名越康文
@nakoshiyasufumi

名越康文メールマガジン 生きるための対話(dialogue)より

「幸せの分母」を増やすことで、初めて人は人に優しくなれる

※名越康文メールマガジン「生きるための対話(dialogue)」 Vol.100(2015年5月18日)より

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

[Q] 人の幸せが喜べない自分がいます

22歳、大学生女子です。

学校で仲の良い友人が何人かいるのですが、その友人たちが幸せそうにしているのが素直に喜べないときがあります。具体的に言うと、自分が彼氏や学校など全てうまくいっているときは人の幸せも喜べますが、うまくいってないと妬んでしまう自分がいるというか……。こんな小さい自分が嫌いになりそうです。

名越先生、どうしたら自分と周囲を比較せず、素直に人のことを喜べるようになりますか?

 

[A] 幸せの分母を増やしてください

「人と比較してしまう」ということは、人間の性みたいなものなんです。ですから、いくら成長したところで、なかなかきっぱり手を離す、ということは難しい。僕自身、50代になっても、相変わらずくだらないことで比較して、嫌な気分になったり、羨ましく思ったりすることがないとは言えないのです。

ただ、だからといって「素直に他人の幸せを喜ぶことができない」ということはありません。なぜかというと、他人と比較して一喜一憂するようなことは、僕の人生における幸せの中の「ほんの一部」になりつつあるからです。

例えばいま、あなたの幸せが100あるとしましょう。彼氏によって満たされている部分が40、学校の勉強がうまくいっていることによって満たされている部分が30、それ以外の部分が30ある。

彼氏の存在によって、あるいは学校の勉強がうまくいっていることによって、あなたが幸せを感じている。このこと自体は素晴らしいことです。ただ、ちょっとあなたの幸せ全体のなかで、それらが占めている比率は高過ぎるかもしれません。彼氏との関係性や、勉強の成績が悪くなった瞬間、あなたの幸せは大きくそのバランスを崩してしまうでしょう。

問題は「分母の大きさ」です。

もっともっと、あなたは「幸せの分母」を増やすことができるはずです。彼氏や勉強以外に、あなたがあなたの力で幸せになれる時間を少しずつ増やしてください。いま30ある「それ以外の幸せ」をひとつひとつ、増やしてみてください。その結果、相対的に「あなたの幸せ」における、彼氏や、勉強の比率が下がってくるでしょう。(もちろん、比率が下がるからといって、幸せが減るわけではありません。むしろ、分母を増やすことによって「彼氏と過ごすことの幸せ」もまた、安定してくるはずです)

これはいわば、「心の基礎工事」です。

基礎工事が終わっていない人はどうしても、人と比較して、人のことを妬み、他人の幸せを素直に喜べないことが起こります。これは誰だってそう。誰もが通る道なのです。まだあなたは22歳なのですから、まったく焦る必要はありません。段々と「他人に満足させてもらう時間」だけではなく、「自分で自分を満足させる時間」を増やしていく、ということを目標にしてみてください。

具体的には、習い事を始めてみるというのもいいでしょう。「何をやっていいかわからない」と思ったら、親でも、知り合いでも、自分が尊敬できるなあ、と感じる人が何に関心を持ち、何を楽しんでいるのか、ということを調べてみてください。

学校の勉強をする中でも、単に成績を取る、ということだけではなく、卒業した後も一生学び続ける自分のテーマを探してみるのもいいでしょう。

そうやって、「自分が、自分の力で幸せになれる時間」を増やしていく。そうやって『幸せの分母』が増えていくことで初めて、人は人に、優しくなれるのです。

 

名越康文メールマガジン「生きるための対話(dialogue)

2015年5月18日 Vol.100
目次

00【募集再開!】名越式性格分類ゼミ(通信講座版)第2期募集
01【近況】占いこそが心理学の王道かもしれない
02精神科医の備忘録 Key of Life
・絶望こそが希望だ
03【コラム】観念的な家族主義が日本を救う
04カウンセリングルーム
[Q1]どうしたらモテるようになりますか?
[Q2] 人の幸せを素直に喜べません
05塾通信(57)「後はよろしく」の5種、あくまで「張り合う」7種
06講座情報・メディア出演予定
【引用・転載規定】
※購読開始から1か月無料! まずはお試しから。
※kindle、epub版同時配信対応!
名越康文メルマガ「生きるための対話」のご購読はこちらから

 

【ご案内】名越式性格分類ゼミ(通信講座版)第2期会員募集中! 名越康文先生による性格分類ゼミ講義DVDが毎月届く! 詳細はこちら。定員に達し次第締め切り。残り枠わずかです!

名越康文
1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、京都精華大学客員教授。 専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。 著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川SSC新書、2010)、『毎日トクしている人の秘密』(PHP、2012)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院、2012)、『質問です。』(飛鳥新社、2013)、『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行、2013)などがある。 名越康文公式サイト「精神科医・名越康文の研究室」 http://nakoshiyasufumi.net/

その他の記事

捨てることのむつかしさ?(やまもといちろう)
なぜ若者に奴隷根性が植えつけられたか?(前編)(岩崎夏海)
老舗江戸前寿司店の流儀(高城剛)
マイルドヤンキーが「多数派」になる世界(小寺信良)
総務省調査に見るネット利用の姿(小寺信良)
百田尚樹騒動に見る「言論の自由」が迎えた本当の危機(岩崎夏海)
「脳ログ」で見えてきたフィットネスとメディカルの交差点(高城剛)
セルフィーのためのスマホ、Wiko Viewから見えるもの(小寺信良)
iPad Pro発表はデジタルディバイス終焉の兆しか(高城剛)
人生に「目的」なんてない–自分の「物語」を見つめるということ(家入一真)
今週の動画「太刀奪り」(甲野善紀)
恋愛がオワコン化する時代の不幸(紀里谷和明)
Kindle Unlimitedのラインナップ変更は「日本への対応」不足が原因だ(西田宗千佳)
脱・「ボケとツッコミ的会話メソッド」の可能性を探る(岩崎夏海)
公職選挙法違反――選挙期間中にやってはいけない行為とは(津田大介)
名越康文のメールマガジン
「生きるための対話(dialogue)」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第1,第3月曜日配信予定)

ページのトップへ