やまもといちろう「人間迷路」

大手企業勤務の看板が取れたとき、ビジネスマンはそのスキルや人脈の真価が問われるというのもひとつの事実だと思うのですよ。

やまもといちろうさんのメルマガ「人間迷路」Vol.109<FC2を追い落としたとされるドワンゴの凄味と第二ラウンドを見据えた動きに注目する回>より

大手企業勤務の看板が取れたとき、ビジネスマンはそのスキルや人脈の真価が問われるというのもひとつの事実だと思うのですよ。

業界をまたいだお声がかかる人もあれば、本当はどこかに引き取ってもらうつもりのはずがどこにも入れずになし崩しに起業に追い込まれる人もいます。実に微妙なのは「退職しました」のFACEBOOKに何百の「いいね!」や「おめでとう&お疲れ様コメント」がつくかで争っているかのような自意識の高い人が少なくない点です。ジョブホップすることはもはやそれほど珍しくないのだから、プロとして胸を張って退職し再就職するか起業するかすればそれでいいんじゃないかと思います。

しかも、これらは真の意味でその人の実力を示すバロメータなのではなく、単純に人間性や付き合う人の多さ、あるいはウェブでうるさい人をどれだけ味方に付けているのかでしかないんです。困ったことに、ウェブでの声援が大きいほどに、自分は支持されているのだ、能力を認められているのだと勘違いするケースがまた多いわけであります。

私もどちらかというとウェブに読み手を多く持ち、良くも悪くも万単位の人に読んでいただける書き手にはなりました。しかし、そういう読んでいただける心に恃み頼って仕事をするというのは恐怖感を持ちます。それだけ、読み手の心というのは移ろいやすく、ちょっとしたことで離れていくものだということを知っているからです。

同様に、境遇の変化に昨日まで「いいね!」を押していた人が、その相手の肩書きが外れた瞬間に読みにも来なくなるソーシャルグラフを私は知っています。まあ、そういう仕事をしているからなんですが。逆に言えば、それだけ人様の信頼というのは勝ち取ることはもちろん、維持することがむつかしい。常に次に続く人、肩書きに寄り添いたい人、誰々が推す誰かしか認められない人というのがいるのだということでありましょう。

悲しいことですが、人間社会の道理や仕組みというのはこういう薄情で自分本位な人間関係の総体なのであって、そういう割り切りや冷静な理解もまた、渡世を考える上で大事なことなのです。

もちろんその人に本当の実力があれば話は別ですが、一般的に、大手企業から退職された人が転職を明らかにするまでの間にその人のソーシャルグラフ上のパワーを維持できることは稀です。私みたいに自分の名前一丁でやっている人間からしても、如何に人は見栄えや肩書きで他人を評価しているのかが理解できて薄ら寒いところではあります。

本当に実現したいことがあって、それに向かって努力している人が、いまある仕事を離れるというストーリー作りも含めたセルフブランディングというのは、自分を見てくれる人垣を維持するという意味でとても重要なのだということを改めて思い知った次第です。

やまもといちろうメルマガ「人間迷路」Vol.107

<FC2を追い落としたとされるドワンゴの凄味と第二ラウンドを見据えた動きに注目する回>

187A8796sm

目次
【0. ヘッドストーリー】大手企業勤務の看板が取れたとき、ビジネスマンはそ
のスキルや人脈の真価が問われるというのもひとつの事実だと思うのですよ。
【1. インシデント1】ドワンゴが仕掛けるFC2社摘発騒動の顛末と余波
【2. インシデント2】近頃なにかと話題のドローンについてまとめてみました
【3. 特別対談その2】茂木健一郎×山本一郎 『小保方問題、ネトウヨとの絡み
方などなどについて茂木健一郎さんに直接ツッコミを入れてみた』(5/5)
【4. 迷子問答】迷路で迷っている者

 
「人間迷路」のご購読はこちらから

やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。サイバーインテリジェンス研究所統計技術主幹など歴任。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

汚部屋の住人が勘違いしている片づけの3つの常識(岩崎夏海)
【号外】「漫画村」ブロッキング問題、どこからも被害届が出ておらず捜査着手されていなかった可能性(やまもといちろう)
週刊金融日記 第271号 <美術館での素敵な出会い 傾向と対策 他>(藤沢数希)
生き残るための選択肢を増やそう(前編)(家入一真)
「狭霧の彼方に」特別編 その2(甲野善紀)
中島みゆきしか聴きたくないときに聴きたいジャズアルバム(福島剛)
思い込みと感情で政治は動く(やまもといちろう)
タロット、ルノルマン……人はなぜ「カード占い」にはまるのか(鏡リュウジ)
隣は「どうやって文字入力する」人ぞ(西田宗千佳)
日本初の「星空保護区」で満喫する超脱力の日々(高城剛)
夏休み工作、今年の「音友ムック」はQWT型!(小寺信良)
冬になるとうつっぽくなる人は今のうちに日光浴を!(若林理砂)
一流のクリエイターとそれ以外を分ける境界線とは何か?(岩崎夏海)
rovi、TiVoを買収して何が変わる?(小寺信良)
いまさらだが「川上量生さんはもう駄目なんじゃないか」という話(やまもといちろう)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ