西田宗千佳の記事一覧

記事一覧: 52件

なぜNTTドコモは「dポイント」への移行を急ぐのか

NTTドコモが、今週13日に開いた新製品・サービス発表会にて、同社のポイントサービス「ドコモポイント」を「dポイント」に改称し、サービスを大幅拡充することを発表した。同時に、ローソンとも提携する。ローソンで使われているポイントサービス「Ponta」とdポイントは1対1で交換し、携帯電話料金や端末購入に使えるようになるだけでなく、dポイントそのものが、ローソンなどでの買い物の際に貯まるようになり、様々な一般商品の割引にも使えるようになる。要は、携帯電話事業者のポイントサービスが、Tポイントのように万能性が高いサービスに変わる、ということである。(2015.05.16)  続きを読む

スマホVRの本命「Gear VR」製品版を試す

本メルマガが発行される4月24日の前日、23日から、サムスンの「Galaxy S6」シリーズの販売が始まった。これはこれでいいスマホなのだが、筆者が注目しているのは、ちょっと別の部分である。 実は筆者の手元に、Galaxy S6を使ったVRヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」の実機が、レビュー用に数日間貸し出されていた。今回は、その感想をお伝えしたい。(2015.04.25)  続きを読む

テープ起こしの悩みを解決できるか? カシオのアプリ「キーワード頭出し ボイスレコーダー」を試す

3月26日、カシオ計算機は、録音済み音声から聞きたい部分を文字入力で探せるアプリ「キーワード頭出し ボイスレコーダー」(500円。4月30日まで300円)を、iOS向けに公開した。 テープ起こしを行う職業にある人にとっては注目の機能だが、この機能、果たして「本物」なのだろうか?(2015.03.29)  続きを読む

インタラクションデザイン時代の到来ーー Appleの新製品にみる「オレンジよりオレンジ味」の革命

3月10日、Apple Watchと新MacBookが発表になった。実は、昨年9月のApple Watch発表以降、「見えにくいが重要」と思っている要素があり、それが本格的に入ってきたことが、IT機器の今後において、きわめて重要な変化だと考えている。それは「触感」のフィードバックだ。(2015.03.14)  続きを読む

ソフトバンク・Pepperの価格設定から見る「売り切り時代」の終わり

ソフトバンクがロボット「Pepper」の開発者向け販売を、2月27日より開始する。その価格設定について「見かけだけ安くして、月額料金で儲けるモデル」という声も聞こえる。だが筆者は、月額料金の多寡は別として、本格的な家庭用ロボットをビジネス化するなら、このモデルしかあり得ないと思っている。だから「ソフトバンクは本気だな」と感じるのだ。(2015.02.28)  続きを読む

「編集者悪者論」への違和感の正体

編集者と彼らが属する出版社を悪者にする声もある。が、その辺にはずっと違和感がある。本メルマガでも、敏腕編集者が間に入って作業してくれているから、こういう風に皆さんのお手元に届いているわけだ。仕事の内容を知れば、「編集者悪者論」への違和感の正体を、みなさんも理解してくれると思う。(2015.02.16)  続きを読む

画一化するネットの世界に「ズレ」を生み出すということ

ネットが登場し、世の中はもっと多様になる、と思っていた。1990年に大学で、1994年に個人として初めてインターネットに触れた時、「21世紀は多様性の爆発になる」と思ってワクワクしたものだ。だが、実際の世の中は違った。ネットを使うようになって、我々の視界はむしろ狭くなっている。(2014.12.27)  続きを読む

カップ焼きそばからエリアマーケティングを考える

「日本中どこにでもある、あたりまえのもの」について聞くと、これが意外なほどあたりまえではなかったりする。ちょうど先週は、カップ焼きそばの「ペヤング」が回収・出荷停止になった件もあり、「カップ焼きそばの市場分布」について、SNSなどでも話題になることが多かった。よく食べられている食品のブランドの違いは、驚くほど多岐に渡っているのが実情だ。(2014.12.13)  続きを読む

なぜゲーム機だけが日本発のプラットフォーム作りに成功したのか

「日本人はプラットフォームを作るのが苦手だ」といわれることが多いが、筆者はそう思っていない。ゲーム機では、きちんと成功できたではないか。ポイントはやはり、「なぜゲーム機だけが成功したのか」ということだ。(2014.11.29)  続きを読む

「iPhoneの発売日に行列ができました」がトップニュースになる理由

取材は想定通り進むわけではない。むしろ「話を聞いてみたら意外な事実が判明した」「自分が思っていたこととは切り口が違っていた」ということがたくさんある。その驚きをいかに記事に組み込むかが、書き手に求められる資質でもある。だが、「思ってたのと違う」を取り込むには、ある程度の手戻りが必要になる。(2014.11.15)  続きを読む

ページのトップへ