小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

インタラクションデザイン時代の到来ーー Appleの新製品にみる「オレンジよりオレンジ味」の革命

小寺信良&西田宗千佳メールマガジン「金曜ランチビュッフェ」2015年3月13日 Vol.026 <ボーダーレスの世界号>より

cdab1299719fd992c8c4093034b487f6_s

1990年代末に、コカコーラが「ファンタ」に採用した傑作コピーに「オレンジよりオレンジ味」がある。今も使われることがあるので、みなさんもご存じのはず。

私はこのコピー、本当に秀逸だと思っている。生活と商品に関する本質が隠れているからだ。

とはいえ、別にこのコラムでジュースの話をしたいわけでも「本物の味とは」みたいな話をしたいわけでもない。このコピーが示すことそのものが、IT機器にとって重要なものになってきている……と感じるからだ。

3月10日、Apple Watchと新MacBookが発表になった。各メディアでインプレッション記事が出ているし、私もいくつかのメディアに寄稿したので、詳細はそちらに譲る。実は、昨年9月のApple Watch発表以降、「見えにくいが重要」と思っている要素があり、それが本格的に入ってきたことが、きわめて重要な変化だと考えている。

それは「触感」のフィードバックだ。Apple WatchにもMacBookにも、「タップ」と「プレス」を使い分ける要素が用意されている。プレスは長押しではなく、文字通り「押す」感じ。タップが「触れる」「触る」感じであるのに対し、もう少し意思をもった操作が「プレス」だ。

現在の静電容量式タッチセンサーは「硬い」「なめらか」であることが特徴で、それがここまでの快適さの元だったが、感圧式のように「押し込む」構造でないため、操作の確実さへの認知が弱い。たとえば、高齢者はスマホが苦手だというが、理由は「触ったかそうでないかがよくわからない」から、という人がとても多い。慣れていないこと、指先の細かい動きが鈍くなっていることが理由だ。「物理キーボードの方が入力しやすい」「ゲームパッドの方がいい」と言われるのも、根本的には、「タッチ」だけでは体へのフィードバックが不足しているからである。

だが、アップルは新製品で「プレス」を持ち込んだ。まだまだ使える範囲は狭いが、これはかなり面白いことだ。実際、硬いはずのガラス面で「押し込んだ」感じがするのである。実際の感知は、押し込んだという「垂直の動き」ではなく、センサーに触れている皮膚の面積(指を押しつけると、タッチよりは広い面積が当たる)や触れている時間の違いで「タッチ」と「プレス」の判別をしている。

では「押し込んだ」感はどうやって再現しているのか? 実は、振動を指に与えることで、感覚の側を「押し込んだ」と思わせているのである。

これこそ、「オレンジよりオレンジ味」だ。

ファンタにはオレンジ果汁はほとんど入ってない。オレンジの味は複数の素材の組み合わせで再現できて、「オレンジと同じ味でないのに、オレンジ味のものを飲んでいる」と人間を認識させることで成り立っている。これはニセモノを与えている、という意味ではない。味の演出によって「オレンジジュースとしてのファンタ」という別のものを作ってしまったのだ。いまや人は、100%のフレッシュジュースと、オレンジ味のジュースを別物として、それぞれ受け入れるようになっている。

感触についても、技術の進展により「別のものの組み合わせ」で似せることが可能になってきており、それがアップルの決断に結びつく。インタラクション系を研究している人々の間では「次は触感」というキーワードは聞くことが多く、つながりが深い。現在は「プレス」の代替だが、もし次のiPhoneやiPadに搭載されたとしたらどうだろう? ソフトウエアキーボードのボタンに「押した感じ」が付け加わることになれば、入力効率は劇的に変わる。もちろん、本物の物理キーボードにはかなわないだろう。質感のいいキーボードは「絞りたてのフレッシュジュース」のようなもので、すばらしいものだ。一方で、「違うもの」として「日常的に飲む無果汁のジュース」のように、安価で気軽でそれなりの満足感が得られるようになれば、それはそれでうれしいことだ。

Androidでは、ソフトキーボードのタッチ時に振動を伝えることで入力のフィードバックを実現しているものもある。だが、振動のレベルが画一的で、「触感の代替」にはならなかった。iOSでは逆にこれまで、振動のコントロールが難しく、Androidに出来ているようなことも難しかったという。しかし、Apple Watchから導入された「Taptic Engine」は、振動コントロールをずっと微細なものにすることで、触感の代替を実現したようである。

いままで、IT機器のインターフェースは「見ること」「聞くこと」、特に見る方に偏りがあった。しかし、人間とのつながりがより密になっていくなら、視覚以外を活用する必要が出てくる。その際、「プレス」の例のように、他の感覚で似た感触を再現したり、表現を変えてより効果的にしたり、というアプローチは重要になるだろう。

BMWのプラグインハイブリッド車「i8」には、非常に面白い特質がある。

・BMW i8
http://www.bmw.co.jp/jp/ja/newvehicles/i/i8/2013/showroom/index.html

i8はハイブリッド車なので、エンジンは小さい。三気筒1500cc程度だ。しかし、車内に響くエンジン音は力強く、心地いい、という。秘密は同社が最近導入している「アクティブ・サウンド・システム」にある。エンジン音を車内の「スピーカー」から響かせてしまうのだ。

「なんだよニセの音か!」

そう思うかも知れない。

でも、デジカメのシャッター音も、現在似たような状況にあるのは、ご存じだろうか。カメラメーカーの作った音を「再生」しているのだ。

人が心地よいと思う環境を作り、耳からの刺激を「心地よさ」「操作の確実性」の両方に生かすのが、この種のサウンドシステムの価値である。人との仲立ちのためにあえて模倣した感覚を与える……というやり方が、今後、コンピュータを組み込んだシステムでは広がっていくのではないだろうか。それこそ、「インターフェースデザイン」であり、「インタラクションデザイン」だ。

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2015年3月13日 Vol.026 <ボーダーレスの世界号>目次
今週の目次

01 論壇(小寺)
中学生のネットジャーナリズム問題を考える
02 余談(西田)
「オレンジよりオレンジ味」のインタラクション
03 対談(小寺)
PRONEWSが淘汰されないわけ(3)
04 過去記事アーカイブズ(小寺)
テレビ局の圧力で自動CM飛ばし機能がなくなる!?
05 ニュースクリップ(小寺・西田)
06 今週のおたより(小寺・西田)

12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。

 

ご購読・詳細はこちらから!

 

筆者:西田宗千佳

フリージャーナリスト。1971年福井県出身。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、そしてネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。取材・解説記事を中心に、主要新聞・ウェブ媒体などに寄稿する他、年数冊のペースで書籍も執筆。テレビ番組の監修なども手がける。

 

その他の記事

フリック入力が苦手でもモバイル執筆が可能に! ローマ字入力アプリ「アルテ on Mozc」(小寺信良)
ジェームズ・ダイソンのイノベーション魂(本田雅一)
津田大介メールマガジン『メディアの現場』紹介動画(津田大介)
「本質を学ぶ場所」を作る(西條剛央)
いま、東シナ海で何が起きているのか(小川和久)
未来を見据えた働き方 カギは隙間時間にあり(家入一真)
『マッドマックス 怒りのデスロード』監督ジョージ・ミラーのもとで働いた時のこと(ロバート・ハリス)
宇野常寛特別インタビュー第4回「僕がもし小説を書くなら男3人同居ものにする!」(宇野常寛)
東アジアのバブル崩壊と「iPhoneSE」(高城剛)
ITによって失ったもの(小寺信良)
『「赤毛のアン」で英語づけ』(2) 何げないものへの〝感激力〟を育てよう(茂木健一郎)
「天才はなぜチビなのか」を考えてみる(名越康文)
怪しい南の島が目指す「金融立国」から「観光立国」への道(高城剛)
なぜ、日本人はやりがいもないのに長時間労働で低賃金な仕事を我慢するのか(城繁幸)
ようこそ、あたらしい体験「サウンドメディテーション」へ(高城剛)

ページのトップへ