やまもといちろうメルマガ「人間迷路」より

発信の原点とかいう取材で



 ちょうど8月31日に発表になったヤフーニュース個人のニュースアプリ企画で、ライターの朽木誠一郎さんにお話を聞いていただく形でインタビュー記事が出ました。

戦場の移り変わりについていけない人は死ぬ 「切込隊長」から「山本一郎」へ【発信の原点】

 振り返るとなんだかんだで16歳から27年、パソコン通信からインターネットにかけて発信に関することや、自分の興味対象を自分で調べて整理して書くということを続けてきていたことを考えると、それなりに積み上げてきたものはあるのかなとは思う次第です。
 
 とはいえども、やはり私は所詮は「副業ライター」であり、本業は別にあってそこで生計を立てていることを前提に物事を考えるならば、やはり誰かの事情に慮ることなく、思うことを思うように、知ったことを知ったように書くのが一番スタイルとして良いのだろうという結論には落ち着くわけでございます。やっぱり、誰かに読んでいただいて楽しんでいただいてなんぼ、次が続いてより発展して、というサイクルがない限り、いくら副業ライターだといってもやっていて私に遣り甲斐がないわけですから。
 
 インタビュー中では、もう何度も記事で書いてきた通りではありますが、私の「生きた証」として書き続けていること、別にそれは大変な対価を得ているわけではないこと、裁判沙汰も含めていろんな経験をしていく中で、自分なりに培ってきたものが世間さまにご評価いただいて、花が咲こうが土に埋もれようが自分は納得して仕事をしている限りまったく構わないこと、などをお話しました。
 
 所詮、私たちがいかにネット社会だ知的生産が大事だと嘯いたところで、たかが百年前の日本人の姿すら満足に思い返すことができないのです。振り返って、ああそういう人たちがいたのだなと思ったところで、ぼんやりとしか見えない。ならば、百年後の人達に、いまを生きる日本人が何を伝え、ネットに何を遺し、考えていることや判断していることの肌触りやぬくもりのようなものを伝えていくのも一つの使命であろうと私は考えているのです。
 
 それは私が私についてそう思っているだけで、目の前の仕事や将来の夢の実現のために日々頑張っておられる方もたくさんいて、それは尊重されるべきものです。そういういろんな人たちの考えや思いがあって、人と人とがつながって社会ができ、時代があり、歴史に息づいているのだということを少し考えてみると、もうちょっと良い明日を作るために今日何に励めばいいのか見えるようになってくるのかな、と期待するところであります。

 

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」

Vol.163 書くことの意味を見直しつつ、今流行りのVRが抱える課題や曲がり角に来たネットの今を語る回
2016年8月31日発行号 目次
187A8796sm

【0. 序文】発信の原点とかいう取材で
【1. インシデント1】『アダルトVRエキスポ』で見せた、結局解決できない最後の一線
【2. インシデント2】オープンで中立というネットの理想型に終わりは来るのでしょうか
【3. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」のご購読はこちらから

やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員を経て、情報法制研究所・事務局次長、上席研究員として、社会調査や統計分析にも従事。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

人間はどう生きていけばいいのか(甲野善紀)
過去17年間のAmazon依存度を振り返る(小寺信良)
竹富島で考える沖縄の内と外(高城剛)
急成長を遂げる「暗闇バイクエクササイズ」仕掛け人は入社3年目!?–「社員満足度経営」こそが最強のソリューションである!!(鷲見貴彦)
国内IMAX上映に隠された映画会社や配給会社の不都合な真実(高城剛)
「有休を使い切ったうえで生理休暇って、アリなんでしょうか?」(城繁幸)
「他人のタスク」に気を取られるな–自分を変える人のほうが得をする(名越康文)
明石市長・泉房穂さんの挑戦と国の仕事の進め方と(やまもといちろう)
学術系の話で出鱈目が出回りやすい理由(やまもといちろう)
実はまだいじくっている10cmフルレンジバックロード(小寺信良)
20世紀の日米関係がいまも残る基地の街(高城剛)
【対談】名越康文×平岩国泰 ほめればほめるほどやる気を失う子どもたち〜「放課後」だから気づけた、子どもの自己肯定感を伸ばす秘訣(名越康文)
社会システムが大きく変わる前兆としての気候変動(高城剛)
コロナが起こす先進国と発展途上国の逆転(高城剛)
私が現役であることを思い知った夜(甲野善紀)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 770円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ