やまもといちろうメルマガ「人間迷路」より

ご報告など:いままで以上に家族との時間を大事にすることにしました



 ちょっとこれからいろいろと進めている手配や段取りを調整し直すところではあるのですが、私事ながら、しばらく懸念していた両親や親族の体調不良もありまして、しばらく半分引退するような生活を送ることになりました。

 と言いますか、ここ2年ぐらいも企業実務の世界を離れ、学術研究その他の世界にも片足を突っ込みながら個人的な投資業務やファンド運営をやっているという状態だったのですが、いままで以上に家族との暮らしを優先していきたいと思うようになりました。

 もっとも、ネットでの活動や、モノを書いたりすることそのものはライフワークとして続けていきたいという希望はあり、日々の暮らし向きが大きく変わるかどうかはまだ未知数ですが、介護と育児により一層のエネルギーを注ぐことが自分の人生にとって大事だろうと考え、決断したわけであります。

 2月から4月にかけて、親族の度重なる入院もあって仕事をいくつか整理した(仕事を辞めたり、顧問のような立場にさせていただいたりした)こともあって、都議会選挙に出馬するのではないかという根も葉もない噂を立てられて取材が来たりして難儀をしましたが、元から政治家志向は私にはなく、その可能性は皆無であることは改めてここでもお伝えしておきます。体力にも自信がないし、あんまり人の上に立つことに興味がないんですよね、わたし。

 厚生労働省や東京大学、またネットでは社会保障関連の記事を書くことも多いわけなのですが、まさか自分が介護離職みたいな状態になるとは思いもよりませんでした。お金の力で解決できることは実はほんのわずかで、結局は自分が納得し、親族が安心して未来を託せるような生き方をしようと思うと、そんなに選択肢はないのだということでもあります。

 幸いにして、私はそれ相応以上の経済力があった分、別に私が仕事を幾つか辞めても何も不自由がないのですが、年老いた両親を連れていろんな施設を回ったり入院先で他のご家族とお話をしてみると、やはり大変な苦労をして介護に取り組んでおられるご家庭もあります。一方で、誰からの支援も得られずひとりぼっちで長い入院生活を送っている高齢者も少なくないのが現実です。

 実のところ、しばらく家内の体調も芳しくなく、育児も壮絶であることもあって、すべてを両立させるためにも実家と施設と学校とに近いところにセカンドハウスでも持つのか、もっとヘルパーさんに入っていただいて乗り越えていくのかは思案中です。たぶん、すべての条件を満たす100点満点の回答などどこにもなく、自己満足にならないよう、誰かに頼り切りにもならないよう、考えることはたくさんあるのだなあと思ったりもします。

 課題も懸案もたくさんある中で、自分の人生や家族のこと、教育のこと、さまざまな要素を考えたうえで自分の人生が多少遠回りでも「いまできることをしっかりやろう」という判断になったよ、ということで、ご理解いただければ幸いです。

 

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」

Vol.189 新たな決断についてのご報告。そして「都民ファーストの会」への懸念やデータドリブン社会にまつわる論考など
2017年4月29日発行号 目次
187A8796sm

【0. ご報告など】いままで以上に家族との時間を大事にすることにしました
【1. インシデント1】まもなく都議会選挙だが「都民ファーストの会」は大丈夫なのか
【2. インシデント2】IoTでデータドリブンな社会が進む先にあるちょっとした罠
【3. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」のご購読はこちらから

やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。サイバーインテリジェンス研究所統計技術主幹など歴任。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

「見て見て!」ではいずれ通用しなくなる–クリエイターの理想としての「高倉健」(紀里谷和明)
中国のマイクロブログから「朝日新聞中文網」アカウント全面削除!(ふるまいよしこ)
改めて考える「ヘッドホンの音漏れ」問題(西田宗千佳)
人生における「老後」には意味があるのでしょうか?(石田衣良)
“B面”にうごめく未知の可能性が政治も社会も大きく変える(高城剛)
負け組の人間が前向きに生きていくために必要なこと(家入一真)
キャリア女性のみなさん、その結婚、本当に大丈夫?(藤沢数希)
光がさせば影ができるのは世の常であり影を恐れる必要はない(高城剛)
小商いと贈与(平川克美)
日本人に理想的な短期間ダイエット「七号食」(高城剛)
Nintendo Switchの「USB PD」をチェックする(西田宗千佳)
スマートフォンの時代には旅行スタイルもスマートフォンのような進化が求められる(高城剛)
競争社会が生み出した「ガキとジジイしかいない国」(平川克美×小田嶋隆)
NFCでデータ転送、パナソニックの血圧計「EW-BW53」(小寺信良)
小笠原諸島の父島で食文化と人類大移動に思いを馳せる(高城剛)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ