西田宗千佳の記事一覧

記事一覧: 57件

「編集者悪者論」への違和感の正体

編集者と彼らが属する出版社を悪者にする声もある。が、その辺にはずっと違和感がある。本メルマガでも、敏腕編集者が間に入って作業してくれているから、こういう風に皆さんのお手元に届いているわけだ。仕事の内容を知れば、「編集者悪者論」への違和感の正体を、みなさんも理解してくれると思う。(2015.02.16)  続きを読む

画一化するネットの世界に「ズレ」を生み出すということ

ネットが登場し、世の中はもっと多様になる、と思っていた。1990年に大学で、1994年に個人として初めてインターネットに触れた時、「21世紀は多様性の爆発になる」と思ってワクワクしたものだ。だが、実際の世の中は違った。ネットを使うようになって、我々の視界はむしろ狭くなっている。(2014.12.27)  続きを読む

カップ焼きそばからエリアマーケティングを考える

「日本中どこにでもある、あたりまえのもの」について聞くと、これが意外なほどあたりまえではなかったりする。ちょうど先週は、カップ焼きそばの「ペヤング」が回収・出荷停止になった件もあり、「カップ焼きそばの市場分布」について、SNSなどでも話題になることが多かった。よく食べられている食品のブランドの違いは、驚くほど多岐に渡っているのが実情だ。(2014.12.13)  続きを読む

なぜゲーム機だけが日本発のプラットフォーム作りに成功したのか

「日本人はプラットフォームを作るのが苦手だ」といわれることが多いが、筆者はそう思っていない。ゲーム機では、きちんと成功できたではないか。ポイントはやはり、「なぜゲーム機だけが成功したのか」ということだ。(2014.11.29)  続きを読む

「iPhoneの発売日に行列ができました」がトップニュースになる理由

取材は想定通り進むわけではない。むしろ「話を聞いてみたら意外な事実が判明した」「自分が思っていたこととは切り口が違っていた」ということがたくさんある。その驚きをいかに記事に組み込むかが、書き手に求められる資質でもある。だが、「思ってたのと違う」を取り込むには、ある程度の手戻りが必要になる。(2014.11.15)  続きを読む

IT・家電業界の「次のルール」は何か

筆者が数年前からなんとなく思っているのは、「みんながわかる今のルールで戦っているうちは勝てなくて、そっとルールを書き換えて別の戦いに持ち込んだ時に、企業は勝つのだな」ということだ。(2014.10.25)  続きを読む

iPhone6の画面サイズにみる「クック流Apple」の戦略

9月9日に発表されたiPhone6の画面サイズはほうぼうで物議をかもしている。アップルがなにを考えているのか。ITジャーナリストの西田宗千佳さんが「アップルがいま考えていること」を分析する。(2014.10.09)  続きを読む

ページのトップへ