【不定期連載】編集のトリーさんの事件簿(2)

「私、寝袋で寝ようかな」と奥さんが言った

誰が寝袋で寝るのか、それが問題だ

 

なぜそんな話になったかというと、拙宅にはダブルサイズのベッドとダブルサイズの敷き布団が2枚ありまして。これだけ聞くとどこの昭和の大家族や! という感じがしますが、夫婦+子供1人の3人暮らし。平成の都会暮らしです。

 

じゃあなんでそんなことになったかといえば、あんまり子どもが生まれたらどうする、ということを考えていなかったからです。

子供が生まれたために子供を寝かせるスペースを作らなきゃいけない。でもベビーベッドは邪魔、というかとても置けない。じゃあとりあえずフローリングに布団を引きますか、という話になって、冒頭のようなグーグル先生での検討を経て、

 

「リビングの床にダブルサイズの敷き布団を敷き、主に以下の2パターンをローテーションする」

 

という現状に落ち着いたのです。

 

パターン1 ベッド:妻+息子 床:私

nedoko.001-compressor


パターン2 ベッド:私 床:妻+息子

nedoko.002-compressor

 

確かにね、こうして見ると誰がどう見ても一人分のスペースが無駄になっています。いや、「無駄」という発想自体が貧乏臭い気がしないでもありませんが、どうも効率的ではない、という奥さんの意見に、私も同意したわけです。

 

「子供用の布団を使えばいいじゃん」と思われるかもしれませんが、子供の寝相をなめてはいけません。結局母親が添い寝をするのがベスト、ということで上記のようなスタイルに落ち着かざるを得ないのです。

 

ただこのパターン、寝ているときはまあいいのですが、毎朝ベッドの上に畳んだ敷き布団を積み上げなきゃいけないのが大変だとか、積み上げた状態が不格好だということは当初から問題となっていました。いつか、なんとかしなきゃいけないねえ、と。

 

そこで出て来たのが、先の「寝袋宣言」だったわけです。

 

しかしフローリングの上で寝袋で寝る日常というのは、どうしても私にはラディカルすぎるような気がします。寝床会における紅衛兵かポルポト派か、というぐらい。

 

ただまあ、検討の余地はあると思います。もし敷き布団を処分して、寝袋で寝るとしたら、こうなるでしょうか?

nedoko.004-compressor

 

うーん、なんかいまいち、問題は解決していないような気もします。いや、もしかしてうちの奥さんのイメージはこういうことなのか?

nedoko.005-compressor

 

まさかのベッド処分案。でも、ラディカルな人なので、こういうことも視野に入っているのかもしれない……。

 

ただ、さすがにまだ5年しか使っていないベッドを処分するのは忍びないので、ここは私も抵抗しようと思います。たぶん「敷き布団を捨てて、寝袋を導入する」場合、最終的に落ち着くところはこれでしょうか。

nedoko.006-compressor

そうなんですよ。たぶん、寝袋で寝るのは私なんですよ。寝袋を導入すると、どう考えてもこっちに行く気がするんですよ。力学的に。万有引力とか、フレミングの法則みたいな、もうえも言われぬ引力みたいなものが、こっちの方向に引っ張って行くような気がします。

 

 

和室のないマンションでの寝床問題って、家族が増えるとけっこう悩まされるところがあると思います。ベッドを大きなものに買い替えるのか、エクストラベッドを買い足すのか、三段ベッドにするのか。あるいは、敷き布団を床に敷くのか。

 

とはいえ、考える選択肢は多ければ多いほどいいでしょう。よろしければ「寝袋導入」も、頭の片隅に入れてご検討いただければ幸いです。

 

 

1 2

その他の記事

週刊金融日記 第315号【恋愛工学を学んだ者たちが世界中で活躍している、外交工学で金正恩がノーベル平和賞最有力候補へ他】(藤沢数希)
川端裕人×松本朱実さん 「動物園教育」をめぐる対談 第2回(川端裕人)
能力がない人ほど「忙しく」なる時代(岩崎夏海)
改めて考える「ヘッドホンの音漏れ」問題(西田宗千佳)
津田大介×石田衣良 対談<前編>:メルマガは「アナログ」なメディアである(津田大介)
CESで感じた「フランスと日本の差」(西田宗千佳)
週刊金融日記 第287号<イケメンは貧乏なほうがモテることについての再考察、小池百合子は出馬するのか他>(藤沢数希)
カバンには数冊の「読めない本」を入れておこう(名越康文)
私が現役であることを思い知った夜(甲野善紀)
企業のトップストーリーについて思うこと(やまもといちろう)
『犯る男』朝倉ことみさん、山内大輔監督インタビュー 「ピンク映画ってエロだけじゃない、こんなすごいんだ」(切通理作)
なぜ若者がパソコンを使う必要があるのか(小寺信良)
私事ながら、第4子になる長女に恵まれました(やまもといちろう)
人生に活力を呼び込む「午前中」の過ごし方(名越康文)
経営情報グループ『漆黒と灯火』というサロンらしきものを始めることにしました。(やまもといちろう)

ページのトップへ