【不定期連載】編集のトリーさんの事件簿(2)

「私、寝袋で寝ようかな」と奥さんが言った

【月曜朝】

私「おはよう」

奥さん「おはよう、めかぶ食べる?」

私「あー、いや今朝はヨーグルトにしとくわ」

 

【月曜昼間のLINE】

私「今日は晩ご飯までに帰れそうです」

奥さん「あ、そう。晩ご飯どうする? めかぶにする?」

 

【火曜朝】

奥さん「おはよう、めかぶ食べる?」

 

【火曜帰宅】

奥さん「おそかったね、めかぶは食べた?」

 

 

それほど敏感なほうではないですが、さすがにこれだけ畳み掛けられれば理解しました。

臭いんでしょうね。夏ですから。

 

  「私、寝袋で寝ようかな」

 

体臭の話かと思いきや、今回は寝床のお話です。

 

夏場、汗をたくさんかく季節に、フローリングに直接敷き布団敷いて寝てると結露してフローリングが痛んだり、カビがはえちゃう、という話があります。

 

じゃあ結露しないためにはどうすればいいんだとグーグル先生にお伺いを立てると、やれ「布団下に除湿シートを敷け」だの、「いやそれじゃ全然足りないすのこを敷け」とかいろいろ出てくるわけですよ。敷き布団スペース分のすのこを置けるぐらいならもともとフローリングに布団なんか敷かずにベッドを買うわ! と突っ込みたくなるわけです。

 

で、うちの場合、

 

ニトリ:キッズパズルマット無地大判

 

 

を敷いた上に、同じくニトリの敷き布団

を2枚重ねする、というのを試してみたところ、何とか結露することなく、この2年ほどの間過ごしているところです。安上がりですのでお勧めですよ、皆さん。

 

ただですね、最近になって奥さんが「私、寝袋で寝ようかな」と言い始めまして。

 

ベッド派とか、畳に布団派とか、いろんな派閥がある寝床業界ですが、まさかの寝袋。

 

いえ、別に夫婦喧嘩をしているわけではありません。うちの奥さんとしては、部屋のスペースを有効活用する上では「そういう方法もありうるのではないか」という真剣な提案をされているというわけです。

1 2

その他の記事

猥雑なエネルギーに満ちあふれていた1964年という時代〜『運命のダイスを転がせ!』創刊によせて(ロバート・ハリス)
相反するふたつの間にある絶妙なバランス点(高城剛)
自分の心を4色に分ける——苦手な人とうまくつきあう方法(名越康文)
ヒットの秘訣は「時代の変化」を読み解く力(岩崎夏海)
「私、寝袋で寝ようかな」と奥さんが言った(編集のトリーさん)
新卒一括採用には反対! 茂木健一郎さんに共感(家入一真)
週刊金融日記 第272号<高級住宅地は子育てにまったく向かないという話 他>(藤沢数希)
「コロナバブル相場の終わり」かどうか分からん投資家の悩み(やまもといちろう)
G20直前で思うこと(やまもといちろう)
世の中は感情とシステムで動いている(本田雅一)
世界的な景気減速見込みで訪れる「半世紀の冬」(やまもといちろう)
実はまだいじくっている10cmフルレンジバックロード(小寺信良)
『「赤毛のアン」で英語づけ』(4) 大切な人への手紙は〝語感〟にこだわろう(茂木健一郎)
日印デジタル・パートナーシップの裏にある各国の思惑を考える(高城剛)
21世紀の稼ぎ頭は世界中を飛び回るシェフ、DJ、作家の三業種(高城剛)

ページのトップへ