知を闘争に向けるのではなく、和合に向けるということ

『仏像 心とかたち』望月信成著

はざまに立たされた存在として

人間というのは、文字通り様々の「間(あいだ、はざま)」に立たされた存在である。生と死の間、無と有の間、有限と無限の間、部分と全体の間、夢とウツツの間……。

こうした様々に対立する二極を打ち立てて、その間で葛藤しながらも、なんとかその対立を概念的に乗り越えていこうとする意志が、ギリシアにはじまる西洋学問を駆動してきた「積極」というものだったのではないかと思う。実際、ピタゴラスの時代からすでに意識されていた「離散と連続の葛藤」、「一と多の葛藤」、「有限と無限の葛藤」は、現代にまで脈々と受け継がれて、数学を駆動する大きな原動力になっている。

先日私は、京都大学での講演に向かう途中、奈良の聖林寺に立ち寄って、十一面観音像にはじめてお会いしてきた。いまでもあの日の光景は鮮明に覚えているが、一度観音様を見上げたきり、いつまでもその場に立ち続けていたいと思うほど、なんとも居心地のよい場所であった。観音様は女性的でありながら、男性的で、笑っているようでありながら、泣いているようでもあって、止まっているようでありながら、時折花瓶に挿した花が風に揺れるのが見えるようでもあった。

それは、私が数学という方法で向き合おうとしている問いに対する、まったく違った解法のように思えた。

1 2 3

その他の記事

『君の名は。』『PPAP』…ヒットはどのようにして生まれるか(岩崎夏海)
『木屋町DARUMA』そして初のピンク映画!榊英雄監督ロングインタビュー(切通理作)
「ネットが悪い」論に反論するときの心得(小寺信良)
「疑り深い人」ほど騙されやすい理由(岩崎夏海)
スーツは「これから出会う相手」への贈り物 (岩崎夏海)
【第3話】見よ、あれがユニオンズの星だ!(城繁幸)
「疲れているとついイラッとしたり、怒りっぽくなってしまうのですが……」(石田衣良)
週刊金融日記 第287号<イケメンは貧乏なほうがモテることについての再考察、小池百合子は出馬するのか他>(藤沢数希)
『無伴奏』矢崎仁司監督インタビュー(切通理作)
「東大卒ですが職場の明治卒に勝てる気がしません」(城繁幸)
「キモズム」を超えていく(西田宗千佳)
うざい店員への対応法(天野ひろゆき)
日本が抱える現在の問題の鍵はネアンデルタール人の遺伝子にある?(高城剛)
「ブロマガ」はプラットフォームになり得るのか(小寺信良)
アーミテージ報告書を読み解く――日本は二等国でいいの?(やまもといちろう)
【DVD】軸・リズム・姿勢で必ず上達する究極の卓球理論ARP
「今のままで上達できますか?」元世界選手権者が教える、新しい卓球理論!

ページのトップへ