西田宗千佳の記事一覧

記事一覧: 57件

VRとは「マジック」と見つけたり

先日、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)に、同社が開発中のバーチャルリアリティ(VR)対応ヘッドマウンドディスプレイ(HMD)、「Project Morpheus」(開発コード名)を使ったデモの体験に行ってきた。筆者の場合、5月にも取材をしているし、6月にはロサンゼルスで開かれたE3でも取材をしている。だからMorpheusの試遊そのものは、すでにかなりの経験がある。だがそれでも、今回の試遊は面白く、意義深かった。VRは「没入感」の一言で語られがちだが、コンテンツの種類によって体験が大きく異なっており、そこに価値があると再認識したからだ。今回は、コンテンツの内容による「VR演出の秘密」について、筆者の想像も交え、語って行きたいと思う。(2015.07.25)  続きを読む

なぜアップルのユーザーサポートは「絶賛」と「批判」の両極の評価を受けるのか

できるならお世話になりたくないが、時と場合によってはお世話にならざるを得ないもの、それが「ユーザーサポート」だ。特に、修理や不具合についてのサポートは、そもそもが不快な体験であり、快適な思い出であるほうがまれだ。 ユーザーサポートについては、絶賛される企業とそうでない企業がある。だが妙なことに、特定の企業は「絶賛」と「批判」の両方が存在する。たとえばアップルはその好例だろう。たまたまSNS上で、2人の知り合いがそれぞれ別件でアップルのサポートについて話していたのを見た。そのコメントは、まさに「絶賛と批判」の両極端だった。(2015.07.11)  続きを読む

なかなか技あり、行列を緩和する「イベントアプリ」

今回、E3取材で感心したのがアプリの活用だ。 昨今、ちょっと大きなイベントであれば、スマートフォン用のアプリが用意されるのは当然のこと。以前は紙で提供されていたフロアマップやデイリーレポート、出展者の詳細説明などが、アプリで提供される。今年のCESアプリのように、ビーコンを使ったナビ機能を備えたものもあったりして、毎回進化を続けているが、決して「メチャメチャ役に立つもの」ではない。 しかし、今回は「このアプリがないと始まらない」ものがあった。それが、Oculus VRとSCEが配っていた「デモ予約アプリ」だ。(2015.06.27)  続きを読む

「すべては2つ持て」–私の出張装備2015

以前メルマガのQAでも質問があったのだが、今回は「私の出張装備」について話そうと思う。実は、もう5年以上前、ASCII.jpの連載で出張装備について書いたのだが、その時も妙に反応が良く、結局、話題の新製品レビューよりも読まれ続けた経験がある。要はみなさんそれだけ困っているということなのだろう。せっかくなので、「私の出張装備2015」をお届けしよう。(2015.06.13)  続きを読む

新「MacBook」を使ってみたらーー「ペタペタ」キーボード礼賛論

4月以降、アップルの新「MacBook」を仕事の道具に使っている。新MacBookは、発表されると賛否両論が渦巻いた。あまりにストロークのない「薄い」キーボードだったからだ。キートップがほとんど出っ張らない、薄くてストロークのない「ペタペタ」キーボードは使えるのか? 使えないのか?(2015.06.01)  続きを読む

なぜNTTドコモは「dポイント」への移行を急ぐのか

NTTドコモが、今週13日に開いた新製品・サービス発表会にて、同社のポイントサービス「ドコモポイント」を「dポイント」に改称し、サービスを大幅拡充することを発表した。同時に、ローソンとも提携する。ローソンで使われているポイントサービス「Ponta」とdポイントは1対1で交換し、携帯電話料金や端末購入に使えるようになるだけでなく、dポイントそのものが、ローソンなどでの買い物の際に貯まるようになり、様々な一般商品の割引にも使えるようになる。要は、携帯電話事業者のポイントサービスが、Tポイントのように万能性が高いサービスに変わる、ということである。(2015.05.16)  続きを読む

スマホVRの本命「Gear VR」製品版を試す

本メルマガが発行される4月24日の前日、23日から、サムスンの「Galaxy S6」シリーズの販売が始まった。これはこれでいいスマホなのだが、筆者が注目しているのは、ちょっと別の部分である。 実は筆者の手元に、Galaxy S6を使ったVRヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」の実機が、レビュー用に数日間貸し出されていた。今回は、その感想をお伝えしたい。(2015.04.25)  続きを読む

テープ起こしの悩みを解決できるか? カシオのアプリ「キーワード頭出し ボイスレコーダー」を試す

3月26日、カシオ計算機は、録音済み音声から聞きたい部分を文字入力で探せるアプリ「キーワード頭出し ボイスレコーダー」(500円。4月30日まで300円)を、iOS向けに公開した。 テープ起こしを行う職業にある人にとっては注目の機能だが、この機能、果たして「本物」なのだろうか?(2015.03.29)  続きを読む

インタラクションデザイン時代の到来ーー Appleの新製品にみる「オレンジよりオレンジ味」の革命

3月10日、Apple Watchと新MacBookが発表になった。実は、昨年9月のApple Watch発表以降、「見えにくいが重要」と思っている要素があり、それが本格的に入ってきたことが、IT機器の今後において、きわめて重要な変化だと考えている。それは「触感」のフィードバックだ。(2015.03.14)  続きを読む

ソフトバンク・Pepperの価格設定から見る「売り切り時代」の終わり

ソフトバンクがロボット「Pepper」の開発者向け販売を、2月27日より開始する。その価格設定について「見かけだけ安くして、月額料金で儲けるモデル」という声も聞こえる。だが筆者は、月額料金の多寡は別として、本格的な家庭用ロボットをビジネス化するなら、このモデルしかあり得ないと思っている。だから「ソフトバンクは本気だな」と感じるのだ。(2015.02.28)  続きを読む

ページのトップへ