小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

新MacBook Proをもうちょい使い込んでみた

※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2016年12月2日 Vol.107 <IT機器の命は儚い号>より


今週のElectric Zooma!では、新しいMacBook ProとリニューアルされたFinal CutPro Xの組み合わせをご紹介した。

・なにこれチョー捗る! 新MacBookProのTouch Barで生まれ変わったFinal Cut Pro X

多くの方の注目は、FinalCutPro Xではなく、Touch Bar付きのMacBook Proどうなの?という部分ではなかっただろうか。実はマシンが届いたのが日曜日で、月曜火曜と検証に当てたのだが、それ以降外に持ち出して取材で使ってみたり、今回のメルマガ用に動画編集してみたりした。そこであの記事では書ききれなかった部分が出てきたので、ここでもうちょっと補足してみたい。別にこれ西田さんへのあてつけじゃないから! ホントだから!

 

Fキーどうすんの問題

Touch Barの搭載に不満を抱いている人の多くは、プログラマーだったりライターだったりするのだろう。僕はプログラミング環境のことはわからないが、文章を書く場合において、日本語の入力中に、一部だけ英語を入れたい場合、どのように変換するか。

入力前に英語入力モードに切り替えてから改めて英語を入力する人もいるだろう。一方で日本語入力モードのままで入力だけしてしまって、F10キーで英文字に変換する人もいるわけだ。

この件は以前西田さんもメルマガで分析していて、思いのほかFキーで変換している人が多いことがわかった。それを知ってから、筆者もFキーを使って変換するようになった。確かにこの方法も、アリなんである。

MacのTouch Barなしモデルでは、Fnキーを押した時にFキーになるか、それとも画面明るさやボリューム調整ができる「コントロールストリップ」になるかを選択することができる。この設定で常時Fキーとして機能するように設定できたのだ。

・Touch Barなしモデルのキーボード設定

だがTouch Bar搭載モデルでは、Fnキーを押してTouch BarにFキーを表示させることができるものの、Fキーの表示を標準に設定することができない。

・Touch Bar搭載モデルの設定には、Fnキーのアクションを逆にする設定がない

Touch Barへの不満は、ここなんだと思う。だがそれに対する解決策も搭載されていた。

システム環境設定の「キーボード」の中に、「ファンクションキー」という項目がある。ここに、Touch Barに常時Fキーを表示させたいアプリを登録する。すると、そのアプリの使用中は、Touch Barには常にFキーが表示される。テキスト入力に使うエディタやワープロアプリ、プログラミング用ツールなどをここに登録しておけば、これまで通りFキーによる変換や独自機能が使えるようになる。

・「ファンクションキー」設定で常時Fキーを表示させるアプリを登録できる

また他のアプリで表示される「コントロールストリップ」も、自分流にカスタマイズできる。Macの画面上に表示されているボタンを、Touch Barにドラッグ&ドロップすれば、ボタンの入れ替えができるのだ。

例えばSiriはMacでは使わないし、誤動作は避けたいという場合には、Siriへのショートカットを外すことができる。その代わり自分が頻繁に使う機能をアサインすればいいわけだ。

・Touch Barの表示はある程度カスタマイズ可能

この時Touch Bar上のアイコンは、iOSでアプリアイコンの場所を変更するときのように、左右にゆらゆらと揺れているのがかわいい。

 

描画は速いが…

MacBook Proのハードウェア的な特徴の一つは、高速なグラフィックスエンジンだろう。高解像度のディスプレイが駆動できるだけでなく、動画再生でもパフォーマンスは高い。

4Kカメラで撮影した映像をFinalCutPro Xで編集する場合、映像の取り込み時にデータの最適化をするか、プロキシファイルを作るかを選択できる。データの最適化というのは、MP4やXAVC-Sのような高圧縮データを、再生レスポンスを上げるためにProRes422に展開する作業である。

これまで4Kの編集は、Mac mini(2014)で行なっていたが、このデータ最適化によって問題なく編集できていた。ただしこの機能を使うためには、FinalCutPro Xに素材を読み込ませておいて、1時間ぐらい放置しておく必要がある。その間他の作業をしたり、食事したりして時間を潰すわけである。

うまいこと時間をやりくりすれば、非力なマシンでも4K編集ができたのだが、今回の新MacBook Proでは最適化せずとも、撮影フォーマットのままで編集レスポンスは落ちない。素材を取り込んですぐに作業できるというのは、撮影現場で編集してすぐアップするような場合には有効だろう。

一方で、編集した結果は最終的には1つのファイルにレンダリングしなければならないわけだが、そのレンダリングはそれほど早くなかった。今回のメルマガ用に、720pで音声トラック2つのプロジェクトをYouTube用にレンタリングしたのだが、13分程度のコンテンツのレンダリングに、17分ほどかかっている。リアルタイムよりもちょっと遅いというのは、映像表示の爆速さからすれば、拍子抜けするほど遅い。

レンダリングにはAppleのCompressorを使用したのだが、もう少しGPUをうまく使ってパフォーマンスが上げられないものだろうか。まだ新モデルが出て間もないタイミングなので、これからパフォーマンスが上がるのかもしれないが、今後のブラッシュアップに超期待したいところだ。

 

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2016年12月2日 Vol.107 <IT機器の命は儚い号> 目次

01 論壇【西田】
 一太郎・ATOK2017発表会から考える「今の文書作成」
02 余談【小寺】
 新MacBook Proをもうちょい使い込んでみた
03 対談【小寺】
 行政書士ってなんだ? (2)
04 過去記事【西田】
 「ジョブズ本」から学ぶ、本当のスティーブ・ジョブズ
05 ニュースクリップ
06 今週のおたより
07 今週のおしごと

 
12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。   ご購読・詳細はこちらから!

その他の記事

「人を2種類に分けるとすれば?」という質問に対する高城剛の答え(高城剛)
やっと日本にきた「Spotify」。その特徴はなにか(西田宗千佳)
近年の大ヒット映画に見る「作り方」の発明(岩崎夏海)
親野智可等さんの「左利き論」が語るべきもの(やまもといちろう)
「最近面白くなくなった」と言われてしまうテレビの現場から(やまもといちろう)
MacBook Proをサクッと拡張する「QacQoc GN28G」(小寺信良)
「#metoo」が本来の問題からいつの間にかすべてのハラスメント問題に広がっていくまで(やまもといちろう)
最下位転落の楽天イーグルスを三年ぐらいかけてどうにかしたいという話に(やまもといちろう)
石田衣良がおすすめする一冊 『繁栄―明日を切り拓くための人類10万年史』(石田衣良)
最近笑顔の減った男性は要注意!? 「つられ笑い」は心身の健やかさの指標(名越康文)
回転寿司が暗示する日本版「インダストリー4.0」の行方(高城剛)
スマートフォンの時代には旅行スタイルもスマートフォンのような進化が求められる(高城剛)
「時間」や「死」が平等でなくなる時代到来の予感(高城剛)
ヒットの秘訣は「時代の変化」を読み解く力(岩崎夏海)
大きくふたつに分断される沖縄のいま(高城剛)

ページのトップへ