名越康文
@nakoshiyasufumi

名越康文メールマガジン 生きるための対話(dialogue)より

伸びる人は「2週間1単位」で生活習慣を整える

※名越康文メールマガジン「生きるための対話(dialogue)」2015年3月16日 Vol.096より

99c4b98b6eee2682d51d8bdd5cae2b1d_s

仕事でも、趣味でも、長年続けていると「最近成長していないなあ」とか「同じところに留まってしまっているなあ」と感じることがあります。そういうとき、多くの人は自分の努力不足を反省します。「もっとがんばらなきゃなあ」というふうに。

でも、私のみるかぎり「がんばろう」という気持ちが不足することによって物事に取り組めなくなっているという人は、それほど多くはありません。たいていは、何か余計なことに時間を取られ、体力を消耗させ、その結果として、「がんばろう」という気持ちを完全燃焼させることができていないだけなのです。

ですから「前に進めていないなあ」と感じたときには、自分の努力不足に目を向けるのではなく、自分の生活習慣の中にある「ロス」「無駄」に目を向けましょう。

たとえば不必要な夜更かし、本質的ではないおしゃべり、消耗する長電話。人の世話もどこかやり過ぎているのは、自分が心のバランスを崩しているからです。そこから勇気を出してカットし始めると、案外自然に、その人の努力は正しい方向に向かい始めます。

では生活習慣の中にあるロスや無駄をどのように見極めれば良いのか。私の場合、生活習慣を「2週間1単位」で捉えるようにしています。1週間では少し短い。2週間ぐらいで捉えれば、自分がやりたいこと、行きたい場所、過ごしたい時間を概ね網羅できるはずです。そして、「それ以外の場所」に行かないように、「それ以外のこと」をルーチンから外していきましょう。

世界(見聞)は広く、生活は狭く、そして楽しく。

お気に入りのお店を見つけたら、2週間に1度は通いましょう。同じお店に定期的に通っていると、そこは実は、この世でもっとも変化に富んだ場所だということに気づきます。さまざまな場所に行くことが変化なのではありません。同じ場所に新鮮さを感じることこそが、変化なのです。

誰しも、生きるということにどこか明確に恐怖を覚えています。だからこそ、生活習慣を整え、身体の芯のところで明るさを手に入れておかないと、私たちは生きていくことすらできないのです。

生活習慣を整えること。これは実は「自分でやる」以外の方法がありません。孤独であることは、なんなら最大の強みなのだと心得ましょう。

 

名越康文メールマガジン「生きるための対話(dialogue)

2015年3月16日 Vol.096
6

目次

00【イントロダクション】「2週間1単位」で生活を整える
01【コラム】「笑いの心理学」試論
02精神科医の備忘録 Key of Life
・得意分野を封印する
03読むこころカフェ(31)
・「このままでいいのか」という思いこそがチャンス
04カウンセリングルーム
[Q1] 感情のアップダウンを静めたい
[Q2] 4年間があっという間に過ぎてしまいそうです
[Q3] 人に合わせることに気を遣い過ぎて疲れています
05講座情報・メディア出演予定
【引用・転載規定】

 

※購読開始から1か月無料! まずはお試しから。

※kindle、epub版同時配信対応!

 

名越康文メルマガ「生きるための対話」のご購読はこちらから

 

名越康文
1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、京都精華大学客員教授。 専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。 著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川SSC新書、2010)、『毎日トクしている人の秘密』(PHP、2012)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院、2012)、『質問です。』(飛鳥新社、2013)、『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行、2013)などがある。 名越康文公式サイト「精神科医・名越康文の研究室」 http://nakoshiyasufumi.net/

その他の記事

「スルーする」ことなど誰にもできない――過剰適応なあなたが覚えておくべきこと(名越康文)
ラジオを再発明? ラジオ局が仕掛けるラジオ(小寺信良)
NYの博物館で出会った「カミカゼ・エクスペリエンス」(川端裕人)
夏の終わりに不老不死の可能性を考える(高城剛)
注目のスーパーフード、食用大麻で腸内環境の改善を目指す(高城剛)
うざい店員への対応法(天野ひろゆき)
ショートショート「金曜夜、彼女のジョブ」(石田衣良)
これからの日本のビジネスを変える!? 「類人猿分類」は<立ち位置>の心理学(名越康文)
まだ春には遠いニュージーランドでスマホ開発の終焉とドローンのこれからを考える(高城剛)
ビデオカメラの起動音、いる?(小寺信良)
なぜアップルのユーザーサポートは「絶賛」と「批判」の両極の評価を受けるのか(西田宗千佳)
社員を切ってください、雑巾は絞ってください(やまもといちろう)
『もののあはれ』の実装は可能か(宇野常寛)
狂気と愛に包まれた映画『華魂 幻影』佐藤寿保監督インタビュー(切通理作)
もし朝日新聞社が年俸制で記者がばんばん転職する会社だったら(城繁幸)
名越康文のメールマガジン
「生きるための対話(dialogue)」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第1,第3月曜日配信予定)

ページのトップへ