家入一真
@hbkr

家入一真メールマガジン「家入学級」より

「犯罪者を許さない社会」っておかしいんじゃないの?

※家入一真メールマガジン「家入学級」Vol.026(2014年11月18日)より

 

元受刑者のブログ

ツイッターでもつぶやいたけど、元受刑者の男の子のブログが面白い。

※「けもの道をいこう ~元受刑者が実名起業するまでの記録~

この子は、高知で開催したイケダハヤト君との講演会に来てくれてて。懇親会で話をしました。最初は「僕の友人がつかまっちゃって、刑務所から出てきて、相談を受けて……」って友だちのことを話してたんだけど、途中から僕「あ、自分のこと言ってるな」って気づいたんです。そしたら、案の定最後に「すみません、色々相談したやつは実は僕のことなんです」って言って。さすがにわかります(笑)。

彼が何をやって、どういう罪に問われたのかわからないけど、彼なりに反省をして出てきて、思うことがあるんだったら、「そういうのをもっと発信してみたら?」っていうアドバイスをした。そしたらさっそくブログを作って。しかも内容が面白い。刑務所のなかに入った人にしか書けないことってやっぱりある。

~彼のブログの自己紹介文~
今年出所した20代後半の元受刑者です。「元受刑者でもやり直せる。こそこそせずに。」ということを自身の人生で証明するべく、2年以内に実名公開での起業をします!!

ネットで検索したら色々出てくるだろうから、いきなり実名というのは確かにつらいかもしれないけど、一回犯罪を犯したからって許されない社会はおかしいと思うから、彼のことは応援している。

 

自分だって犯罪者になるかもしれない

堀江さんも、かつて刑務所から出てきたときに、元受刑者を受け入れる場所が今の日本にはないから、そういう活動をしたいって言ってた。実際は何をやらかしたかにもよるし、難しいところだけど、でも、考えてみれば自分が犯罪者になるかならないかだって、本当に紙一重だと僕は思っている。

特に、黒子のバスケ脅迫事件の意見陳述を読んだときは、「僕が犯罪を犯してもおかしくない」とリアルに思いました。

※「「黒子のバスケ」脅迫事件 被告人の最終意見陳述全文公開

そのあと、2008年に起きた秋葉原の無差別殺傷事件の犯人の本も読んだけど、やっぱり自分も犯罪者になりかねないと思いました。もちろん人を傷つけるのはよくないし、被害者の遺族は未だにつらい思いをしていると思う。けど、犯罪者になる可能性は、誰にでもある。

別に僕は、犯罪者たちを擁護したいとか同情したいのではなく、「自分は犯罪を犯さない」と思い込むのは違うってことを言いたい。いろんな状況が重なったときに、人を殺してしまうことだってあるだろう。

薬物依存者の更正を支援する団体「ダルク」の代表と話したときにも、そういう話になりました。薬物でつかまって出てきた元受刑者には働ける場所がない。それで、結局また薬物に走ったりするらしい。こんなふうに、過ちを犯してしまった人が更正しにくい社会というのは、おかしいと僕は思います。

 

……続きは以下のメルマガでどうぞ!

 

家入一真メールマガジン「家入学級

Vol.026(2014年11月18日)目次

家 入 学 級 * 時 間 割

1時間目:家入先生から読者へメッセージ動画

2時間目:今日の授業 「思い込みや立場に縛られずに物事を見てみよう」

3時間目:【Q&A】「身近な人がイスラム国に行きたいと言い出したら?」

4時間目:家入先生の読書コーナー(動画あり)

5時間目:対談記録「湯浅誠さんとこれからの福祉を語る」~後編~

6時間目:メディア情報・活動予定/学級日誌/次号予告

 

30ダメだけど、なぜかみんなに愛されてやまない連続起業家・家入一真が、4ヶ月の準備期間を経てメルマガ界に帰ってきました!(通算3度目) 学校嫌いだった著者が「学校では教えてくれない、この世を生きる術」について、ときにマジメに、ときにはゆるく語ります。日頃、twitterで寄せられる悩みに140字を超えて答えるコーナーや、ゲストを迎えた対談、講演録なども掲載。 自分の夢に向かって頑張っている人も、世の中にちょっと生きづらさを感じている人も。日本一自由な学び場メルマガ、「家入学級」に来たれ!

【料金(税込)】 648円 / 月 <初回購読時、1ヶ月間無料!!> 【 発行周期 】 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

詳細・お申し込みはこちらから

 

家入一真
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。

その他の記事

2018年は誰もが信じていたことがとても信用できなくなる事態が多発するように思われます(高城剛)
お盆の時期に旧暦の由来を見つめ直す(高城剛)
準備なしに手が付けられる、ScanSnapの新作、「iX1500」(小寺信良)
【高城未来研究所】「海外に誇る日本」としてのデパ地下を探求する(高城剛)
週刊金融日記 第268号 <ビジネスに使えて使えない統計学その2 因果関係を暴き出す他>(藤沢数希)
人間にとって、いったい何が真実なのか(甲野善紀)
少子化問題をめぐる日本社会の「ねじれ」(岩崎夏海)
アップル固有端末IDの流出から見えてくるスマホのプライバシー問題(津田大介)
安倍政権の4割近い支持率から見えること(平川克美)
ようやく到着 ポータブル原稿書きマシン「Gemini」(小寺信良)
週刊金融日記 第299号【誰も教えてくれなかったWebサービスとアフィリエイトの勝利の方程式、日本も世界も株式市場はロケットスタート他】(藤沢数希)
20代のうちは「借金してでも自分に先行投資する」ほうがいい?(家入一真)
貯まっても使う機会に恵まれないマイレージに思うこと(高城剛)
本当の「ひとりぼっち」になれる人だけが、誰とでもつながることができる(名越康文)
週刊金融日記 第279号 <ビットコインはバブルなのか、トランプvs金正恩チキンレースで米朝開戦の危機他>(藤沢数希)
家入一真のメールマガジン
「家入学級」

[料金(税込)] 660円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

ページのトップへ