岩崎夏海
@huckleberry2008

岩崎夏海のメールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」より

「自己表現」は「表現」ではない

5eae55f6b7c4451501e44374edcff267_s

[Q] クリエイターとして表現することになぜ否定的なのですか?

ジャズの精神の一つに「表現すること」がありますが、ハックルさんは「クリエイターとして表現すること」について否定的であると主張されていました。ジャズの表現について、ハックルさんはどのように考えておられるのでしょうか。

 

[A] 「表現」とは「自己表現」は違います

ご質問の「表現」とは「自己表現」のことでしょうか?

ぼくは、「表現」そのものは特に否定していません。というより、否定することができません。なぜなら、こうして有料メルマガを書くことも「表現」ですから、それを否定すると書けなくなってしまいます。

そこでここでは、質問にある「表現」は「自己表現」という意味として、回答させていただきます。

ぼくは、「自己表現」というものを否定しています。そしてもし、ジャズの精神の一つに「自己表現をすることがある」というのなら、それはやっぱりおかしいだろうと思います。以下に、その理由を説明します。

人間の中には、自分では制御することのできない部分があります。例えば欲望とか、衝動とか、湧き上がってくる思いとかです。あるいは、自然を美しいと思ったり、何かに感動したりする心も、誰からも教わらなくてもできますし、また制御もできません。

そういうふうに、後天的ではなく先天的に備わっている欲求や性質というものは、これはたとえ自分の中にあるものでも、ぼくは「自己」だとは考えていません。それは、むしろ「他者」、あるいは自然とか、この世界そのものの一部だと考えます。

表現者は、この世界そのものに触れる手段として、自分の中にある「この世界そのものの一部」にアクセスするという方法をよくとります。例えば瞑想がそうです。瞑想によって、人は自らの無意識にアクセスできます。自らの無意識は先天的なものなので、「この世界そのものの一部」ということができるでしょう。だから、それは自分の中にあるものを表現してはいるものの、いわゆる本当の意味での「自己表現」とはならないのです。

ジャズなどは、まさにこの「自分の中にあるこの世界そのものの一部」にアクセスすることによって素晴らしい演奏ができる、ということがあるでしょう。いわゆる瞑想状態で演奏することで、思ってもみなかったフレーズが出てくるということがあります。

しかしながら、これを「自己表現」とするのは、ぼくは大きな誤りだと思っています。ここからは少し哲学的な言い方になりますが、ぼくは、自分自身は必ずしも「自分」だけで構成されているわけではなく、「この世界そのものの一部」をはじめ、自分とは違うものも多分に含まれていると考えます。たとえ自分の中にあるものでも、それは自分ではない他者からの借り物なのです。

本当の「表現」というのは、その自分以外のものに触れ、それを表す行為のことです。それを「自己表現」とするのは、たとえそれが自分の中にあることだとしても、大きな誤りだと考えているのです。

 

岩崎夏海メールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」

35『毎朝6時、スマホに2000字の「未来予測」が届きます。』 このメルマガは、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(通称『もしドラ』)作者の岩崎夏海が、長年コンテンツ業界で仕事をする中で培った「価値の読み解き方」を駆使し、混沌とした現代をどうとらえればいいのか?――また未来はどうなるのか?――を書き綴っていく社会評論コラムです。

【 料金(税込) 】 864円 / 月
【 発行周期 】 基本的に平日毎日

ご購読・詳細はこちら
http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

岩崎夏海
1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

その他の記事

資本主義の「貪欲さ」から逃げるように拡散するエッジ・ブルックリンの本当の魅力(高城剛)
タロット、ルノルマン……人はなぜ「カード占い」にはまるのか(鏡リュウジ)
【第3話】見よ、あれがユニオンズの星だ!(城繁幸)
タレント候補が減った理由–戦い(の見物)を終えて(やまもといちろう)
宗教や民主主義などのあらゆるイデオロギーを超えて消費主義が蔓延する時代(高城剛)
「レゴとは、現実よりもリアルなブロックである」(宇野常寛)
「ブロマガ」はプラットフォームになり得るのか(小寺信良)
「苦しまずに死にたい」あなたが知っておくべき3つのこと(若林理砂)
自分の心を4色に分ける——苦手な人とうまくつきあう方法(名越康文)
実力者が往々にして忘れがちな「フリーランチはない」 という鉄則(やまもといちろう)
ぼくが作った映画を『進撃の巨人』の脚本を担当し『もしドラ』を酷評した町山智浩さんに見てもらいたい(岩崎夏海)
ネットは「才能のない人」でも輝けるツールではありません!(宇野常寛)
kindle unlimitedへの対応で作家の考え方を知る時代(高城剛)
武器やペンよりもずっと危険な「私の心」(名越康文)
「履歴」をもっと使おう(西田宗千佳)
岩崎夏海のメールマガジン
「ハックルベリーに会いに行く」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 基本的に平日毎日

ページのトップへ