小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

細かいワザあり、iPhone7 Plus用レンズ

※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2017年5月19日 Vol.127 <Catch up If you can 号>より

NAB取材の帰りにロス市内で少し買い物した。とはいってもいわゆるアメリカ土産のようなものではなく、撮影機材である。Samy's Cameraは全米6箇所にショップを構えるプロショップだ。ロスには4箇所ある。

・窓一つないSamy's Cameraの建屋

そこで見つけたのが、iPhone用のテレ・ワイドレンズ「Olloclip Active Lens」だ。以前iPhone 6/6 Plus用にでていたのは知っていたが、ツインレンズのiPhone 7 Plus用のものが新しく出ていた。もちろん日本でも買える。価格的にはだいたい12,000円前後である。

・「Olloclip Active Lens」

 

きちんと固定されるレンズ

スマホ用の拡張レンズは、今や100円ショップでも売られているほどに普及した。多くはクリップ型になっており、スマホにちょいと挟んで使えるようになっている。

筆者は100円ショップではなくケンコーの「リアルプロ クリップレンズ」を使っている。さすが光学アクセサリーメーカーが作っているだけあって、歪曲が少ないワイドレンズだが、若干不満があった。

ご存じのようにiPhone 7 Plusにはレンズが2つ並んでいる。だが多くのクリップ型レンズは1レンズを前提に作られているため、iPhone 7 Plusに使うと、きちんとはまらず安定しないのだ。

・リアルプロ クリップレンズはツインレンズを想定していないので、すぐ位置がずれる

少なくともレンズはまっすぐに装着しないと、設計された解像度が出ないばかりか、映像に歪みが出てしまう。これまではちょこっと使うだけだからと妥協してきたのだが、最近はOsmo Mobileで取材動画を撮影するようになった。元々iPhoneでは動画では画角が一段狭くなるので、撮影中にズレないワイドレンズが必要になってきたのだ。

 

解像感の高いレンズ

製品にはワイドとテレのレンズが2本入っている。取り付け用クリップは、iPhone 7用とiPhone 7 Plus用があるので、レンズのほうを付け替えて使用する。

iPhoneに装着するにはiPhoneケースを外さないときちんとはまらないが、いったん装着するとぐらつきもなくピッタリはまる。裏表にレンズがあるが、メインとインカメラ両方の位置が同時に合うようになっている。

・ガッチリはまるOlloclip Active Lens

実際にケンコーのクリップレンズと撮り比べてみた。ケンコーのレンズはちょっと装着がズレるとケラレが発生するのに加え、解像感が落ちる。

一方Olloclipは、ケンコーよりも若干ワイドで、解像感は高い。ただそのぶんだけ画面の歪曲は大きくなる。

・iPhoneノーマルで撮影

・ケンコー「リアルプロクリップレンズ」で撮影。上部にケラレが出ている

・Olloclipのワイド側で撮影。近景は湾曲が目立つが、解像感は高い

前後をひっくり返すと、2倍の望遠レンズが使える。元々iPhone 7 Plusには2倍のレンズが付いているが、これはOlloclipが塞いでしまうので使えなくなる。手ぶれ補正が使えて光学2倍になるというメリットはあるが、Plusではそれほど積極的に使う意味はない。

・ひっくり返せば2倍のテレレンズに

優れものなのは、持ち歩き時にクリップを止めておくための台座だ。これを開くとiPhoneの固定台になる。ちょこっとした動画撮影で、手で持っているわけにはいかない時には重宝しそうだ。

・台がスマホスタンドになるなど、細かいところがよくできている

スマホ用拡張レンズとしてはかなり高価なので、元が取れるようにしっかり使っていきたいところである。

 

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2017年5月19日 Vol.127 <Catch up If you can 号> 目次

01 論壇【西田】
 ナデラ・マイクロソフトという企業
02 余談【小寺】
 細かいワザあり、iPhone7 Plus用レンズ
03 特集【小寺】
 NAB2017レポート (2)
04 過去記事【西田】
 「行列」はITで退治できるか
05 ニュースクリップ
06 今週のおたより
07 今週のおしごと

 
12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。   ご購読・詳細はこちらから!

その他の記事

モアイの謎、イースター島にはまだまだ夢がある(高城剛)
「プログラマー的思考回路」が人生を変える(家入一真)
回転寿司が暗示する日本版「インダストリー4.0」の行方(高城剛)
川端裕人×オランウータン研究者久世濃子さん<ヒトに近くて遠い生き物、「オランウータン」を追いかけて>第2回(川端裕人)
どうせ死ぬのになぜ生きるのか?(名越康文)
「人間ドック」から「人間ラボ」の時代へ(高城剛)
少ない金で豊かに暮らす–クローゼットから消費を見直せ(紀里谷和明)
スウェーデンがキャッシュレス社会を実現した大前提としてのプライバシーレス社会(高城剛)
高いエステはなぜ痛いのか――刺激と退屈の心理学(名越康文)
鉄鋼相場の変調とアジア経済の調整(やまもといちろう)
仮想通貨に関する概ねの方針が出揃いそう… だけど、これでいいんだろうか問題(やまもといちろう)
学歴はあとから効いてくる?ーぼくは反知性主義的な場所で育った(岩崎夏海)
私の出張装備2016-初夏-(西田宗千佳)
スーツは「これから出会う相手」への贈り物 (岩崎夏海)
失ってしまった日本ならではの自然観(高城剛)

ページのトップへ