小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

「キモズム」を超えていく

※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2016年12月9日 Vol.108 <本当の修羅場号>より


「キモズム」という概念がある。

2006年頃、iPhoneも生まれておらず、スマートフォンなんて言葉はマニア系IT媒体でしかお目に掛かったことがない頃の話だ。2005年末に発売した「W-ZERO3」を使っていると、ある人から声をかけられた。

「うわ、そんなちっちゃいキーボードついてるもので、タイプできるんですか。それに大きいなあ」

多分悪気はなかったんだろうが、ぶっちゃけ「余計なお世話だ」と思ったものだ。その後その人は、翌年に私が入手した初代iPhoneを見て「ボタンじゃないと入力大変じゃないですか?」と言った。これもやっぱり悪気はなかったんだろう。

もちろんその人も、今はスマートフォンを使っているものと思う。(会っていないので知らないが、さすがにそうだろう)要は、まだ新しいモノを受け入れる準備が出来ていなかったので、その人には、スマートフォンが「変わったもの」に見えた、別にいい方をすれば「キモかった」のだろう。

一般化する前は、どんなものもキモいものだ。Bluetoothのヘッドホンを使って通話するのだって、まだちょっとキモい、と言われれば返す言葉がない。昔はPCだってそうだったものだ。

機器が一般に普及していく過程で、先進層から一気にマスへと広がる際、よく使われるのが、マーケティング・コンサルタントのジェフリー・A・ムーアの理論に基づく「キャズム」という言葉だ。アーリーアダプターとその先にある、超えねばならない大きな溝(キャズム)を指したものだ。

これにインスピレーションを受けた言葉が「キモズム」だ。

これは、Mikulusの作者であり、日本のVRエバンジェリストでもあるGOROman氏( Twitter ID @GOROman ) が提唱したもの。世の中であたりまえになる前、機器は「キモい」と言われ、その段階を超えると急に「モテる」要素になる。キモさの溝を超えていくことを「キモズム」と名付けたわけだ。

特にこの考え方は、日常的に身につけるもので特におきがちである。今で言えば、VR用のヘッドセットは、キモズムに至るずっと前の段階にあり、これからそこに至るわけだが、まさに「キモズム」そのものに直面することになるだろう。

例えば、スマートフォンはとっくにキモズムを超えたが、スマートウォッチはそうではない。スマートウォッチのプロモーションは、いわゆるファッション系のイメージで展開されることが多いのだが、そこは「キモズム」との戦いなのかも知れない。もちろん、時計=ファッションアイテム、という連携があってのものなのだが。

そもそも、「キモい」から「ふつう」もしくは「カッコイイ」に切り替わる瞬間はなんなのだろう。別に、イケメンや美女が使えば、という話ではないだろう。普及前の製品をいわゆるセレブリティに配り、使ってもらうのは宣伝戦略の常道だが、それがそうそううまくいかないのは、スマートウォッチを見ればわかるはずだ。

変わったモノは、なかなか生活の中に溶け込まない。他人の目から奇異に見えることが、機能やデザインや「その機器のもっている先進的なイメージ」によって、「あえて身につけたい」という風景に変わっていくことが、キモズム越えにとても重要なことだと思う。

別ないい方をすれば、「これが便利」という評価を超えていくことが、キモズムを超える、ということなのだと思う。こっち側(あえてそう書くが)の人間は、そうした部分に重きを置くところがあるが、それだけではやはりダメだ。

生活の中でその製品がどう位置付けられるのか、それを持っていることが他人にどのようなイメージを与えるか、ということまで含めて、すべてが「キモズム越え」に必要なことなのだろう。それこそが、まさに「マーケティング」だ。

次にキモズムを超えるIT機器がなんなのかを考えてみるのは、ちょっと面白い思考実験ではないだろうか。

 

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2016年12月9日 Vol.108 <本当の修羅場号> 目次

01 論壇【小寺】
 今、目の前にある貧困
02 余談【西田】
 「キモズム」を超えていく
03 対談【小寺】
 行政書士ってなんだ? (3)
04 過去記事【小寺】
 家庭内は成長なし? レコーダはどこへ行くのか
05 ニュースクリップ
06 今週のおたより
07 今週のおしごと

 
12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。   ご購読・詳細はこちらから!

その他の記事

子育てへの妙な圧力は呪術じゃなかろうか(若林理砂)
物流にロボットアームを持ち込む不可解、オーバーテクノロジーへの警鐘(やまもといちろう)
冬の京都で酵素浴によるデトックスに励む(高城剛)
リベラルの自家撞着と立憲民主党の相克(やまもといちろう)
「ノマド」ってなんであんなに叩かれてんの?(小寺信良)
北朝鮮危機の背後にある金正恩の怯えとアメリカのメッセージを読み解く(小川和久)
僕がネットに興味を持てなくなった理由(宇野常寛)
川端裕人×松本朱実さん 「動物園教育」をめぐる対談 第1回(川端裕人)
週刊金融日記 第306号【余るホワイトカラーと足りないブルーカラー、株式市場は回復の兆し他】(藤沢数希)
蕎麦を噛みしめながら太古から連なる文化に想いを馳せる(高城剛)
トランプは「塀の内側」に落ちるのかーー相当深刻な事態・ロシアンゲート疑惑(小川和久)
得るものがあれば失うものがある(甲野善紀)
汚部屋の住人が勘違いしている片づけの3つの常識(岩崎夏海)
当たり前だとわかっているけれど、なかなか実践できていないこと(本田雅一)
教育にITを持ち込むということ(小寺信良)

ページのトップへ