろやばいことに
【2. インシデント2】マイナンバーもいずれは漏洩する覚悟で合理的な運用を期待したいものです
【3. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A

「人間迷路」のご購読はこちらから

 

 

【月1で豪華ゲストが登場!】山本一郎主宰の経営情報グループ「漆黒と灯火」詳細はこちら!

やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。サイバーインテリジェンス研究所統計技術主幹など歴任。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

日大広報部が選んだ危機管理の方向性。“謝らない”という選択肢(本田雅一)
正しい正しさの持ち方(岩崎夏海)
今週の動画「太刀奪り」(甲野善紀)
世界はバカになっているか(石田衣良)
21世紀、都市の未来は「空港力」にかかっている(高城剛)
川の向こう側とこちら側(名越康文)
岐路に立つデジカメ、勝ち組キヤノンの戦略(小寺信良)
楽しくも儚い埼玉県知事選事情(やまもといちろう)
21世紀のスマートトラベラーは天候のヘッジまで考えなければいけない(高城剛)
日本初の「星空保護区」で満喫する超脱力の日々(高城剛)
目的がはっきりしないまま挑戦する人の脆さと凄さ(やまもといちろう)
眼鏡っ子のための心を整えるエクササイズ(名越康文)
伸びる人は「2週間1単位」で生活習慣を整える(名越康文)
週刊金融日記 第280号 <Instagramで女子と自然とつながる方法 〜旅行編、米朝核戦争に備えビットコインを保有するべきか他>(藤沢数希)
子育てへの妙な圧力は呪術じゃなかろうか(若林理砂)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ