岩崎夏海
@huckleberry2008

岩崎夏海のメールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」より

百田尚樹騒動に見る「言論の自由」が迎えた本当の危機

ca7566e9924c152382b7182e5fc3d581_s

作家の百田尚樹さんが、自民党国会議員の勉強会で「沖縄の二つの新聞は潰れるべき」と発言した。これを受けて、ネットでは「言論弾圧だ」「『言論の自由』を毀損する行為だ」と声高に叫ぶ人たちが大勢いて、いわゆる炎上騒ぎになった。

それに対して百田尚樹さんは、Twitterで「もし今回の発言で、私が謝罪させられたり、社会的に葬られたりしたら、今後、内輪の席であっても、誰も「○○新聞はつぶれろ」と言えなくなるなあ。密告や盗み聞きで、その発言が新聞社に知られると、大変なことになる。新聞社の悪口を言えば、社会的に抹殺される時代がくるかも」と反論した。

今日は、この件について、ぼくの思うところを書いてみたい。

まず、そもそもぼくは、「言論の自由」というものを、とても怪しいものだと思っている。もっというと、もう古い考え方で、これからの社会では通用しなくなると予想している。

なぜかといえば、多くの日本人は、すでにこの言葉の指し示すところを、心の奥底では納得していないからだ。受け入れていないのである。もっというと、わざと誤認して、自分に都合良く解釈しているところがある。

多くの日本人は、実際は「中庸」というものを好んでいる。「ほどほど」とか「頃合い」というものを尊重する。バランスを重視する。

だから、多くの人が言論に対して、「言って良いことと悪いことがある」と当たり前のように考えている。もっといえば、ある種の言葉は「絶対に言ってはいけない」と考えている。「それをいっちゃあおしめえよ」という、寅さんがよく使った台詞こそが、言論についての真実だと考えている。

つまり、心の奥底では「言論の自由」というものをちっとも信奉していない。むしろ、ある種の発言は弾圧されるべきだとすら考えている。それゆえ、今回の百田尚樹さんの発言は炎上したのだ。それは、弾圧されて然るべき言葉だと感じたからだ。

多くの人が、百田尚樹さんの発言を「それをいっちゃあおしめえよ」と思った。だから、それは「社会的に葬られ」て然るべきだと思った。

ところが、ここで難しい問題が発生した。それは、「百田さんは社会的に葬られて然るべきだ」と思った多くの人が、しかし一方では、それを発言することができない——ということだ。なぜなら「百田尚樹は社会的に葬られるべきだ」というのは、それこそ「それをいっちゃあおしめえよ」となるからだ。それゆえ、自分がそれを言うわけにはいかなかったのである。

そのため、彼らは百田さんを糾弾するための何か別の言葉を必要とした。そして、そこで便利に使われたのが「言論の自由」という言葉である。

なぜなら、百田さんの発言は「言論の自由」という、古いが一般的には広まっている考え方を毀損するものだったからだ。だから、その観点から間違っていると言えば、「それをいっちゃあおしめえよ」とはならない。「言論の自由を守れ」というのは、無難で安全な言葉である。だから、それを便利に使って百田さんに社会的制裁を加えようとしたのだ。

ところが、今回の件でややこしいのは、百田さんはその意見を「言論」という形で表明したことだ。だから、百田さんを糾弾する人たちが便利に使った「言論の自由を守る」という考え方では、百田さんの言論も守らなければならない——となってしまうのである。そこで糾弾するために使った「言論の自由」という言葉が、逆に百田さんを助ける格好となったのだ。

そうして、はからずも多くの日本人が「実は発言の自由など信奉していない」という実態を浮き彫りにさせてしまった。

これを見てぼくが思ったのは、「言論の自由」という言葉や考え方の耐用年数は、もうすでにあまりないのかもしれない——ということだ。このような矛盾が浮き彫りになるようでは、今後便利に使えなくなる可能性が高い。そうして、この言葉に対する信頼性が、どんどん薄くなってしまうように思う。

今後の社会は、言論の自由を無批判に守るという形では、もう成立しなくなる。フランスで起きた「シャルリー・エブド襲撃事件」のように、言論の自由を突き詰めようとすると、やがて暴力に至るという脆弱性もそこにはある。

それゆえ、今後はそれに代わって「それをいっちゃあおしめえよ」という、古くからある言葉や考え方が、「言論の自由」に取って代わる新しい常識、あるいは社会通念として浮かび上がってくるのではないだろうか。もしこの「それをいっちゃあおしめえよ」という考え方に呼応する、新しくて言いやすいぴったりの言葉が与えられれば、その考え方は一気に広まりそうだ。

そのことこそが、「言論の自由」という言葉や概念が今、迎えている本当の危機なのではないだろうか。
※この記事はメルマガ「ハックルベリーに会いに行く」に掲載されたものです。

 

岩崎夏海メールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」

35『毎朝6時、スマホに2000字の「未来予測」が届きます。』 このメルマガは、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(通称『もしドラ』)作者の岩崎夏海が、長年コンテンツ業界で仕事をする中で培った「価値の読み解き方」を駆使し、混沌とした現代をどうとらえればいいのか?――また未来はどうなるのか?――を書き綴っていく社会評論コラムです。

【 料金(税込) 】 864円 / 月
【 発行周期 】 基本的に平日毎日

ご購読・詳細はこちら
http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

岩崎夏海
1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

その他の記事

池上彰とは何者なのか 「自分の意見を言わないジャーナリズム」というありかた(津田大介)
人間は「道具を使う霊長類」(甲野善紀)
「反日デモ」はメディアでどう報じられ、伝わったか(津田大介)
「生涯未婚」の風潮は変わるか? 20代の行動変化を読む(やまもといちろう)
迂闊に「学んで」はいけない–甲野善紀技と術理 2017「内腕の発見」(甲野善紀)
楽天イーグルス戦略アドバイザーとしての初陣は無念の惜敗でした(やまもといちろう)
夕陽的とは何か?(前編)(岩崎夏海)
実際やったら大変じゃん…子供スマホのフィルタリング(小寺信良)
フランス人の「不倫」に対する価値観(石田衣良)
「自信が持てない」あなたへの「行」のススメ(名越康文)
やっと出会えた理想のUSBケーブル(西田宗千佳)
週刊金融日記 第284号<ビットコインのおかげで生きたトレーディングの教科書ができました、安倍首相衆院解散か他>(藤沢数希)
ピコ太郎で考えた「シェアの理解が世代のわかれ目」説(西田宗千佳)
【第5話】オープン戦(城繁幸)
人間にとって、いったい何が真実なのか(甲野善紀)
岩崎夏海のメールマガジン
「ハックルベリーに会いに行く」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 基本的に平日毎日

ページのトップへ