高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

古い日本を感じる夏のホーリーウィークを満喫する

高城未来研究所【Future Report】Vol.317(2017年7月14日発行)より


今週は、奈良にいます。

この週は、「太古の日本の聖なる週」と言われているだけありまして、全国の古い街々で(主に西日本)、奉納や祭りが開催されています。

仏教の聖地である祇園精舎(シュラーヴァスティー)の守護神「牛頭天王」の祭事である京都の祇園祭では、平成26年から7月17日の前祭巡行(23基の山鉾)と24日の後祭巡行(10基の山鉾)の2度の巡行が49年ぶりに復興し、連休があるこの一週間を1ヶ月続く祭りのピークとして再設定することで、より多くの人を集めることに成功しています。

そんな今週、僕は、久しぶりに三輪山に登りました。
山そのものが麓にある大神神社の御神体となる、日本有数のホーリーマウンテンに通いはじめて、もう三十年近くになります。
大神神社には本殿がなく、自然そのものを崇拝する古神道がいまも息づいている稀有な場所です。

しかし、近年のパワースポットブームのせいかわかりませんが、中腹までは素晴らしくも、頂上近くなればなるほど、この山が持つ御威光を失ってしまっているように感じました。
とても残念です。

また、四年ぶりに日本三大弁財天のひとつである天河神社(天河大弁財天社)の例大祭に訪れまして(この日だけ、本殿がご開帳されます)、現代音楽の奉納から修験道や神仏習合の伝統にのっとった法要、法螺貝の音を響かせて歩く京都聖護院門跡の山伏の本殿参拝、その後の「採燈大護摩供」まで、多様的かつ多彩な一昼夜を過ごしました。

前後には大峯山に入り、すばらしい日本の水を堪能し、ここは三輪山とは逆に、山に入れば入るほど強い気を感じます。
大峯山は数年前に世界遺産登録されましたが、どんなに世界中から叩かれても、いまだに女人禁制を頑なに守っている頑固な場所で、この人を寄せ付けない結界のような掟が、神々しい山を安易な観光地にしない秘訣なのかもしれません。
入山口には、いまも世界遺産の表記がありません。

古い日本を感じる夏のホーリーウィーク。
今週は、奈良の山の奥にある見えない扉がそっと開くように感じた一週間でした。

 

高城未来研究所「Future Report」

Vol.317 2017年7月21日発行

■目次
1. 近況
2. 世界の俯瞰図
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
4. 未来放談
5. 身体と意識
6. Q&Aコーナー
7. 著書のお知らせ

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

「スルーする」ことなど誰にもできない――過剰適応なあなたが覚えておくべきこと(名越康文)
『もののあはれ』の実装は可能か(宇野常寛)
「見たことのないもの」をいかに描くか–『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(切通理作)
「自分で本を選べない人」が増えている? 書店を楽しみとスリルの現場にするために必要なこと(鏡リュウジ)
本気のアマチュアカメラマンが選ぶ一眼レフの不思議(高城剛)
週刊金融日記 第279号 <ビットコインはバブルなのか、トランプvs金正恩チキンレースで米朝開戦の危機他>(藤沢数希)
『秋の理由』福間健二監督インタビュー(切通理作)
なつのロケット団とISTは、リアル下町ロケットなのか(川端裕人)
「編集者悪者論」への違和感の正体(西田宗千佳)
これからのクリエーターに必要なのは異なる二つの世界を行き来すること(岩崎夏海)
見た目はエントリープラグ? 驚異の立ち乗りロケット「ティコ・ブラーエ」を見てきました(川端裕人)
ICT系ベンチャー「マフィア」と相克(やまもといちろう)
スマートフォンの時代には旅行スタイルもスマートフォンのような進化が求められる(高城剛)
「群れない」生き方と「街の本屋」の行方(名越康文)
人々が集まる場に必要なみっつの領域(高城剛)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ