小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

細かいワザあり、iPhone7 Plus用レンズ

※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2017年5月19日 Vol.127 <Catch up If you can 号>より

NAB取材の帰りにロス市内で少し買い物した。とはいってもいわゆるアメリカ土産のようなものではなく、撮影機材である。Samy's Cameraは全米6箇所にショップを構えるプロショップだ。ロスには4箇所ある。

・窓一つないSamy's Cameraの建屋

そこで見つけたのが、iPhone用のテレ・ワイドレンズ「Olloclip Active Lens」だ。以前iPhone 6/6 Plus用にでていたのは知っていたが、ツインレンズのiPhone 7 Plus用のものが新しく出ていた。もちろん日本でも買える。価格的にはだいたい12,000円前後である。

・「Olloclip Active Lens」

 

きちんと固定されるレンズ

スマホ用の拡張レンズは、今や100円ショップでも売られているほどに普及した。多くはクリップ型になっており、スマホにちょいと挟んで使えるようになっている。

筆者は100円ショップではなくケンコーの「リアルプロ クリップレンズ」を使っている。さすが光学アクセサリーメーカーが作っているだけあって、歪曲が少ないワイドレンズだが、若干不満があった。

ご存じのようにiPhone 7 Plusにはレンズが2つ並んでいる。だが多くのクリップ型レンズは1レンズを前提に作られているため、iPhone 7 Plusに使うと、きちんとはまらず安定しないのだ。

・リアルプロ クリップレンズはツインレンズを想定していないので、すぐ位置がずれる

少なくともレンズはまっすぐに装着しないと、設計された解像度が出ないばかりか、映像に歪みが出てしまう。これまではちょこっと使うだけだからと妥協してきたのだが、最近はOsmo Mobileで取材動画を撮影するようになった。元々iPhoneでは動画では画角が一段狭くなるので、撮影中にズレないワイドレンズが必要になってきたのだ。

 

解像感の高いレンズ

製品にはワイドとテレのレンズが2本入っている。取り付け用クリップは、iPhone 7用とiPhone 7 Plus用があるので、レンズのほうを付け替えて使用する。

iPhoneに装着するにはiPhoneケースを外さないときちんとはまらないが、いったん装着するとぐらつきもなくピッタリはまる。裏表にレンズがあるが、メインとインカメラ両方の位置が同時に合うようになっている。

・ガッチリはまるOlloclip Active Lens

実際にケンコーのクリップレンズと撮り比べてみた。ケンコーのレンズはちょっと装着がズレるとケラレが発生するのに加え、解像感が落ちる。

一方Olloclipは、ケンコーよりも若干ワイドで、解像感は高い。ただそのぶんだけ画面の歪曲は大きくなる。

・iPhoneノーマルで撮影

・ケンコー「リアルプロクリップレンズ」で撮影。上部にケラレが出ている

・Olloclipのワイド側で撮影。近景は湾曲が目立つが、解像感は高い

前後をひっくり返すと、2倍の望遠レンズが使える。元々iPhone 7 Plusには2倍のレンズが付いているが、これはOlloclipが塞いでしまうので使えなくなる。手ぶれ補正が使えて光学2倍になるというメリットはあるが、Plusではそれほど積極的に使う意味はない。

・ひっくり返せば2倍のテレレンズに

優れものなのは、持ち歩き時にクリップを止めておくための台座だ。これを開くとiPhoneの固定台になる。ちょこっとした動画撮影で、手で持っているわけにはいかない時には重宝しそうだ。

・台がスマホスタンドになるなど、細かいところがよくできている

スマホ用拡張レンズとしてはかなり高価なので、元が取れるようにしっかり使っていきたいところである。

 

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2017年5月19日 Vol.127 <Catch up If you can 号> 目次

01 論壇【西田】
 ナデラ・マイクロソフトという企業
02 余談【小寺】
 細かいワザあり、iPhone7 Plus用レンズ
03 特集【小寺】
 NAB2017レポート (2)
04 過去記事【西田】
 「行列」はITで退治できるか
05 ニュースクリップ
06 今週のおたより
07 今週のおしごと

 
12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。   ご購読・詳細はこちらから!

その他の記事

親野智可等さんの「左利き論」が語るべきもの(やまもといちろう)
心のストッパーを外す方法(岩崎夏海)
世界百周しても人生観はなにも変わりませんが、知見は広がります(高城剛)
電気の「自炊」が当たり前の時代へむけて(高城剛)
発信の原点とかいう取材で(やまもといちろう)
2018年は誰もが信じていたことがとても信用できなくなる事態が多発するように思われます(高城剛)
今年は「動画ゼロレーティング」に動きアリ(西田宗千佳)
完全な自由競争はファンタジーである(茂木健一郎)
風邪は「ひきはじめ」で治す! 葛根湯+ペットボトル温灸の正しい使い方(若林理砂)
「GOEMON」クランクインに至るまでの話(紀里谷和明)
(1)上達し続ける人だけがもつ「謙虚さ」(山中教子)
変化のベクトル、未来のコンパス~MIT石井裕教授インタビュー 後編(小山龍介)
雨模様が続く札幌で地下街の付加価値について考える(高城剛)
世界のクリエイターに愛されるノートの物語(ロバート・ハリス)
『マッドマックス 怒りのデスロード』監督ジョージ・ミラーのもとで働いた時のこと(ロバート・ハリス)

ページのトップへ