小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

「キモズム」を超えていく

※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2016年12月9日 Vol.108 <本当の修羅場号>より


「キモズム」という概念がある。

2006年頃、iPhoneも生まれておらず、スマートフォンなんて言葉はマニア系IT媒体でしかお目に掛かったことがない頃の話だ。2005年末に発売した「W-ZERO3」を使っていると、ある人から声をかけられた。

「うわ、そんなちっちゃいキーボードついてるもので、タイプできるんですか。それに大きいなあ」

多分悪気はなかったんだろうが、ぶっちゃけ「余計なお世話だ」と思ったものだ。その後その人は、翌年に私が入手した初代iPhoneを見て「ボタンじゃないと入力大変じゃないですか?」と言った。これもやっぱり悪気はなかったんだろう。

もちろんその人も、今はスマートフォンを使っているものと思う。(会っていないので知らないが、さすがにそうだろう)要は、まだ新しいモノを受け入れる準備が出来ていなかったので、その人には、スマートフォンが「変わったもの」に見えた、別にいい方をすれば「キモかった」のだろう。

一般化する前は、どんなものもキモいものだ。Bluetoothのヘッドホンを使って通話するのだって、まだちょっとキモい、と言われれば返す言葉がない。昔はPCだってそうだったものだ。

機器が一般に普及していく過程で、先進層から一気にマスへと広がる際、よく使われるのが、マーケティング・コンサルタントのジェフリー・A・ムーアの理論に基づく「キャズム」という言葉だ。アーリーアダプターとその先にある、超えねばならない大きな溝(キャズム)を指したものだ。

これにインスピレーションを受けた言葉が「キモズム」だ。

これは、Mikulusの作者であり、日本のVRエバンジェリストでもあるGOROman氏( Twitter ID @GOROman ) が提唱したもの。世の中であたりまえになる前、機器は「キモい」と言われ、その段階を超えると急に「モテる」要素になる。キモさの溝を超えていくことを「キモズム」と名付けたわけだ。

特にこの考え方は、日常的に身につけるもので特におきがちである。今で言えば、VR用のヘッドセットは、キモズムに至るずっと前の段階にあり、これからそこに至るわけだが、まさに「キモズム」そのものに直面することになるだろう。

例えば、スマートフォンはとっくにキモズムを超えたが、スマートウォッチはそうではない。スマートウォッチのプロモーションは、いわゆるファッション系のイメージで展開されることが多いのだが、そこは「キモズム」との戦いなのかも知れない。もちろん、時計=ファッションアイテム、という連携があってのものなのだが。

そもそも、「キモい」から「ふつう」もしくは「カッコイイ」に切り替わる瞬間はなんなのだろう。別に、イケメンや美女が使えば、という話ではないだろう。普及前の製品をいわゆるセレブリティに配り、使ってもらうのは宣伝戦略の常道だが、それがそうそううまくいかないのは、スマートウォッチを見ればわかるはずだ。

変わったモノは、なかなか生活の中に溶け込まない。他人の目から奇異に見えることが、機能やデザインや「その機器のもっている先進的なイメージ」によって、「あえて身につけたい」という風景に変わっていくことが、キモズム越えにとても重要なことだと思う。

別ないい方をすれば、「これが便利」という評価を超えていくことが、キモズムを超える、ということなのだと思う。こっち側(あえてそう書くが)の人間は、そうした部分に重きを置くところがあるが、それだけではやはりダメだ。

生活の中でその製品がどう位置付けられるのか、それを持っていることが他人にどのようなイメージを与えるか、ということまで含めて、すべてが「キモズム越え」に必要なことなのだろう。それこそが、まさに「マーケティング」だ。

次にキモズムを超えるIT機器がなんなのかを考えてみるのは、ちょっと面白い思考実験ではないだろうか。

 

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2016年12月9日 Vol.108 <本当の修羅場号> 目次

01 論壇【小寺】
 今、目の前にある貧困
02 余談【西田】
 「キモズム」を超えていく
03 対談【小寺】
 行政書士ってなんだ? (3)
04 過去記事【小寺】
 家庭内は成長なし? レコーダはどこへ行くのか
05 ニュースクリップ
06 今週のおたより
07 今週のおしごと

 
12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。   ご購読・詳細はこちらから!

その他の記事

「実は言われているほど新事実はなく、変わっているのは評価だけだ」問題(やまもといちろう)
「交際最長記録は10カ月。どうしても恋人と長続きしません」(石田衣良)
フリック入力が苦手でもモバイル執筆が可能に! ローマ字入力アプリ「アルテ on Mozc」(小寺信良)
達成感の得られない仕事とどう向き合うか(甲野善紀)
メディアの死、死とメディア(その1/全3回)(内田樹)
他人と和解したければまず「身体を動かす」ことから始めよう(名越康文)
21世紀のスマートトラベラーは天候のヘッジまで考えなければいけない(高城剛)
就活の面接官は何を見ているか(岩崎夏海)
これから「研究者」がマイノリティになっていく?(家入一真)
なぜ今? 音楽ストリーミングサービスの戦々恐々(小寺信良)
「文章を売る」ということ(茂木健一郎)
狂気と愛に包まれた映画『華魂 幻影』佐藤寿保監督インタビュー(切通理作)
村上春樹から上田秋成、そしてイスラム神秘主義(内田樹&平川克美)
旅行需要急増でのんびり楽しめる時間が残り少なくなりつつある南の島々(高城剛)
なぜ『フィナンシャル・タイムズ』は売られたのか(ふるまいよしこ)

ページのトップへ