名越康文
@nakoshiyasufumi

こころカフェ・スピンオフ企画 「智慧の科学から学ぶ」前編ダ イジェスト動画

【ダイジェスト動画】名越式仏教心理学を語る

jpeg新刊『どうせ死ぬのになぜ生きるのか (PHP新書) 』、皆さん、お読みいただけましたでしょうか。Amazonも在庫が少ない状態のようですし、

http://www.amazon.co.jp/dp/456982093X

書店の在庫も少ない状況ですが、機会があれば手に取ってご覧ください。

一方、これは夜間飛行とは別の会社ですが、ラジオデイズから、今年の夏に行ったスピンオフ企画である仏教心理学講義の音源がリリースされました。その冒頭部分の動画を公開していますので、よろしければご覧ください。

 

 

仏教心理学についてまとまったお話をさせていただいた音源は初めてですので、ご興味のある方は、年末年始にでも聞いていただければ幸いです。

<ラジオデイズからのご案内>

2014年夏に開かれた仏教心理学講座の第1回め、いよいよリリースです。

名越先生ご自身が、多くの人生のヒントを得ているという
仏教について理解を深め、より自覚的に、よりよく生きることを
目指しての、実践的な心理学講座です。

限定50名の受講生の真摯な熱気と共振した、
名越心理学独自の展開が、わたしたちをそれぞれの気づきに導きます。

詳細・ご購入
http://www.radiodays.jp/item_set/show/765

※リンク先はラジオデイズのサイトとなります。夜間飛行とは別会社ですので、上記コンテンツについてのお問い合わせは、ラジオデイズ(http://www.radiodays.jp/)にお願いいたします。

 

 

好評発売中!

 

驚く力―さえない毎日から抜け出す64のヒント surprised_cover

現代人が失ってきた「驚く力」を取り戻すことによって、私たちは、自分の中に秘められた力、さらには世界の可能性に気づくことができる。それは一瞬で人生を変えてしまうかもしれない。

自分と世界との関係を根底からとらえ直し、さえない毎日から抜け出すヒントを与えてくれる、精神科医・名越康文の実践心理学!

amazonで購入する

 

名越康文メールマガジン「生きるための対話(dialogue)

6

テレビ、ラジオなど各種メディアで活躍する精神科医・名越康文の公式メルマガです。メルマガ購読者とのQ&A、公開カウンセリング、時評、レビューなど盛りだくさんの内容を隔週でお届けします。

「ぼくらが生きているのは、答えのない時代です。でも、それはもしかすると、幸福なことなのかもしれません。なぜなら、答えのない問いについて対話し続けることではじめて開ける世界があるからです。皆さんと一緒に、このメルマガをそんな場にしていきたいと思っています」(名越康文)

【 料金(税込) 】 540円 / 月 <初回購読時、1ヶ月間無料!!>

【 発行周期 】 月2回発行(第1,第3月曜日配信予定)

ご購読・詳細はこちらから!

名越康文
1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、京都精華大学客員教授。 専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。 著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川SSC新書、2010)、『毎日トクしている人の秘密』(PHP、2012)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院、2012)、『質問です。』(飛鳥新社、2013)、『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行、2013)などがある。 名越康文公式サイト「精神科医・名越康文の研究室」 http://nakoshiyasufumi.net/

その他の記事

思考実験のための『もし、トランプさんが米大統領になったら』(やまもといちろう)
シンクロニシティの起こし方(鏡リュウジ)
なぜゲーム機だけが日本発のプラットフォーム作りに成功したのか(西田宗千佳)
変化のベクトル、未来のコンパス~MIT石井裕教授インタビュー 後編(小山龍介)
開発者会議で感じた「AWS」という企業の本質(西田宗千佳)
迷子問答 公開質問【正しい努力とは】(やまもといちろう)
『小説家と過ごす日曜日』動画版vol.001<IRA’Sワイドショー たっぷりコメンテーター><恋と仕事と社会のQ&A>(石田衣良)
がん治療・予防に「魔法の杖」はない?–「転ばぬ先の杖」としての地味な養生の大切さ(若林理砂)
『ご依頼の件』星新一著(Sugar)
少ない金で豊かに暮らす–クローゼットから消費を見直せ(紀里谷和明)
夏の京都で考える日本の「失われた150年」(高城剛)
スマホから充電、という新発想〜巨大バッテリー搭載のK10000(高城剛)
僕がザハ案の国立競技場の建設に賛成していた、たった一つの理由(岩崎夏海)
なぜ若者がパソコンを使う必要があるのか(小寺信良)
クリエイターとは何度でも「勘違い」できる才能を持った人間のことである(岩崎夏海)
名越康文のメールマガジン
「生きるための対話(dialogue)」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第1,第3月曜日配信予定)

ページのトップへ